婚活アプリに限らず、多くの場で問題になるのが「サバ読み」、もっとハッキリ言えば「詐称」だ。

 

特に、婚活の場で言えば「年齢」「身長」「年収」などのサバ読みが(効果があるという意味で)検討されていることだろう。

 

今回は、婚活アプリ(マッチングアプリ)初心者向けにこのサバ読み(詐称)問題について書いていきたい。

 

サバ読みありきの婚活。女性の多くが真実で勝負していない

まず、「嘘をつくのはよくない」と盲目的に思っている人に言いたい。

 

確かに嘘をつくのはよくないのだが、実は婚活アプリ(マッチングアプリ)では多くの人が大なり小なり、ウソをついている。周りがやっているから自分もやっていいというのは理屈として変だが、周りがやっているのにやらないと競争に勝てなくなるというのは真実だ。だからこそ、オリンピックでは一つのドーピングも出さないよう、厳重な管理が行われるのだ。

 

婚活アプリでは、特に女性であれば写真に奇跡の一枚を使っている人が多い。ハッキリ言って、真実よりも何割マシの姿になっていることだろう。

 

ただ、「奇跡の一枚」は詐称とはいえない。しかしながら、これ以上のこと、つまり写真の加工をしている女性は非常に多い。男性よりも、これは女性で圧倒的だ。特に美人写真の場合には、「そのままの美人」が来ることはめったになかったりする。

 

もっと言ってしまえば、女性の化粧自体が詐称だとも言えなくもないし(笑)、ハッキリ言ってそのままの自分で勝負している女性など存在しない。化粧をとったら化け物、ということも結構ある。これがダマシでなくて何だというのだろう。

 

さらに、これは男性も女性も同程度の割合だと思うが、経歴や各プロフィール項目を若干「盛っている」人もいる。

 

写真の加工をはじめとし、女性がサバ読み・詐称系の細工をしているのに、男性はやってはいけないというのは成り立たない。男性のサバ読みも許されると思う。

 

男性がサバ読みすべき部分とは?なんでもやっていいわけではない

だからと言って、「相手もやっているから何でもやっていい!」というわけではない。

 

実際、女性の多くが加工写真を使っているが、まったく加工していない人もいる。そういう人からすれば、「超イケメン」に加工された写真であなたと出会った場合、「最悪の男」とみなすのは間違いない

 

まず、男性には写真の加工はあまりおすすめしない。男性が女性を見る目は「見た目が9割」だが、女性が男性を見る目は「見た目5割」くらいだ。ここでやり過ぎて出会ったときに失点するのは避けたい。せめて、奇跡の一枚(加工なし)を使うくらいにしておきたい

 

男性が加工して一番意味のある部分は、年収身長だろう。

 

結論から言えば、年収で100万円、身長で2センチまでなら、仮に相手と結婚することになったとしてもどうにかごまかせるラインだ。(年収は結婚しても確定額が分かるわけではないし、朝晩の時間帯により身長は2センチ程度変わりうる)

 

ちなみに、(おすすめはしないが)結婚する気が皆無なのであれば、年収は+500万、身長は+5センチがぎりぎり嘘がつき通せるラインだと思う。

 

最後に、年齢の詐称は「結婚まであり得るなら」絶対にやめておくべきだ。後で100%バレるし、交際中に相手が相手の両親に年齢を言ってしまうことは多いからだ。結婚する段になって、ウソが相手だけではなく相手の両親にまでバレる可能性があるので、やめておくべきだ。

 ちなみに、「結婚する気が皆無」なら10歳くらいまでならサバ読み可能だと思う。極端に老けている人、極端に若く見える人もいるからだ。

 

マッチングアプリのサバ読みまとめ

今回はマッチングアプリのサバ読みについて書いてきた。

 

後々の面倒な事態をさけるために、サバ読みは出来る限り軽微なものにしておいた方がいい。あとは、自分でどういう設定にしたかを覚えておくことも重要だ。嘘をつきとおすのには、尋常ではない「記憶力」が必要なのだ。

 

あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事