婚活と言えば、「入会基準」が気になる方もいらっしゃるのではないだろうか。

 

例えば、結婚相談所では、男性会員は「年収1,000万以上限定」や「医者・弁護士・東証一部上場企業限定」等の社会的ステータスが求められることが多い。逆に、女性は「24歳以下限定」など若さを求められることが多いようだ。

 

俺は結婚相談所ではなく「婚活アプリ(マッチングアプリ)」をおすすめしているわけだが、婚活アプリに入会基準はないのか、書いていきたい。

 

婚活アプリに入会基準はない、ただし

結論から言えば、婚活アプリ(マッチングアプリ)に入会基準はない。ここでいう入会基準とは、いわゆる年収や年齢などの「ステータス条件」だ。

 

実はwith(ウィズ)やPairs(ペアーズ)等の人気婚活アプリのほとんどは6割以上が20代であったりするので、実質「シニアは会いにくい」状態であるのは間違いないのだが、だからといって「40代以上お断り」などという規約はない。

 

同じく、多くのマッチングアプリでは年収を表示することになっているが、結婚相談所とは違い、その審査というのはない。(そもそも、入会時に記載するかどうかまで選べることが普通なので、書いてある人と書いていない人がおり、入会基準になりえない)

 

ただし、ルール無用で誰でも登録できるというわけではない。少なくとも、ほぼすべての優良マッチングアプリにおいて、独身者であることが求められる。

 

例えば、婚活アプリであるwith(ウィズ)やPairs(ペアーズ)においては、フェイスブックアカウントで登録するのが一般的だというのはご存知だと思う。その際に、フェイスブックアカウント上で「独身」以外のステータス(既婚や交際中)の場合には、マッチングアプリに登録することが出来ない仕様になっている。

 言い換えれば、フェイスブックアカウント上で自分のステータスを「独身」に変えてしまえば、婚活アプリにも簡単に登録できる。しかしながら、嫁や彼女にあなたのフェイスブックアカウントが「独身」になっていることが見つかった際には、面倒なことになること間違いなしだろう。

 

さらに、18歳以上で、フェイスブックアカウント上で10人以上の友達がいることも求められることが多い。

 

18歳以上であることを求めるのは、法律上の理由だ。年齢を確認しないまま「出会いサービス」「マッチングサービス」を提供した場合には、完全な違法アプリになってしまう。

 

逆に言えば、使っているアプリが年齢確認を行っていないという場合には、それは違法アプリである可能性が非常に高いので、使わないようにすることをおすすめする。(いわゆる出会い系サイトであっても、優良サイトであれば年齢確認は行っている)

 

次に、フェイスブックアカウント上で10人以上友達がいることを求める理由は、出来る限り「個人情報収集業者」を除くためだ。ご存じの通り、マッチングアプリのほとんどは女性無料なので、どうしても「一般女性のフリをして入ってくる悪質業者」は避けられない。これを排除するために、この要件がある。(もちろん、10人というのは割合簡単なので、これだけでは排除しきれておらず、マッチングアプリ内には業者が存在する)

 

 

入会基準を広げている婚活アプリも存在

婚活アプリには、入会基準がないどころか「入会の間口を広げる方向」に走っているアプリもある。

 

その顕著な例が、このサイトでもたびたびご紹介している婚活アプリマリッシュ(marrish)だ。このアプリは、再婚者の婚活アプリをうたっており、「シンパパ」「シンママ」という、(正直に言えば)本来なら歓迎されないステータスの会員を集めている。(見てみるとわかりやすい)

 

マリッシュ(marrish)を見てみる

 

このように、入会基準を絞るのではなく、「広げる」方向に踏み出すことで集客しているアプリもあるので、要チェックだ。

 

以上、今回は婚活アプリの入会基準についてお話してきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事