Think positive, do not negative, colorful words on blackboard

婚活サイトでも、マッチングアプリでも、出会い系でも。結婚相談所でも、婚活パーティーでも、お見合いでも、婚活をするなら必須と言い切れるくらいに大事なこと

 

それが、ポジティブさだ。

 

今回は、婚活においてポジティブでいることの大切さ、メリットについてお伝えしていきたい。

 

婚活でポジティブだと明らかにモテる

人間、誰しもネガティブな面を持っているので、常時ポジティブな人と一緒にいると、辛いような気がするのではないだろうか。例えば、熱血で知られる元テニスプレーヤー松岡修造氏とずっと一緒にいたいという人は多いと思うが、逆に一緒にいると大変そうだと思う人も同じくらいいるだろう。

 

私もそう思っていたが、婚活の末に出会った妻がポジティブシンキングの人間だったため、必ずしもそうではないと気づいた。

 

婚活では、色々な人種と会う。男性の年収(お金)のことしか考えていない人とか、自分はもう年だから出会いがないということをひたすら愚痴っている人とか(30歳くらいの人がだ!)、極めつけは「婚活ではなぜ良い出会いがないのか」について語りだす人までいた。(婚活パーティー、なんで参加しているんだっていう)

 

そんな魑魅魍魎が跋扈する世界では、ポジティブは美徳、という本来であれば当たり前のことに気づかされる。

 

ポジティブな人は笑顔が輝いて見える。ポジティブな人は、いわゆる「婚活疲れ」を吹き飛ばしてくれる。ポジティブな人と一緒にいると、「日本の闇、婚活」の考え方に染まってしまった自分を完全に忘れられる。

 

ハッキリ言って、いいことづくめなのだ。

 

こういうことばっかり言っていると「ポジティブ宗教」的になってくるので、別の言い方をしよう。ポジティブな人は、明らかに「顔のレベル」に比べて、婚活パーティーでのマッチング率が高い。

 

俺が婚活パーティーで「なんだこいつ、すげぇポジティブ!」と感じた「ブサメン」は、比較的モテていた。ボードを見る限り年収も高くなかったし、イケメンほどモテてはいなかったと思うが、それでも勝ち組の分類に入っていたと思う。

 

ポジティブは、明らかにモテる。これは間違いない。

 

「けっ、さわやか系かよ」とか思わずに、自分がポジティブ系で行こう。(俺も正直、「けっ、さわやか系かよ」と思いまくるタイプだが、ポジティブにしたら婚活だけじゃなく職場でもモテ始めた)

 

婚活ではポジティブじゃないとやっていられない

婚活でポジティブでいることのメリットは、もう一つある。というか、婚活ではポジティブじゃないとやっていられない面があるのだ。

 

なぜポジティブでないとやっていられないのかというと、婚活では頻繁にフラれるからだ。

 

婚活というのは、実質的には争いだ。競争だ。どう綺麗に言っても、良い女性を求めて男性が争うものだし、良い男性を求めて女性が競争をするものなのだ。

 

ということは、婚活というのは「結婚するまで負け続けるゲーム」とも言えるのだ。つまり、良い人が見つかったときに、競争で1番になった場合には、めでたくカップル成立となり、お付き合いが始まるのが普通だろう。こうなったら、いったんは婚活成功だ。

 

婚活の期間というのは、基本的にはこの「カップル成立」までの期間なので、逆に言えばカップル成立までは「あなたが気に入ったあの人ですが、残念ながらあなたのことをいいとは思っていなかったようです」という現実を突きつけられ続けることになる。これが婚活の残酷な事実だ。

 

これが5回、10回、人によっては何十回と続くのだ。ネガティブな人でなくても、「どうせ俺なんて、誰からも必要とされていない」と思ってしまうのも仕方ない。そう思わないだろうか?

 

だからこそ、ポジティブに考えていく必要がある。というか、ある程度ポジティブでないと、婚活を継続し続けることは難しいと思う。

 

どんなにつらい目に合おうが、婚活疲れしようが、本当に良い人と結婚できれば報われる。そのための「失敗パターンを学習している」と思って、常にポジティブに行こう。諦めかけたその時に理想の人に出会うことは、婚活においてはよくあることらしい(※結婚相談所の相談員 談)ので、忍耐が大切だ。

 

ポジティブに行こう。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事