恋活アプリで「いいね!」を押すのは割と気楽にできるのだが、その後のメッセージ交換がキツい、という人が結構いる。

 

ネット出会いでもないと「会ったこともない人と話す」というのはあまりないので、無理もない。特に、会話のネタをどうすればいいのか分からず、戸惑う人が多い。

 

というわけで、今回は、恋活アプリ(マッチングアプリ)における会話のネタについて考えてみたい。

 

会話のネタによい話題(一般論)

まず、会話のネタとして一般的に良いと言われていることで言えば、「楽しく話すコツ(たのしくはなすこつ)」などが有名なのではないだろうか。

 

(参考)たのしくはなすこつ

  • た→旅
  • の→乗り物
  • し→仕事・趣味
  • く→国(どこの都道府県出身か)
  • は→流行り
  • な→仲間・長生き(健康)
  • す→スポーツ
  • こ→子ども
  • つ→通信(ニュースや時事ネタ)

 

他にも「たちつてとなかにはいれ」とか、「きどにたてかけし衣食住」とか色々あるので興味があれば調べてほしいが、こういう話題ジャンルがあることは意外と役に立つから覚えておいて損はない。意外に、婚活においても話しやすい(アピールしやすい)話題が多いのだ。

 

20代~30代が多いマッチングアプリの婚活で「長生き(健康)」について話すことはあまりないだろうが、出身がどこなのかや、どんな仕事をしているか、趣味のスポーツはあるか等は鉄板ネタだと思う。旅行の話とかも結構引っ張れるし、旅先での写真などを送れば相手の警戒心も弱まるのでおすすめだ。

 

仲間(同僚も含む)に面白い人がいたり、仲間と面白いことをやっていたりするのであれば、それを話せば社交性や、自分自身の楽しさのアピールにもなる。通常、女性がネット出会いの相手に最初に抱く感情は「警戒」なので、積極的にそれを和らげるようにしていきたい。

 

さすがに、もう3回もデートしているのにこういう無難な話題だけではしらけると思うが、メッセージ交換が始まった段階ならば、むしろ聞いておくべきだ。相手がどんな話題に食らいつくかは、ふってみるまで分からない所がある。

 例えば、俺は結構ゲーマーだったりするのだが、バリバリのリア充っぽい子が結構コアなゲームの話に食いついてきて、結局その流れで出会えたことがある。

 

あ、ちなみによく言われていることだが、野球と政治と宗教の話はやめておいた方がいいというのは本当だと思う。以前、意図せずそれでちょっとドジを踏んだことがある(笑)

 

ホワイトデー等の恋愛イベントは盛り上がる

ここまでにお話したのは「一般的な」話すネタについてだが、出会い系やマッチングアプリでは、もう少し恋愛に寄った話題を使うのもおすすめだ。

 

先ほどの「楽しく話すコツ」でいうとニュースに該当するのかもしれないが、例えば恋愛イベントが近いのなら、その話を積極的にふっていくのもアリだ。俺がこの記事を書いている今は2018/3/13なので、明日がホワイトデーだったりするのだが、例えばそういったネタだ。

 

ウザさが過ぎない程度に、「明日はホワイトデーですね!○○さんは結構3倍返しを受け取る予定がある感じですか?(笑)」とかね。もちろん、恋活アプリをやっているくらいだから本命からのお返しはない(はず)とは分かっているが、話題づくりとしては上出来だ。

 

「美人ですね!かなりモテるでしょ?」「いえいえ、全然モテませんよ~」みたいな白々しいというか、寒いやり取りも結構大事だ。実際に、女性の目の前でやるとバカみたいなのだが、文字でのやり取りであれば、結構ちゃんとした掛け合いになる。

 

バレンタイン、ホワイトデー、新年度、七夕、夏、ハロウィン、そしてクリスマス。こういった少しでも「恋愛」の香りがするイベントは、積極的にネタにしていくと、会話のネタに困らなくなる。実際、クリスマスの話題だけで、メール相手全員とメッセージ交換がそれぞれ1~3往復くらいできると思う。

 

以上、今回はマッチングアプリにおける会話のネタについて書いた。参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事