マッチングアプリではめったに見かけないが、ネット出会いでは「完全写真なし」という子も少なくない。

 

ペアーズやゼクシィ縁結びといった婚活アプリの台頭でそういう子は減った(珍しくなった)が、まだ存在している。

 

今回は、「写真なしの子に美人が多い理由!ブスが写メを出すのはなぜ?」をお送りしたい。

 

なお、今回「写真なし」というのは、自分が写っていない(風景の)写真を出している子を含むこととする。要は「自分の顔写真がない子」ということだ。

 

(最新のマッチングアプリ業界の動向を踏まえ、2018年8月23日に加筆修正済)

マッチングアプリの写真なしはブスなのか?

マッチングアプリは写真アリが基本な中、写真なしの子と言うのは「ブスだから出さないのでは?」と思われがちだ。

 

本当にそうなのだろうか?

 

マッチングアプリの場合、本当にそうである場合はある。

出会い系サイトの写真なし女性はそうでもないのだが、マッチングアプリでの写真なし女性にはブスも確かに多い

 

しかし、割合で言えば、「ややブスが多いかな?」程度だ。

例えば、普通に女性全体が「美人2割、普通6割、ブス2割」で構成されているとしたら、ブスが3割になった感じだ。

 

そういう意味では、「マッチングアプリの写真なしはブスなのか?」と聞かれたら「うーん、確かにちょっと多いですね」という感じだ。

 

ブスが多めだから写真なしはスルー?美人が多い?

ブスがやや多めだから、写真なしの子はスルーすべし。

ここまでだけを読むとそういう結論になりそうだが、実はそうではない。

 

写真なしの子には、美人さんも多いからだ。

なぜか「普通」の子と言うのはちゃんと写メを公開してくるので、経験上、写真なしは当たりか外れの可能性が高いのだ。

 

出会い系サイトだと、この傾向はさらに強まる。

 

それに、ブスと言っても本物のブス(出会った瞬間に帰宅したくなるほどのブス)であることは少ない。

その理由は次で説明していきたい。

 

本物のブス(喪女)は写メ公開する理由

マッチングアプリで顔写真なしの子に、「本物のブス(超ハズレ)」が少ない理由は、女性心理だ。

 

女性と言うのは、「明確に後悔されたくない」「ブスととがめられたくはない」という心理がある。

 

面と向かって「おいおい、ブスじゃねーかよ」みたいなことを言う人は少ないかもしれないが、顔や態度に出る男性は多い。

俺も割と紳士タイプなつもりではあるのだが、まったく態度に出ないとは言えない。

 

「だ、である」調で文章を書いているので想像できないかもしれないが、「気まずさを隠す」ためにめっちゃ饒舌になってしまうタイプだ(笑)

 

本物のブス(喪女ともいう)は、長い人生でそれを知っている。

だから、そもそもマッチングアプリの利用自体をためらう人も多い。

 

マッチングアプリを利用しているとしても、会ってから後悔されるのは嫌なので、最初から顔を公開しておく人が多いのだ。

先に保険をかけておいて、「落胆したとしても、私が騙したわけじゃないわよ」という心理だ。

 

マッチングアプリでは、「フェイスブックやインスタでよく見るイケてる写真」に交じった紛れもないブスを時々見ると思う。

 

男性は、「ブスなのはしょうがないけどさ、なんで写真を公開するんだろ?さすがにこんなんじゃメール来ないぜ」と思っているだろうが、そこにはこういう心理があるのだ。

 

マッチングアプリで美女が写メを公開しない理由は分からない

マッチングアプリにおいて、ブスが写真を公開する理由がなぜわかるのか。

 

これは、あまりにもマイナーな趣味が合う子がいたので、正直見た目は2点/100点という感じだが、会ったことがあるからだ。

その時に、聞かずとも教えてくれたんだよね…

 

心が痛い。

 

というわけで、顔写真なしの子にアプローチしても「超ハズレ」はめったに来ないので安心しよう。

俺自身、ネットでかなりの女性に出会ってきたが、びっくりするほどのハズレに当たったのは数えるほどしかない。

 

もう一点。

さきほど、顔写真なしの子には美女が多いと言った。

 

これは経験上はマジなんだが、理由は分からない

美女の子に聞いても、「なんとなくかな~」もしくは「顔出し怖くない!?」という普通の理由であることが多かった。

 

もし「なんとなく」もしくは「顔出し怖い」だとしたら、普通レベルの子だってそう思うはずなので、割合が狂うはずはない。

 

万が一このブログを美女の方が読んでいたら、本当のところを教えてくれ。

 

顔写真なしの美女を狙おう。面食いにおすすめ

というわけで、なんか取り留めのない話になったが、言いたかったのは以下の3点だ。

 

特にここまでで書かなかったが、3点目が言いたくてこの記事を書いたんだよね。(あれ?)

 

  1. 顔写真なしを狙うと、当たり(=美女)と外れ(=ブス)の可能性が両方とも高く、まあまあ(=普通レベル)の可能性が少なくなる
  2. ただし、本物のブスは写真を公開してくれていることが多い
  3. 顔写真なしの美女は競争率が低いから、狙ってみるのもアリ

 

顔写真なしの美女と出会うためにはブスとのデートも覚悟する必要があるが、最初から競争率の高い「写真あり美女」を狙うよりは効率的だと思う。

面食いの人にはおすすめの戦略だ。

 

ちなみに、俺は面食いです。

 

なお、ラインやメールの交換時に写メを交換すると、ブスとのデートを極力少なめにできる。

(写メ交換を頑なに拒む人もいるので、一定数出会うことは覚悟しよう)

 

基本だが、知らないと「会わなけりゃ分からない」状態になるので一応。

 

最後に一つだけアドバイス的なことを言わせてほしい。

 

相手のレベルばかり気にする男性は多い。

しかし、(高レベル女子を引いたときに備えて)自分の見た目も上げておく必要があるということを忘れないでほしい。

 

整形する必要はないが(笑)、太っているなら痩せることや、ニオイコントロール’(口臭・体臭)をしておくことは大事だ。

 

さらに、女性は「肌のきれいさ」と「爪のきれいさ」を意外と見ている。

なので、ケアしておくとたまに褒められる。(少なくとも、好感度は下がらない)

 

なんでこんなことを言うのかと言えば、美女に出会ったときに「場違い感」を感じないためだ。「こんな美女が来るんなら、何かやっときゃよかった!」とならないようにしよう。

 

以上、「写真なしの子に美人が多い理由!ブスが写メを出すのはなぜ?」をお送りした。

参考になれば幸いだ。

 

>>恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事