今、たまに「深夜に使いたい神アプリ」とか、男性向けの「ヤレる系アプリ」の広告をよく見る。

 

ただ、そもそもこういうアプリにまともなアプリは一つもない。俺も男なので、(エッチな広告に惹かれて)うっかり使いそうになってしまうことはよく分かるのだが、百害あって一利なしの存在だと知っているので、まったくおすすめしない。

 

今回は、「ヤレる出会いアプリは全て詐欺」ということについて書いていこう。

 

野良出会いアプリは全て詐欺

まず、こういった「ヤレる系アプリ」がGoogle PlayやApp storeに登録されていることはほとんどない。いわゆる、「野良アプリ」と呼ばれる、グーグルやアップルに認められていないアプリだ。

 

なぜ、認められないのかと言えば、簡単だ。実際には、出会えないからだ。そんなものを、グーグルやアップルが認めるはずはない。

 

野良アプリ側は「過激すぎて(アダルト過ぎて)グーグルやアップルには載せられない」などというが、状況から考えてそれはウソだ。

 

なぜならば、きちんと出会えるのであれば、ぶっちゃけ「アダルト」な機能があっても、グーグルやアップルは認めているという事実があるからだ。ワクワクメール・ハッピーメールなどの出会い系大手は、Google PlayやApp storeに登録しているが、「その他掲示板」として、実質的なアダルト掲示板まで載せている。

 

このように、野良の出会いアプリ(≒ヤレる系アプリ)というのは、グーグルやアップルの判定からも、出会えないものだとわかる。

 

出会いアプリを作るのは大変

そもそも、出会いアプリをまともに作るのにはすさまじい労力がいる。想像してみれば分かる。

 

まず、一人の登録者もいないので、最初に大掛かりな宣伝を打つ必要がある。それこそ、登録してくれただけで500円あげるなどして、とにかく立ち上げなければならない。今あるマッチングアプリは数百万人規模のものがほとんどだが、少なくとも1万人くらいはいないとマッチングアプリとして機能しないのは間違いない。

 

だから、最近マッチングアプリを立ち上げているような企業、たとえばペアーズを立ち上げたエウレカや、withを立ち上げたイグニスは、相当な広告費を最初から用意して事業を始めている。だからこそ、何百万人も会員がいるマッチングアプリに育ったのだ。

 

怪しい「ヤレる系アプリ」の立ち上げ会社が、そのようなことをしていると思うだろうか。そのようなアプリを、メジャーな雑誌や主要駅の看板などで見かけたことがあるだろうか。

 

「会える」出会いアプリを作るのには、とんでもないお金がかかるのだ。

 

ヤレる系アプリの相手はどこからくる?

出会いアプリを作るのには、人を集める必要がある。だからこそ、あなたという男性をネットで集めているのであり、「人をきちんと集めているじゃないか」と思う人もいるだろう。

 

男性を集めていることは確かだ。しかし、ヤレる系アプリでは、ヤる相手をどこから集めているのだろうか?

 

この場合、その相手というのは女性のはずだ。女性向けの広告を見たことがあるだろうか?さらに、女性から見ればヤリモク男しかいない「ヤラれるアプリ」なわけだが、本当に普通の女性登録者が出ると思うだろうか?

 

もしいると思うのであれば、AVの見過ぎである。いるとしても、いわゆる「援デリ業者」のようなカネ目的の女性だけだろう。

 

ヤレる出会いアプリは全て詐欺

というわけで、残念ながらヤレる出会いアプリは全て詐欺である。男の夢を壊してしまったみたいで申し訳ないが、あなたが詐欺アプリに払うかもしれなかったお金を守るための忠告なので、許してほしい。

 

出会い系やマッチングアプリで(お金を払わずに)やりたいというのであれば、普通に彼女を作って普通の恋愛をするしかない

 

俺はマッチングアプリが専門だが、出会い系攻略サイトを運営している猛者たちでさえ、「アダルトは業者の巣窟なのでピュアから攻めよう」というのが出会い系攻略法の基本の「き」になっている。

 

マッチングアプリは出会い系以上にピュア出会いのツールなので、この攻略法が100%当てはまる。まともなマッチングアプリを使って普通に出会おう。多分、それが一番の近道だと思う。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事