ママ活」なる言葉が、出会い系・マッチングアプリ界隈でささやかれている。

 

今回、出会い系大手PCMAXを例にとり、この「ママ活」について扱っていきたい。

 

ママ活とは?パパ活との違いは?

ママ活とは、パパ活の逆。

とはいえ、そもそも「パパ活」って何?という人もいるだろう。

 

パパ活はドラマになり、一時期話題になったのだが、一言で言えば「肉体関係のない愛人(パパ)を探す活動」だ。

 

要は、愛人と言うと、男性側が女性側にお金を渡し、定期的に肉体関係を持つことだろう。

そこには愛情がある場合も、ない場合もある。

 

しかしながら、最近出てきた新概念である「パパ活」では、お金は渡すがエッチはナシ(という建前)だ。

つまり、「男性側が女性側にお金を渡すが、デートのみ」という関係。

深い関係になる前の、キャバ嬢とお客の関係と言った方がいいのかもしれない(笑)

 

実際、このパパ活は一時期出会い系サイトで非常に流行ったのだが、本業がキャバ嬢の子が手を出す場合も多かったようだ。

 

話がそれたが、これの男女逆バージョンがママ活だ。

 

つまり、「お金持ちのマダム(独身も可)が、年下のイケメンをカネで囲う」というのがママ活だ。

これも、建前としてはカラダの関係はないことになっている…らしい。

 

これも、深い関係になる前のホストと女性客の関係と言えばわかりやすいだろう。

 

PCMAXのママ活の実態

このママ活。

「(PCMAXなどの)出会い系でママ活をやっています」というブログはあるものの、実態はそれに即していない

 

「パパ活」という言葉が出来、それなりにその言葉から出会い系が活性化したので、「あわよくば」で作られた言葉のようだ。

要は、出会い系サイトへの登録の宣伝効果がある言葉としてのみ、存在している。

 

実際、「女性はカネ」「男性は女」を目的に動くことが多い。

そんな中で、女性側がお金を払い、男性側が受け取って喜ばせる、という逆の形態は成り立ちづらい。

 

ホストクラブがあるじゃないか、ヒモがいるじゃないか、という声もあるだろうが、ホストクラブは「キャバクラやスナック等に比べて超少ない」のは分かるだろう。

男をカネで買いたい女性も皆無とは言わないが、はっきりいって少数派だ。

 

知っている男性(彼氏)などが、そうなってしまった場合には養う女性もいるだろう。

しかしながら、最初からお金目的で近づいてきてもOK、という都合の良い女性はほぼ存在しない。

 

ママ活は、TwitterやPCMAXでの「僕とデートしてお金ください」という乞食のようなプロフかメッセージから始まるということになっている。

しかし、それに対する女性の反応は…

 

というのが実態のようだ。

 

PCMAXでママ活は無理。ホストクラブで働くべし

かなり調べたのだが、出会い系でママ活をしても、焼き肉をおごってもらえるのが関の山。

 

「お金をもらえた」「お金をあげた」と主張するママ活実践者のブログをうのみにするとしても、パパ活や愛人とはまったく違う相場で、生活していけるとは言い難い。

 

なので、容姿や女性を喜ばせることに自信があるなら(これはこれで才能だ)、PCMAXでのママ活をするのではなく、素直にホストクラブに入った方がいい。

 

新宿のホストクラブには、「カネで男を買う」という、性差に逆らった行動をとる稀有な女性が集まる。

逆に言えば、そういう女性はどこにでもいるものではないのだ。(そういう男性はどこにでもいるが)

 

PCMAXの公式サイトを見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事