当サイトが一番おすすめしている、恋活アプリのウィズ(with)。

ウィズ(with)で結婚したのをきっかけに「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」などというブログを勢いで立ち上げてしまったのだが、俺が結婚できたからおすすめしているだけではない。

 

簡単に言えば、「安心に」「出会えるから」だ。

 

ステマ全盛のこのご時世、ある程度確たる根拠を持っていないとヘタすれば訴えられてしまう。

今日は、このうちの「安心に」という部分、つまりウィズの安全性について書いてみたい。

 

出会い系サイトが危険な理由

まず、ウィズというのは出会い系サイトではなく、マッチングアプリだ。

ここに、一番大きな意味がある。

 

いわゆる「出会い系サイト」においては、上場企業ミクシィの子会社であるDiverseが運営するYYC(ワイワイシー)以外は、基本的にアダルト掲示板という機能を持つ。

 

このアダルト掲示板は、名前の通り「エッチ目的」の男女が集まる場だ。

そう聞くと「セフレ希望同士が会うならいいじゃん」と思いがちだが、セフレが欲しいのは男性だけ。女性のほうは、「素人女性と会えると勘違いした男性」を狙った援デリ業者が一般的なのだ。(たまに、素人のセフレ募集者もいるが)

 

そして、この「業者」というのは援デリ業者を筆頭に「出会い系サイト」に大量に入り込んでいる。

性欲を全開にした男性ほど、だましやすいものはないからだ。

 

ウィズはなぜ安全性が高くて安心なのか

対して、ウィズはマッチングアプリだ。

出会い系サイトとは違い、アダルト掲示板は存在せず、そもそもアダルト掲示板以外のアダルト機能すら存在しない。(出会い系には掲示板以外にもエロ写真の投稿や動画の投稿がある)

 

アダルトで集客していないため、エロ目的の男性が集まらない。

というか、マッチングアプリでエロメッセージを送るような人は、(男女ともに)警告やアカウント停止を食らう。

 

このように「エロ目的の男性」というエサがいないから、それを食い物にする「援デリ業者」などの業者も入り込みにくい。

 

初心者にとって一番危険なのは、業者だろう。

援デリ業者はマッチングアプリでは活動しにくいが、「個人情報収集業者」「他サイト誘導業者」などはマッチングアプリでも十分活動できる。

 

しかし、こういう業者でも「美女」が「エロ」を餌にしない限りは、疑われやすい。(男性もエロが関わらなければ冷静だからだ)

だから、マッチングアプリではそもそも業者という危険因子が不活性化されやすいのだ。つまり安全度が高い

 

そして、ウィズには業者が入り込みにくいもう一つの理由もある。

 

フェイスブック連動という安心

マッチングアプリの最大手であるペアーズはフェイスブックアカウントがなくても登録できるようになった。

 

しかしながら、ウィズでは未だにフェイスブックアカウントを必須としている。

正確には、友人が10人以上いるフェイスブックアカウントでの登録を義務づけている。

 

複数アカウントを作ることもできるとはいえ、基本的にフェイスブックは実名制だ。

さらに、業者と言っても10人の友人を用意しないとウィズに入り込めないというハードルがある。

 

ペアーズは儲けのためにこのハードルをなくしてしまったが、ウィズはまだこだわっている。

友達10人は少なく思えるが、業者が一度使ったアカウントはウィズの運営も把握している。だから、業者が友達10人を用意してウィズに入り込むのは結構めんどくさいらしい。

 

フェイスブックアカウントでの登録、という安心感を保っているのがウィズだ。

(ペアーズやマリッシュ、ゼクシィ縁結びではこれは不要だ)

 

フェイスブックで身バレ?いや、逆に

フェイスブックアカウントを使っているから、身バレ(=身分が知り合いにバレること)しやすいという懸念もあるだろう。

しかしながら、それは逆だ。

 

フェイスブックを使って登録しても、当然ながらフェイスブックのウォールには何も投稿されない。

これは公式にも書いてあるが、間違いなく安心な部分だ。

 

さらに、フェイスブックを「使っているからこそ」の安心もある。

それが、フェイスブックでの友達同士が表示されないシステムだ。これにより、フェイスブックで登録しない場合よりさらに身バレリスクは減る

 

もちろん、フェイスブックの名前をそのまま持ってきたりもせず、最初はイニシャル表示。

さらに、そのイニシャルですら変更が可能。もちろん、写真の変更も可能だ。

 

ウィズはもっとも身バレリスクの低いマッチングアプリなのだ。

 

ウィズが安心な理由まとめ

恋活マッチングアプリであるウィズ(with)が安心な理由は、以下の2つだ。

 

  • フェイスブックアカウントでの登録により、業者が少ない(もちろんサクラは皆無)
  • フェイスブックでの友達を表示させない、本名を表示しない等、知り合いに知られない工夫がある

 

悪い奴(業者)にも会わないし、知り合いにも会わない(バレない)から安全で安心、ということだ。

しかも、女性からすればある意味悪い奴(エッチ目的の男性)にも会わないというメリットも加わる。

 

ペアーズがフェイスブックアカウントを必須でなくした今、ウィズは安全性ナンバーワンだと思う。

安全性にこだわって出会いたい方は選択肢に入れてみてもいいと思う。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事