俺がこの記事を書いている2018年7月14日(土曜日)は、3連休の開始日だ。

ここからの3日間、何をしようか…熱すぎるんだけど…と思っている方も多いだろう。

 

とはいえそんなタイムリーにこの記事を読んでくださっているわけはないので「連休全般」について、休みにすべきおすすめなことを一つ提案したい。

今回は「連休こそ出会い時!出会い系・マッチングアプリで入れ食い状態」をお送りする。

 

連休に一人なのはあなただけじゃない

まず、この記事の対象外となっている人、対象となっている人を記載するところから始めよう。

 

この記事は、「連休?そんなの友達と遊ぶに決まっているじゃん!」という人を対象とはしていない。

同じく、恋人やセフレがいるような人も対象にしていない。

 

連休を一人で過ごすのが基本な人、つまり、あまり人間関係構築を重視してこなかった人に書きたい。

さらに、その中でも「今更だけど一緒にいる人が欲しい」という人ならば、まさにこの記事のターゲットそのものだと言える。

 

要は、友達がたくさんいる訳ではなく、連休となるとちょっとヒマになる。

さらに、友達が多いわけじゃないので合コンや友達の紹介も少なく(=異性との出会いが少なく)、彼女がいないという人を対象としている。

 

そういう人は、「こんな天気のいい三連休に、家の中に引きこもっているのなんて俺だけだろうな」と思っているかもしれない。

しかし、それは完全に勘違いだ。

 

出会い系サイトを使うまでの俺は間違いなくそうだったし、娯楽が発達した現在、そういう人は滅茶苦茶多い。

(俺は婚活でマッチングアプリを使う前にも、出会い系で彼女を作ったりしていた)

 

そして、それは顔のレベルに関係ない。

俺はフツメンだが、イケメンや美女でそういう連休を過ごしている人もたくさんいる。

 

これは、出会い系で実際に美女に出会って分かったことだが、孤独な美女も多い。

そしてそういう子のほうが、付き合ってから依存してくれるので可愛かったりするのだ。

 

話がそれたが、ここで言いたいのは「連休に一人なのはあなただけじゃない」ということだ。

まずはその点をおさえておいてほしい。

 

出会い系・マッチングアプリで連休に孤独を解消

連休に一人なのはあなただけじゃない。

これは事実だが、こういわれたところで連休にすることが出来るわけじゃないだろう。

 

なので、まずは連休を使って「一人状態を解消する」のはどうだろう。

回りくどい言い方をしたが、要は連休を使って彼女を作り、連休にデートでもエッチでも何でもできる状態にしてしまおうということだ。

 

そのために必要なのが、出会い系サイトもしくはマッチングアプリだ。

ネット出会いで彼女(もしくはセフレ)を作ってしまおうということだ。

 

これはぶっちゃけ平日でも構わないが、出来れば土日をきちんと使ったほうが効率ははるかに良い。

 

「方法」というほどのことはないが、ここから出会い系サイトやマッチングアプリを使って、連休の孤独を克服する方法を解説していきたいと思う。

 

出会い系・マッチングアプリは連休を殺せる

まず最初に言っておきたいのは、俺が出会い系やマッチングアプリを活用するようになってから、已むに已まれずヒマになってしまった連休はない、ということだ。

 

英語でヒマつぶしのことを「kill time(キル タイム)」というが、出会い系やマッチングアプリは連休を殺せる

 

まず、初期段階で連休のヒマがなくなる。

出会い系やマッチングアプリを本格的に始めると、間違いなく複数の女性とのやりとりが発生するからだ。

 

その中には、(月額定額制だから)サイト内でのやりとりをずっと希望している人もいるだろう。

ラインやメアド、カカオを交換し、直接のやり取りに移行する人も出てくるだろう。

 

その中には5分でラインを返してくる子もいれば、週1のやり取りだが長文を送ってくる子もいる。

 

ともかく、複数の女性と、出会うことを目指してたくさんのやり取りが発生する。

これって、5人~10人とやり取りをしていれば実はかなりの時間になる。

 

私事だが、出会い系とマッチングアプリをいくつも併用していたころは、平日は返しきれず、休日にまとめて返信していた。

初期段階でも、こういったことが起こる。(もちろん、これが嫌であれば、人数やペースを落とせばいい)

 

そして、初期段階を超えると、いよいよ待ち望んだ「休日のつぶれ方」になってくる。

つまり、メールのやり取りで自分からにせよ、相手からにせよ人数が絞り込まれ、次には「デート」が入ってくるのだ。

 

出会い系やマッチングアプリで本格的に婚活すると、土日の両方がつぶれることも多い

また自分の話だが、3連休で6人に出会ったことがある。(もちろん、こういうのが嫌なら避けられるが)

 

メールのやり取りで連休がつぶれるのは仕事みたいでいやだろうが、デートならばそうでもない。

毎日新しい出会いがあり、そしてたまに美女に会えちゃったりするから、出会い系にハマる人が出てくるのだ。

 

そして、最終段階では「デート相手」すらも絞り込まれる。

 

相手から断られることもあるだろうし、自然と音信不通になることもあるだろうし、あなたから切ることもあるだろう。

しかし、ともかく「彼女」もしくは「セフレ」という存在がいずれできるはずだ。

 

こうなると、もう分かるだろう。彼女やセフレとのデートが連休を埋めることになる。

あなたがそれでも良いのならば、複数の女性と同時並行することもできる。(いわゆる二股になる)

 

出会い系やマッチングアプリは、連休を殺せる。

どの段階においても、それなりに連休をつぶす要素があるので、これは間違いないと思う。

 

おすすめの出会い系・マッチングアプリ

おすすめの出会い系やマッチングアプリについてだが、もしあなたが初めてなら、ニュートラルなものをおすすめしたい。

 

つまり、「結婚前提」でもなければ、「セフレ前提」でもないものだ。

「普通に(恋人狙いで)関係を始められるもの」でも言おうか。

 

出会い系であれば、ワクワクメールが代表格。

セフレ方面に特化したPCMAXとは違い、まさに「恋活」という感じの、王道な出会いが期待できる。

 

マッチングアプリはそもそも恋活寄りなので、タップル誕生 がいいだろう。

婚活に偏り過ぎず、それでいてある程度まっとうな出会いが期待でき、何より可愛い子が多い。(特に最初は、アプリ側がそういう子ばかりを出してくれる)

2018年8月追記
他のマッチングアプリに比べて出会いにくいのでタップル誕生の利用を停止。
婚活であれば、「恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)」か「マッチ・ドットコム 」をおすすめする。(利用中)

 

以上のアプリを使えば、あなたの連休(というか、連休に限らず休日や平日夜)が充実するのは間違いない。

 

万が一、こういったアプリを使ってもダメな場合。

その場合には、ぜひコメントで「こうしているんだけど会えない。なんで?」というのを俺に聞いてくれたら嬉しい

 

以上、今回は「連休こそ出会い時!出会い系・マッチングアプリで入れ食い状態」をお送りした。

あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事