日本で、入院を一度もしたことがない人というのは結構いそうな感じがするが、俺は結構入院したことがある。

 

そんなことは何の自慢にもならないのだが、それでも入院したときに気づいたことがある。それが、「入院中の婚活はネット1択」ということだ。

 

今回は、入院中の婚活について書いていきたい。

 

入院中はヒマ。だからこそ

俺はテレビを見ない。本も読むときは年に300冊(1日1冊)くらいは読むのだが、「はい、本を読む時間ですよ」と言われてずっと本を読んでいられるタイプではない。

 

だから、数年前に入院中したときは本当に暇だった。いい年をして入院をしてしまった上に、入院経験は何回かあったから、何も真新しいものがなかった。同室の入院患者と話す気にもならない。

 

結構本腰を入れてやっていた婚活も、これでひとまず終了か、と思った。

 

毎週毎週婚活パーティーに行ったり、お見合いっぽいことをしたり、何やらイベントに出たり、結構頑張っていたのだが。職場は理解があるので助かっているが、さすがに婚活はいったん終わりかな。そう思った。

 

しかし、よーく考えてみると、婚活ってリアルに(対面で)やらないといけないのか?と思った。今時、出会い系や婚活アプリなどというものもあるじゃないか、と。

 

実は、それらはすでに登録していたのだが、「真面目な(婚活の)出会いには向かないんだろうな。俺、できればそろそろ結婚したいしな」と思っていたため、婚活アプリはスマホの壁紙の上で忘れられた存在になっていた。

 

入院中の婚活アプリの威力

というわけで、俺が本格的にマッチングアプリ(婚活アプリ)や出会い系サイトを使い始めたのは、婚活中に入院するようになってからだ。

 

この経験で、入院とネット出会い(婚活アプリや出会い系)はめちゃくちゃ相性がいいのが分かった。

 

婚活アプリのようなネット出会いというのは出会うまでに結構時間がかかる。まずは「いいね!」ボタンを押してから「いいね!」ボタンを押し返され、マッチングしなければならない。メッセージ交換はそのあとからとなる。メッセージのやり取りがうまくいき、デートの合意がとれても、「明日」とかにはならないだろう。

 

このように、マッチングアプリの出会いは、(上級者ならすぐに出会えるかもしれないが)初心者だと結構な時間がかかる。だから、「今すぐ出会えます!準備OK!」みたいなときに婚活アプリを使うと、かなりフラストレーションがたまる

 

「おいおい、一番近いデート予定が2週間後ってどういうことよ…」となることもある。しかも、そのデートを取り付けるまでに1~2週間がすでにかかっていたりする。

 

しかし、入院中であれば、そもそもこちら側が出会えない状況だ。「はじめまして」が病室というのも個人的には面白いと思うが、ほとんどの女性はそうは思わないだろう。

 

そう考えると、こちら的にもすぐに出会えないのは好都合で、入院の予定期間にもよるが1か月くらいかけてじっくりとアポ取りをしていくことが出来る。予定の組み方によっては、退院直後からデートラッシュ、ということだって可能なのだ。

 

まとめ:入院中に看護師さんに告白できない、そんなとき

入院中に可愛い看護師がいる

しかしながら、ピュアな俺には告白なんて無理、そんなとき。

 

婚活アプリで絞込検索(プロフィール検索)し、看護師さんを選ぼう。看護師さんは実はめちゃくちゃ多いので、必ずあなたの好みに合った看護師さんが引っかかる。

 

そして、その子たちに片っ端から「いいね!」ボタンを押し、メッセージ交換をするのだ。想像の中の画像は常に入院している病院のかわいい看護師さんだ。

 

何をトチ狂ったことを言っているんだ、と思うかもしれないが、俺はこれで入院生活を楽しく乗り切った

ぜひ試してみてほしい。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事