マッチングアプリでのアピールポイントは、大きく分けて3つあると思う。

それは、「プロフィール写真」「プロフィール項目(年収等)」「プロフィール文章(自由スペース)」の3つだ。

 

今日はこのうちの一つであるプロフィール文章(自由スペース)を書く時のポイントに触れたいと思う。

 

マッチングアプリではプロフィール写真だけが重要?

このうち、マッチングアプリでは「プロフィール写真」が重視されがちだ。

ペアーズやウィズなどならまだマシだが、ティンダーのように写真だけで「ありかなしか」を判断するシステムのものさえある。

 

そのせいで、マッチングアプリではまともな「プロフィール文章」を書けている人が少ないと感じる。

これは、プロフィール文章が重要ないわゆる【出会い系サイト】と比べてのことなのだが、これは結構もったいない。

 

マッチングアプリで真面目な出会いを求めている人は文章を読む

なぜ、プロフィール文章をきちんと書かない人はもったいないのか。

それは、「マッチングアプリで真面目な出会いを求めているまともな人は、きちんとプロフィール文章まで読む人が多い」からだ。

 

あなたが、婚活でいわゆるDQN、つまり社会の底辺層と結婚したいというのであれば、文章は必要ない。

それなりのイケメン度とイケてる度(チャラさ?)を前面に押し出した写真を張っておくと、それに見合った人から「いいね!」がもらえることだろう。

 

しかし、多くの人は、品性や経歴、年収まで含めた「まともな人」と結婚したいと思っているのではないだろうか?

それがすべてではないが、間違っても「暴力男」「常識なし男」「ギャンブル狂い」「酒乱」(混合している場合も多い)とは結婚したくない人も多いはずだ。

 

こういう底辺層の相手は、プロフィール文章を読めばわかる。日本語の体裁がなっていないからだ。

 

逆に、こういう相手からかけ離れた「まともな人」というのは、きちんとこちらのプロフィール文章も読んでくる

だから、まともな出会いをしたいのであれば、写真だけではなく文章まできちんと読む必要がある。

 

 逆に、プロフィール項目には「サバ読み」、もっと正確に言えば虚偽の記載が多発しているので、個人的にはそこまで重視しなくて良いと思っている。

 

マッチングアプリにおけるプロフィール文章の書き方

とはいえ、プロフィール文章は普通に書けばいい。

必要なのは、簡単な経歴と仕事、婚活アプリの利用目的、そして趣味など。はっきり言って、特別なことは書かなくていい。

 

大学の専攻や、今の仕事に就いた経緯。今現在、どんな仕事をしているのかを書く。

なお、ここでは仕事を楽しんでいる感があったほうが相手に好感を持たれやすい。

 

そして、なぜ婚活アプリを使っているのかも書いた方がいい。

多くの人は、「○○な職場で出会いがないから」とかそういうのだろうが、それでOKだ。

 

趣味は、面白いもの(パンチの効いたもの)を含めよう。

「趣味は旅行と読書、映画鑑賞です」でもいいのだが、ちょっと弱すぎるのは分かっていただけるだろう。(俺自身、この3つは好きだがこれ以外のものも混ぜる)

 

プロフィール文章を書く時の注意点

ただ、プロフィール文章を書く際には、全体にかかわる注意点がある。

それは、具体的に書くことだ。

 

これ以上ないほど具体的であれば、間違いなく「いいね!」をもらえる率や、「いいね!」をした際に返してもらえる率は激増する。

 

マッチングアプリには百万単位で登録しているので、知り合いに見られるという危惧は捨ててしまおう。

特定可能でもいいじゃないか。今時、「マッチングアプリに登録している」までは普通の範疇だろう。

 

というわけで、何なら「大学名」「会社名」まで書いてしまう。やっている仕事も、面白い部分があれば書く。

趣味も旅行というだけでなく、「青森県などの東北の温泉に入りに行くのが好き」などと具体的に書くのだ。

 

ここまで書くと、他の人のプロフィールとは一線を画すことになる。

先ほど言ったが、あらゆる面で有利になってくるので、ここは「嘘をつかず、かつ具体的に」書こう。

 

「他の人と違うポイント」があればそこを重点的に書くべきだが、そういうものがないのならそれでもいい。

「圧倒的具体性」こそが、すでに他の人のプロフィール文章との差別化要因になっているからOKだ。

 

以上、今回は「プロフィール文章(自由スペース)を書く時のポイント」について書いた。

あなたの参考になれば幸いだ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事