婚活アプリを続けて、日夜「いいね!」を押しまくっている。

その甲斐あって、たまーにマッチングすることもある。

 

しかしながら、メッセージ交換の段階になると、多くの人にフェードアウトされてしまう

こういう人は意外に多いのではないかと思う。

 

今回は、メッセージ交換が得意でない方向けにメッセージ交換の基本について書いていきたい。

題して、「婚活アプリでメッセージ交換が続かない3つの原因」だ。

 

メッセージ交換が続かない原因1:相手の興味に合わせない

メッセージ交換が続かない原因の第一は、相手の興味を引くような会話ができていないことだ。

 

はっきり言うが、マッチングアプリ等のネット出会いにおいては、女性優位だということを認めよう。

男性がたくさんの女性とやりとりするのは難しいが、女性は基本的にたくさんの男性とやりとりしていると思うべきだ。

 

同じ男性として、「なんで男性側が合わせなきゃいけねーんだ?女性だって合わせるべきだろ?男尊女卑反対!」という気持ちも分からなくはないが、残念ながらそうはいかないのだ。

 

マッチングアプリにおいても、メッセージ交換まで行ったのなら「写真やスペックはOK」ということだが、それはあくまで第一関門。

第二関門は、メッセージ交換していて面白い人なのかどうか、だ。

 

とはいえ、ギャグを言えというのではない。

プロフィールに書いてある相手が食いつきそうな話をしよう、ということだ。

 

だから、実は「いいね!」をする段階で、ある程度趣味が近い女性を選んでおくと後が楽だ。

自分のしたい話をすれば、相手も喜んでくれる可能性が高いからだ。

 

メッセージ交換が続かない原因2:長さと頻度がずれている

メッセージ交換が続かない原因の二つ目は、メッセージの長さ、そしてメッセージ交換の頻度がずれているというものだ。

 

相手の興味がない話を延々としている男性は(リアルだとよく見るが)ネットだと少ない。

しかし、メッセージ交換の基本の「き」であるメッセージの長さや頻度がめちゃくちゃな男性は多い。

 

どういうことか。

 

メッセージというのは、長さが重要だ。長すぎても返しづらいし、短すぎても「やる気がないのかな」と思ってしまう。(「ふーん」の一言だったら大抵の男性が萎えるだろう)

ただし、この「長い」「短い」は人による。だから、相手に長さを合わせておけばOKというのが基本だ。

 

メッセージの頻度も同じだ。

遅すぎると「やる気がないのかな」と思ってしまうだろうし、早すぎても「めんどくさ。すぐ返されても嫌だから後で返そう」とフェードアウトされがちだ。

 

メッセージ交換が続かない原因3:誘わな過ぎ

一番ダメだし、一番多いと思われるのがこれ。

マッチングアプリに限らず、ネット出会いでのメッセージのやり取りには一つの目的がある。

 

それは、仲良くなること・・・ではない。

 

出会うためのアポを取ることだ。ネット出会いはインターネット出会いなのだから。

出会い系は出会うためにある。恋活アプリや婚活アプリも「バーチャル恋愛」ではなく「リアル恋愛」につなげるためにあるのだ。

 

だから、女性側は「中々誘ってこない男性」とはメッセージ交換を続けるのがしんどくなる

出会い系ならば他の男性と差別化するための「誠実さアピール」にもなったりするのだが、マッチングアプリではそうもいかない。

 

婚活や恋活では、女性は「結婚も考えられるちゃんとした相手と会いたい」と思っている。

メッセージ交換までたどり着いたということは、あなたは「結婚も考えられるちゃんとした相手」候補なのだ。

 

つまり?

 

相手はあなたと会いたい。「結婚も考えられるちゃんとした相手と会いたい」のだから。

相手もあなたと会いたがっているのだ。これは妄想ではない。

 

そして、誘うのは男性の仕事だ。

男尊女卑だ、とか思うかもしれないが、光源氏の古来からそういうことになっている。

 

だから、誘わな過ぎはダメだ。

ある程度仲良くなり、誘うのにちょうどいい話題(美味しい店など)になったら、「じゃあ、今度一緒に行きません?」とか言うべきだ。

 

誘い文句にルールはないが、はっきりきっぱり誘うこと。

これでダメなら「はい、次!」だ。誘わなければ始まらない。

 

まとめ

本日の内容をまとめよう。

 

  • 相手の興味に合わせたメッセージを送ろう
  • メッセージの長さと頻度は相手に合わせよう
  • デートに誘おう(大人のデートは食事も含む)

 

ということになる。参考になれば幸いだ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事