女性は学生時代からプリクラを交換したりして、「自分で撮った写真」に親しんできた経験がある人が多い。

逆に、男性は一部の「セルフィー好き」みたいな人々以外、そういった経験はないことが多いだろう。

 

だからこそ、婚活サイトの様な場での写真をどうすべきか、よく分からないという男性が多い。

今回は、「婚活サイトで男は写真をどうすべき?」をお送りしたい。

 

ガチの婚活サイトなら男でも写真館に行くべき

もしあなたが使っているのが「楽天オーネット」などのガチの婚活サイト、というか結婚相談所なのであれば、写真館で撮った写真を出すのがいいだろう。

「○○○写真」とか、「フジカラー」とか書いてあるアレだ。

 

男性はスーツ、女性はそれに準じたきちんとした服か、場合によっては着物だ。

 

形式にもよるが、2000円くらいで撮ってくれる。

もちろん、服などを借りる場合には値段は跳ね上がるが、それはせずとも好いだろう。

 

さすがにプロが撮影するだけあり、いい感じになるのでおすすめだ。

(時間がない、お金がないのであれば自撮りもアリだが、これは加工することを前提にすべきだ)

 

しかしながら、「婚活サイト」とひとくくりにされてはいるが、実際には「婚活アプリ」という場合もあるだろう。

その場合には、こういう写真は気合が入り過ぎていてちょっと浮くので辞めた方がいい。

 

婚活アプリ(月額が5,000円を超えないものすべて)の場合、次の項からを読んでほしい。

 

婚活サイト・アプリに男性が写真を載せる場合

次に、結婚相談所のWeb版の様な「月額1万」の婚活サイト以外の場合。

ペアーズやウィズ、ゼクシィ縁結びやタップル誕生、マリッシュ、マッチドットコムやラブサーチも全部ここに入る。

 

この場合、「載せない」という選択肢もあるのだが、出会い系ならともかく婚活系のサイト・アプリだとそれは異端だ。

 

別に異端でもいいのだが、返信率が激下がりする。これはよくない。

なので、基本的には「写真を載せる」を前提として進めていこう。「どういう写真を載せるか」だ。

 

婚活サイトに少し加工した写真を載せる

今、婚活アプリでおそらく一番多くの女性が採用している戦略だ。

ちょっと加工した写メを載せる。

 

2年の婚活経験から言えば、出会ったときに、写真より増している場合と言うのはかなり少ない。

大体、写真の50%~90%の子が来る。

 

ということは、「奇跡の一枚」でもあると思うが、それよりは「若干加工している」子が多いと感じた。

 

男性もこの戦略を採用すべきだ。

女性もやっているのだし、何より「写真の80~90%が実物」になる程度の補正なら、「いい写真だった」~「奇跡の一枚だった」くらいにしか思われない。(卑怯な男だとまではいかない)

 

やり過ぎると、「詐欺写メのイケメンもどき」という印象になり、全てが台無しになる。

イメージで言えば、10点満点中6点の顔を7点にするのはアリだが、8点や9点にしてはいけない。

 

女性は結構ここまでやってしまっているのだが、はっきりいってめちゃくちゃ萎える。

男性がやると卑怯感が増すので、やらないようにしよう。

 

修正アプリはなんでもいいが、ビューティープラスとかが使いやすい。

香水と同じで、かけすぎは逆効果なのが補正なので、会うつもりの相手ならよく覚えておいてほしい。

 

婚活サイトには良い写真をそのまま載せる

写真写りの良い人は、これでもOKだ。

 

ハッキリ言って、女性は男性より写真の加工には慣れている。

加工してある写真と、加工していない写真を見抜けることもいい。

 

男性の過度な写真修正は、なぜか女性の写真修正より「卑怯」だと思われやすい。

男らしくない、というわけだ。

 

そんな中、写真を加工していないのはそれだけで好印象だ。

しかしながら、「良い写真」であるのが条件なので、いわゆる「奇跡の一枚」をそのまま提示するようにしたい。

 

この戦略はどうなのか、と思う人もいるだろうが、そもそも、加工写メでないと会ってくれず、真実の姿に幻滅されるような相手は、そもそも絶対に付き合うのも結婚するのも無理だ。

 

婚活サイトで男は写真をどうすべき?まとめ

今回の内容をまとめると、こうなる。

 

  • ガチの婚活サイト(結婚相談所)なら写真館で撮るべし
  • 婚活アプリなら2パターン
    • 少し加工した写真を載せる
    • 良い写真(奇跡の一枚)をそのまま載せる

 

男性でも、写真は非常に重要なので、くれぐれも手を抜かないようにしたい。

 

ちなみに最後に言えば、ブサイクの自覚があるのなら婚活サイトでも「少し加工した写真を載せる」でもいいと思う。

やはり、10点満点中1~2点なら3~4点にはしておきたい。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事