婚活サイトやマッチングアプリに限らず、ネット出会いで必ず議論になるのが、「サクラの有無」だ。

サクラとは、「主催者側(サイト側)」が用意した「架空の人物」のこと。

 

男性サクラもいるが、主に「架空の美人女性として男性ユーザーをだます」のがサクラの仕事だ。

この「サクラ」によって、男性ユーザーは無駄なメールを強いられ、大量のお金を浪費することになる。

 

そういう意味では、以前説明した「業者」以上に厄介な存在が、サクラといえよう。

というわけで今回は、この「サクラ」についてお話していきたい。

 

優良マッチングアプリにサクラはいない

最初に結論を言っておこう。

 

当サイトで主に扱っている「優良マッチングアプリ」にサクラはいない。

さらに、優良な「婚活サイト」にも、もちろんサクラはいない。

 

それどころか、優良な「出会い系サイト」にすらサクラはいないと言っていい。

 

なぜなら、サクラの定義が「サイト側が用意した架空の人物」だからだ。

これを使ってユーザーをだますというのは、完全に犯罪行為である。

 

ユーザーは「普通の女性と出会えるかも!」と思ってお金を払い、メールや「いいね!」をしているわけだ。

ここで「相手は架空の人物」になってしまったら、完全に詐欺行為である。

 

なので、こういった「サクラ」を使って営業している婚活サイト、マッチングアプリ、出会い系サイトは限られるし、当然ながら「優良」とは呼ばれない。

次に、サクラを使っているアプリ・サイトについて説明していこう。

 

サクラは野良出会いアプリ、詐欺出会い系サイトにいる

優良マッチングアプリや、優良出会い系サイトにサクラがいないのであれば、「そもそもネット出会いにサクラはいないのか?」と思うかもしれない。

しかし、それは間違いだ。ネット出会いの世界には、サクラがうようよしている

 

それではサクラはどこにいるのだろうか。

 

まず一つ目のサクラがいる場所は、「野良出会いアプリ」だ。(野良婚活アプリ、野良恋活アプリ、野良マッチングアプリも含む)

「野良アプリ」とは、Google Play(アンドロイドのアプリ)やApp store(iPhoneのアプリ)には載らないアプリのことだ。

 

「載らないアプリ」と書いたが、ぶっちゃけ「グーグルやアップルの厳しい審査に受かるはずがない(落ちた)アプリ」のことだ。

なので、Google PlayやApp store「以外」の場所でダウンロードできるのが「野良アプリ」というわけだ。

 

こうした野良アプリは登録者が少なく、人を集められない

なので、必然的に「出会い」を提供できないはずだが、「ある方法」を使えば、人がいるように見せられるのだ。

 

もうお気づきだろう。

その「ある方法」こそが、サクラである。

 

野良出会いアプリはサクラの宝庫なので、近づいてはいけないし、利用してはいけない。

色々なアダルト広告の手法を駆使して誘ってくるだろうが、そんないい思いをできることはなく、そもそも「女の子に出会えない」で終わる。

 

もう一つのサクラがいる場所は、詐欺出会い系サイトだ。(詐欺婚活サイトや、詐欺マッチングサイトも含む)

「Jメール」や「PCMAX」などの優良出会い系以外のほとんどの出会い系サイトは、詐欺サイトである。

 

野良出会いアプリと同じく、人を集められていないので、サクラを使って「人がいるフリ」をするしかない。

詐欺出会い系サイトは、野良アプリ以上に多く、しかも判別が難しい。

 

なので、出会い系については、「超有名な優良サイト」以外を使うのはやめておいた方がいい

 

サクラのいないマッチングアプリと出会い系とは

最後に、サクラがいないと自分の経験から分かっているマッチングアプリと出会い系についてだ。

 

まず、出会い系からいこう。正直に言うと、出会い系はそこまで深く利用したわけではないので超有名なものしか知らない。

ただ、「PCMAX」と「ミントC!Jメール」は大丈夫だ。俺自身が使って、素人女性に普通に会えているためだ。

 

サクラがいないマッチングアプリは、(これも有名だが)with(ウィズ)とPairs(ペアーズ)だ。

特にwith(ウィズ)はアクティブユーザーが多くて出会いやすいので、当サイトのイチオシだ。

 

以上、今回はサクラについてお話してきた。参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事