2018年2月18日。今日から、「俺の婚活」ブログを始めた。

 

このブログでやりたいことは、婚活アドバイスだ。

もちろん俺は婚活アドバイザーではないし、結婚相談所の相談員経験などもない、ただのブロガーだ。

 

しかし、伝えたいことがあるのだ。

 

俺は婚活2年で結婚することができた(現在既婚者)が、ハッキリ言ってめちゃくちゃ遠回りだったと思っている。

仮に今、俺がまた婚活をするとすれば、今度はたぶん、半年くらいで結婚出来るんじゃないかと思う。

 

最初に言っておくと、その根拠は2つある。簡単に追っていこう。

 

結婚相談所や婚活サイトよりマッチングアプリにしておけば良かった。

まず最初に言っておくと、婚活にはいくつか方法がある。

 

例えば、一番わかりやすいのは「結婚相談所」だ。

これは登録料などがべらぼうに高いが、定期的にお見合いがセットされるなどの利点がある。決してボッタクリだとは思わない。

 

次に、「婚活サイト」だ。楽天オーネットだとか、ノッツェだとか、ツヴァイなどがこれにあたる。

まさにこのサイトで語っていきたいことの一つなのだが、俺は婚活サイトはおすすめしない。「俺の婚活!」というサイト名なのにすまないが、それが俺の正直な気持ちだ。

 

最後に、「マッチングアプリ」と呼ばれているもの(ただし、Webサイトも含む)もある。結論から言えば、俺のおすすめはコレだ。

具体的には、withやPairs、ゼクシィ縁結び、match.comやラブサーチなどがこれにあたる。(俺の詳しいサイトはこういったもの)

 

 特にwithやPairs、ゼクシィ縁結びなどについては、「婚活サイト」だと思っている人は多いが、それは定義による。

当サイト「俺の婚活」では、入会金がなく月々4,000円くらいまでのものを「マッチングアプリ」と呼ぶことにする。
逆に、入会金で3万~10万円程度が取られ、月々1万円以上取られる「楽天オーネット」「ツヴァイ」「ノッツェ」などは当サイトではガチの「婚活サイト」と位置付けている。

 

なぜマッチングアプリの方がいいのかは、このサイトの中でガンガン語っていきたい。

それと、当サイトでは「マッチングアプリ」も広義の「婚活サイト」として扱いたい。その場合には「婚活サイト・マッチングアプリ」と書こうと思っている。

 

ちゃんとマッチングアプリ攻略法を学んでおけばよかった。

正直、一番大きいのは1つ目なのだが、もう一つ「後悔ポイント」がある。

それは、きちんとマッチングアプリ攻略法を学んでおけばよかった、ということだ。

 

実は俺はいわゆる「出会い系サイト」も使って婚活をしていたのだが、出会い系サイト、マッチングアプリ、婚活サイト、こういったネット出会いには、特有の攻略法がある。

ネットでそういうブログを書いている人が多いことは知っていたが、それが「重要だから書いてくれていた」と分かったのは、ずっと後になってからのことだった。

 

一部の「ガチの婚活サイト」を除き、ネット出会いでは、相手が100%素人だとは限らない。

さらに、ファーストメールと呼ばれるアプローチ方法や、メッセージ交換、連絡先を交換するタイミング、その後にどうデートにつなげるのか等、学ぶべきことは多い。

 

別に結婚できたからと言って上から目線で語るつもりはないのだが、婚活初心者だと、こういったことが出来ない人もいると思う。

俺も男子校出身で、こういう「当たり前のことが、さらっとできる」人間ではなかったから、同じタイプの人に向けて何か書きたいのだ。

 

おそらくは、俺と同じ苦労をすることなく、婚活を成功裏に終わらせられるようになるだろう。

というか、そういうコンテンツを書いていきたいと思っている。

 

こういう婚活サイトだと、サイトの選び方とかに終始している場合が多いが、それだけではダメだ。

サイト選びも重要だが、その後のやり取り、そしてデートをうまく運び、何よりも「関係を継続」することで初めて結婚ができる。
言葉にすると当たり前だが、それが重要だと感じている。

 

当サイト「俺の婚活」で書くこと

ここまで書いてきたことを踏まえ、当サイト「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」で書くことは大きく3つだ。

 

  • 婚活サイト・マッチングアプリ初心者向けの基礎知識
  • 婚活サイト・マッチングアプリの選び方(おすすめサイトの紹介や、各サイトの評価や口コミの調査等を含める)
  • 婚活サイト・マッチングアプリの攻略法(サイト内でのファーストメールから、お付き合いの継続方法まで)

 

それでは、「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」を今後ともよろしくお願いする。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事