ランニングに出会いを求めている人が結構いるようだ。

 

俺は日本でも(おそらく)トップクラスにランナーが集まる「皇居」から徒歩5分のところに住み、一時期は毎日ランニングしていた。

 

その観点から、「ランニングで出会い?それって非効率だって知ってた?」を書いていきたい。

 

ランニングで出会いは皆無

あくまで、普通にやっていた場合のことだと断っておくが、ランニングで出会いは皆無だ。

 

一時期かなり太ってしまったことがあり、忙しい合間を縫ってめちゃくちゃ走り込んでいたことがあったが、出会いなど1人たりともできなかった。

というか、可愛いと思う子に出会うことがほとんどなかった。

 

そもそも「おはようございます!今日も精が出ますね~」なんて声をかけまくれるような危険人物(偏見)は、ランニングで出会いを探したりはしない(笑)

 

ランニングで出会いたいなら、社会人サークルに入ろう

ランニングを普通にやっているだけでは、出会いなどまずない。

なので、どうしてもランニングを通じて出会いたいのであれば、社会人サークルに入ろう。

 

グーグル検索で探してみれば、どの都道府県でも一定数のサークル/クラブは存在すると思う。

検索してみれば、意外と近くで走っている人たちが見つかるはずだ。

 

とはいえ、「ランニング」にこだわらないという場合もあるだろう。

実際、ランニングだと、(スポーツの特性上)群れる意味が全くないというか、「知り合いたいがための口実」な感じもある。

 

そういったこともあり、何か、他のスポーツを通して出会いが欲しい、という場合もあると思う。

 

結構、俺自身の周りで結婚した人が多いのが、登山クラブ(登山サークル)だ。

テニス等の他のサークルでは「飲み会をきっかけに」とかになってくるが、登山では割と長い時間、「男女できっつい散歩」をするようなもの

 

そのため、登山そのもので人格を知ることが出来るとのことで、合コンや飲み会での「ノリの良さ」があまりない人でも自然と仲良くなれるそうだ。

いわば、教室で自然と仲良くなってしまうようなものなのだろう。

 

ランニングでの出会いは非効率

さらに言おう。

 

そもそも、本当に「出会いが欲しい」なら、スポーツを介した出会いは遠回りだ。

確かに自然な出会いかもしれないが、遠回り度は半端ではない。

 

ぶっちゃけて言えば、非効率極まりない。

(本当にランニングが好きで、あくまでそのついでに出会いたい、というのが本心ならOKだが)

 

スポーツ、という別の活動を介して出会うことには人数的に限りがある。

その上、数少ない相手に好みの人がいるかどうかも分からない。

 

好みの人がいたとして、相手が自分を気に入ってくれるかどうかは未知数。

というか、今までの人生で「あなたが気に入った人があなたを気に入ってくれた確率」とほぼ同じくらいだと思う。

 

出会いのための活動をする

ランニングなど、別の活動を介した出会いは非効率。

なので、出会いそのものの活動をすることをおすすめしたい。

 

それは婚活かもしれないし、人によっては恋活でもある。

とにかく、現在の日本では「出会いのための活動」がたくさんある。

 

合コンや友達の紹介もいいが、前提条件として「同性の友達」がたくさん必要だ。

そしてそれは、いつもいつもあるものではない。

 

だから、自分だけで作り出せる出会いとして、ネット出会いをおすすめする。

 

どんな出会いが欲しいかにもよるが、「ランニングでの出会い」を探していたのなら、おそらくは真面目なお付き合いを探しているのだと思う。

だったらマッチングアプリだ。

 

このサイトの名前は「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」だ。

俺は出会い系や婚活サイトも使ってきたし、合コンや友達の紹介も繰り返してきたが、その結論が「マッチングアプリ」なのだ。

 

「出会いのための活動をする」と決めたあなた、悪いことは言わない。

無料会員でいいので、タップル誕生を使ってみよう。会える、ということをはっきりと予感できると思う。

 

※重要(2018年8月追記)

現在はタップル誕生から「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事