マッチングアプリを使っていて良いところ(マッチングアプリのメリット)の一つが、失恋に強いことだ。

 

普通に合コンやら同僚繋がりやらで恋愛している人に比べて、マッチングアプリの恋愛は異様に失恋に強く、「もう失恋なんて死んでも嫌だ」という恋愛におけるメンタルタフネスに自信がない人にはかなりお勧めできる。

 

というわけで今回は、マッチングアプリの出会いが「失恋に強い」理由を書いていきたい。

 

失恋の危険性と、キープがいる安心感

本命キープという言葉をご存知だろうか。「本命」のほうは分かりやすいと思うが、いちばん付き合いたい人、もしくはすでに付き合っている人だ。

 

一方、キープというのは、本命がダメになったときのために「念のためとっておく」人のことだ。正直に言ってあまり良い言葉とは言えないのだが、メンタルを維持するうえではキープというのは非常に重要だ。

 

そもそも、失恋でダメージを受けるというのは「本命しかいない」「1人しか目に入っていない」という状況で起きるのが普通だ。逆に言えば、本命がダメになっても次がいるのであれば、ダメージは少なめになる。そちら(キープ改め本命)に精力を注ぎなおそう、と思えるからだ。

 

恋愛ってそういうものじゃないでしょ、とお怒りの人もいると思うが、実際には本命一本にするリスクはめちゃくちゃ高い。失恋のダメージは他の失敗と同等か、それ以上に大きいものであり、失恋しての自殺、というのは古来より枚挙にいとまがないのだ。

 

そして、マッチングアプリではキープというのが作りやすい。というか、本命を作る間に何人ともメールをしまくることになるので、自然とキープがたくさんできる、と言ってもいいだろう。

 

本命とデートして、「あまりにイメージと違って幻滅した」「イメージと同じかそれ以上だったが、相手にフラれた」としたら、他にメールしていた人たちとまたメールを再開するだけだ。マッチングアプリというのは、そもそもメンタルダメージを負いにくい作りになっていると言えるだろう。

 

マッチングアプリなら次を作るのも簡単

マッチングアプリであれば、たとえ2番手、3番手(キープ)がいなかったとしても、ダメージは小さい。

 

たとえ逃した魚(=本命)が大きかったとしても、次を手に入れる釣り方をあなたはもう知っているからだ。本命に出会ったときと同じように、マッチングアプリで出会えばよいだけだ。

 

これが、クラスが同じだったとか、バイト先でたまたま出会ったとかの「運命の出会い」だと、ダメージは深刻である。

 

「もうあんな女性に出会えない」と思うのはもちろんのこと、実際に同じような出会いを再現する手段がない。転校するのか、職場を変えるのかくらいしかなくなってしまう。バイトだったら容易に変えられるかもしれないが、失恋のたびに運命的な出会いを求めてコミュニティ(学校や職場)を変えるのは現実的ではないのだ。

 

マッチングアプリであれば、失恋後も出会いはまたあると信じられる。すぐには逃した魚と同レベルの最高の女性には会えないかもしれないが、出会い続ければ必ず、今まで以上に良い女性は見つかる。

 

なぜそんなことを言えるかと言えば、あなたが逃した本命が数百万人いるマッチングアプリ会員の中で最高の女性だった確率というのは無視できるほど小さいからだ。数百万人とは言わずとも、マッチングアプリで100人も会えば、あなたの元カノ(もしくはフった女性)よりいい女には、99%出会えるはずだ。もちろんこれは男女問わず同じだ。

 

まとめ:マッチングアプリは失恋に強い

というわけで、以下の理由でマッチングアプリは失恋に強い。

 

  • マッチングアプリでは自然と2番手、3番手(キープ)が出来る
  • 次の出会いを見つけるのが容易(すでにマッチングアプリという「見つけ方」を知っている状況)

 

ビジネスでのメンタルタフネスがある人でも、恋愛になると傷付きやすいという人は男女問わず多い。もしあなたにそういう自覚があるのであれば、マッチングアプリというのも一つの手段だと思う。参考になれば。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事