旅行先での出会い。

なんか、風情溢れる感じでやってみたいという人は多いのではないだろうか。

 

俺自身は、結構旅行先で出会うことが多い人間だったと思う。

旅先では「偶然の出会い」もないわけではないが、ほとんどは「意図的な出会い」だ。

 

今回は、「旅行で出会いが欲しいなら」をお送りする。

 

旅行では意図的な出会いがほとんど

自分一人、または同性だけで旅行する際には、「なんか思わぬ出会いがあったらいいな」というよく分からない期待がないだろうか。

正直、俺の場合は常にあった(笑)

 

そのくせ、その希望が叶うことはほとんどなかった

 

今なら、その理由がよく分かる。

それは、意図的な出会いをしておらず、偶然、なんか美少女と出会って仲良くなれればいいな、という受け身の考え方をしていたからだ。

 

普段、自分が過ごしているところで「偶然のすごく良い出会い」がゴロゴロ転がっていないように、旅先でも「偶然の異性との出会い」なんてものは滅多に転がっていない

 

それに気づいてから、俺は旅先で出会うのが得意になった。

たぶん、言われてみると当たり前のことばかりだとは思うが、少しこの記事で公開したい。

 

旅行先で出会うための最重要項目とは?

旅行先で出会うための最重要項目は、二つある。

 

一つは、前の項で述べた「受け身はやめて意図的な出会いを作る」ということ。

そして、もう一つが「アクティブに行動する」ことだ。

 

例えば、旅先で相席屋やキャバクラ(日本以外の場合はそれに準じるもの)に行くと、出会いが出来る。

もちろん、バーなんかでもいい。(出会いにこぎつけるハードルは上がるが)

 

こういうところでは、相手が方言交じりで新鮮に感じたり、逆にこちらが違う地方から来た「まれびと」扱いされたりして、結構「良い出会い」になることも多い。

 

当たり前のことしか言っていないのだが、「出会いを意図的に作ると決める」「アクティブに行動する」ことで、実際にラインにたまる連絡先は増える。

これは、出張が多い人が実践してくれれば必ず実感できると思う。

 

旅行で出会いを作る、おすすめの方法

ただ、相席屋やキャバクラ、バーなどはやはり運がかかわる。

 

相手側(出会った人)にタイプの子がいるか、そしてその子がこちらを気に入ってくれるかどうかなど、よほど顔や話術に自信がある人以外は、運に大きく左右される。

 

俺は過去にはこういう出会い方を実践していたが、あまりにも戦果の差が激しいので、ある時から別の出会い方を模索し始めた。

それが、出会い系アプリ(出会い系サイト)である。

 

出会い系サイトであるPCMAXやハッピーメールには、1000万人以上というマンモス級の会員が登録している。

 

なので、マッチングアプリとは違い、どの地方に行っても一定以上の会員がいるのだ。

つまり、出会える相手がいる。

 

しかも、その相手は、「出会い希望の子」なのだ。なにしろ、自発的に出会い系に登録しているのだから。

これが、面白半分の相席屋や、商売目的のキャバクラ、飲み目的のバーとは違う。

 

以上のことから、地方での「意図的に作る確実な出会い」は、出会い系アプリが一番だ。

 

俺の地方での出会い系アプリ利用方法

俺は地方出張が決まったとき(もしくは一人旅行の時)には、出会い系サイトであらかじめその地方に引っ越し(サイト内での引っ越し)をして、めぼしい子を見つけておく

(ここが超重要だ)

 

そして、出張までの間、その子とやり取りを続け、会えるまでの関係に持っていく。

ここではもちろん、相性次第で成功と失敗があるため、1人ではなく5人くらいを同時並行で試みる。

 

出来れば1~2人と会う約束をした上で出張に臨み、出張先・旅行先で出会う、というわけだ。

 

この時、「実は東京の人」と教えるかどうかは、相手次第。

相手によっては「えーいいなー」的なプラスの捉え方になるが、逆に「じゃあ、遊びなんだね。バイバイ」となる場合もあるので、かなり慎重に行く。

 

PCMAXあたりでこれがほぼ確実に決められるようになると、結構楽しい出張(や旅行)になるのでやってみてほしい。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事