マッチングアプリでは、プロフィール文章の重要性が薄れがちだ。

特に、マッチングアプリ「ティンダー」では写真でありかなしかを判断する形式だし、それ以外のペアーズやウィズでも写真最重視の姿勢(写真が良くなければ、そもそもプロフィールまでたどり着かない仕様)なので、そうなってしまったのだと思う。

 

今回は、「プロフィールで違和感を感じたら合わないし会わない」と題し、プロフィールの重要性を書いていきたいと思う。

 

出会い系ではプロフィールが勝負

マッチングアプリでは写真で勝負だが、出会い系ではプロフィールで勝負だった。

出会い系では写真がない人も多いし、プリクラや動物の写真にしている人も非常に多い。

 

そういった事情から、出会い系ではプロフィールの文章が非常に重視された。

それを見てどういう人なのか判断し、メールを送るかどうかや、メールを返信するかどうかを考えるのが普通だ。

 

文章というのは、人となりを表す。

長文であればあるほど、相手がどういう人なのかが読み取れるため、出会い系ではお互いの相性がある程度は担保されていたように思う。

 

マッチングアプリではプロフィールがいらない?

一方、冒頭で書いた通りマッチングアプリは「写真重視」に大きく舵を切った形態だ。

フェイスブックアカウントと連動して登録した場合、フェイスブックから直接写真がインポートされるので、かなりキラキラした写真にあふれる。

 

出会い系とは違い「まさに実物」の写真を載せている人が多いため、写真のみで相手を判断することが出来るようになった。

・・・ように見える。

 

しかしながら、実際には見た目だけの相性で恋人関係が成り立つわけではない

写真から人柄が見えることもあるが、どういう考え方の人なのかまでが現れる写真というのはまれだろう。

 

以上のことから、相性の良い相手に出会うためには、写真だけでなくプロフィールもきちんと読もう、ということがいいたい。

マッチングアプリであってもきちんとプロフィールを読み、考え方をチェックしてから「いいね」したり「いいね」を返したりすべきだ。

 

プロフィールから分かる考え方の違い

特にプロフィールの重要性を実感するのは、相手との考え方の相違が分かるということだ。

例えば再婚希望者(シングルマザー)には、「再婚後は専業主婦になりたい。私と子供をセットで考えてくれる人が理想」などと書いている人も結構いる。

 

一概に批判される文章とまではいかないが、これを読んで「俺にATMになれってことか?」と思う男性も多いだろう。

写真だけで判断していると、こういう決定的な考え方の相違を見逃すことも多い。

 

現在、妊娠中だけど婚活しています。支えてくれる人募集です。詮索や偏見をする人はやめてください」というのもみたことがある。

 

これに対し、「なるほど、確かに大変だろうな。支えてあげたい」と思う人もいれば、「あなたがだらしないのは事実っぽいし、男のカネしか見ていないのは偏見じゃなくて真実じゃね?」と思う人もいるだろう。

 

こういった考え方の相違は、いかんともしがたいことだ。

年収2,000万以上じゃないとダメだというニートは婚活市場に実在する。シングルマザーってだけで不利になるのはおかしいと思っている人も実在する。

 

常識は人の数だけある

万能の常識などというものはない。

私の文章を見て「年収2,000万を求めて何が悪い」「子供は社会の宝なんだからむしろ喜んで育てるべき」と思った方もいるかもしれない。

 

考え方や常識というものはとにかくたくさんある。それこそ人の数だけある。

だからこそ、相手が「自分の常識」に近い人なのかどうか、それを出来る限りプロフィール文章から見極めてアプローチすることが大切だ。

 

決定的な考え方の相違がある場合には、メッセージ交換してから間違いなく気づくのだが、それでは遅い。

いいね!」を消費してしまっているし、何よりあなたの貴重な時間まで消費してしまっているだろう。

 

プロフィールで違和感を感じたら合わないし会わない

ちなみに、男性であればプロフィールに違和感を感じても、顔がかわいいから特攻したくなることがあると思う。

出会い系を長く使って、かつマッチングアプリで婚活をした経験からすれば、「やめておけ」の5文字である。

 

プロフィールで違和感を感じてしまうような女性とは、そもそもメッセージ交換の段階で切れてしまうことが多い。

その上、出会ってみても会話が通じなかったり、常識外れの言動に悩まされたりすることが多いのだ。

 

だから今では、マッチングアプリや出会い系においてプロフィールで違和感を感じたら合わないし会わない」という姿勢が一番いいと思っている。

あなたの参考になれば幸いだ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事