メンタリストDaiGoが監修しており、独特の心理テストで男女の相性をテストし、レコメンド(推薦)してくれる機能が人気のマッチングアプリ。

それが、ウィズ(with)だ。

 

しかしながら、ネット上にはウィズについての悪い評判・口コミもあるようだ。

例えば、出会えないクソアプリだとか、サクラを使っている悪質アプリだとか。

 

今回は、ウィズのそんな悪評が本当なのかどうかを書いていこう。

 

ウィズ(with)運営会社イグニスはどうか?

まず、運営元がきちんとしているかどうかから見てみよう。

 

ウィズの運営会社はイグニスという会社だ。

調べてみると、いわゆる出会い系サイトを運営している会社とは一線を画す、かなりまっとうな会社である。

 

どうまっとうなのかと言えば、まず上場している。これが一番大きな差であり、信用だろう。

ウィズを運営している株式会社イグニスは、東京証券取引所マザーズ市場の上場企業なのだ。

 

オフィス紹介などもしており、ハッキリ言ってめちゃくちゃオシャレだ。(おしゃれだから信用できる、とはならないが)

オフィスは恵比寿ビジネスタワーの12Fにあるのだが、こんな感じ。

 

 

まさに「ザ・IT企業」という感じではないだろうか。

実際、イグニスはIT企業として、様々な関連会社を傘下に置いている。Wikipediaによれば、以下は全てイグニスの傘下にある会社のようだ。

 

「株式会社アイビー」
「IGNIS AMERICA,INC.」
「株式会社イグニッション」
「株式会社IGNIS APPS(旧スワッグアップ株式会社)」
「株式会社スタジオキング」
「パルス株式会社」

Wikipedia

 

これらの親会社であり、上場企業でもある「イグニス」がサクラなどを使って不正をすると、どれだけの大損害が出るかはわかるだろう。

 

イグニスは、ウィズ以外にも「ぼくとドラゴン」という人気のスマホゲームも運営。

そちらの収益にも響いてしまうだろうから、はっきり言って不正をする動機がない、というのが実態のようだ。

 

ユーザーから見たウィズ

ウィズの運営会社を見ると、不正をしているようには見えない。

しかしながら、「サクラがいる!」という書き込みがインターネットにあることは確かだ。

 

なので、ほぼ運営開始(=2016年)から利用し、ウィズで現在の嫁を見つけた俺がユーザー目線で書いてみたい。

 

まず、サクラがいると勘違いするのは仕方ない。

ウィズだけでなく、ペアーズやゼクシィ縁結びにもサクラがいるという悪評は存在する。

 

なぜなら、ネット出会いには「業者」が入り込むからだ。

結論から言えば、「マッチングアプリにサクラがいる!」と騒いでいる人は、サクラと業者の違いが分かってない

 

そもそも、ペアーズの運営会社であるエウレカも大きな会社だし、ゼクシィ縁結びの運営会社なんて今や超巨大企業と化した「リクルート」だ。

 

傘下の1サービスで不正を働いてグループ全体を危機にさらす等というリスクを負うわけがない

 

サクラと業者の違い。サクラはウィズにいない

サクラというのは、サイトやアプリ側が用意した架空の人物だ。

悪質な出会い系サイトやマッチングアプリにおいては、女性に宣伝して登録してもらう労力も資金もないので、架空の女性を作り上げる。

 

ネット上で架空の女性を作り上げるのは簡単だ。美女の写メと、文字を打つアルバイトがいればいい。

実際、ヤクザのフロント企業となっていることも多い「悪質サイトや詐欺アプリ」ではサクラのアルバイトを今でも雇っている。

 

こういったサクラというのは、ウィズやペアーズ、ゼクシィ縁結びといった優良アプリには存在しない

全ての信用を失うし、詐欺罪になる可能性すらあるからだ。

 

業者はどこにでもいる

サクラは優良アプリには存在しないと書いた。

しかしながら、業者は優良アプリだろうが、優良出会い系だろうが、どこにでも存在する。

 

当サイトでも何度か触れているが、業者は「援デリ業者」「個人情報収集業者」「他サイト誘導業者」が存在する。

 

名前から分かるかもしれないが、これらの業者は素人と違う挙動を行う。

なので、業者特有の行動が見られたら連絡を絶つ。これで対策できる。

 

  • 援デリ業者はエッチ目的で、お金を要求する(最初だけは2万円、など)
  • 個人情報収集業者はメアド交換やライン交換を急ぐ。その後音沙汰がなくなる
  • 他サイト誘導業者はメールやラインに移行した後、別のサイトで連絡を取ろうという。理由は様々

 

こんな感じだ。

 

こういった挙動が出たら業者だとみなそう。

いくら可愛くても、けなげでも、話があっても、その時点で切るべきだ。

 

ウィズにサクラはいない。悪質でもない

というわけで、ウィズが悪質だ、詐欺だ、サクラがいる、と言っている人たちは、この業者に被害を受けたのだと思う。

 

ウィズ自体は悪質でも詐欺でもなく、サクラもいない。

業者が入り込んでも削除してくれようとするが、どうしてもイタチごっこになる。

 

だから、あなたもウィズの中で素人とは異なる挙動の魅力的な女性に出会うかもしれない。

しかしながら、それは業者というやつだ。

 

この記事で業者について学んだあなたは、もうだまされないだろう。

安心して、優良マッチングアプリ「ウィズ」を使うことが出来ることと思う。

 

あなたが、もし婚活目的でウィズを利用しているのであれば。

かつての俺と同じように、ウィズでいい人が見つかるといいなと思う。

 

こればかりはと、あとはどれだけ「いいね!」しまくり、メッセージ交換しまくるのかによるので、頑張ってほしい。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事