マッチングアプリの名前、テキトーにつけていないだろうか。

もしくは、最初からついている(ことが多い)イニシャルのままにしていたりしないだろうか。

 

しかしながら、マッチングアプリの名前というのは、結構重要なポイントでもある。

特に男性の場合、ここを工夫しておくとマッチング率(いいね!してもらえる率)が上昇するので、今日はマッチングアプリの名前について書いていきたい。

 

マッチングアプリの名前は数少ない工夫ポイント

マッチングアプリでは、とにかくマッチングを目指すものだ。

 

当たり前だが、マッチングアプリは要は「出会いアプリ」なので、出会うために使っている人がほとんどだろう。

なので、とにかくマッチングしなきゃ意味がない。

 

なので、マッチング率を高める工夫はしておくべきだ。

 

そして、マッチングアプリの種類にもよるが、マッチングアプリで「いいね!」するときに絶対に見る点が、2つある。

それが、名前と写真だ。

 

写真はもともと意識して工夫している人が多いと思うが、名前も表示は確実にされる。

さらに、ペアーズやウィズだとプロフィール文章まで(基本的には)見ることになるが、タップル誕生などのティンダー系アプリだとここは初期表示されない。

 

写真の工夫のほうが確かに効果が高いのは間違いないが、名前の工夫にも意味はある。

マッチングアプリでの名前を工夫しておくに越したことはない。とくに男性は。

 

マッチングアプリの名前は覚えやすいものに

とはいえ、マッチングアプリの名前をどう工夫すればいいのだろう。

結論から言えば、覚えやすい名前にするのがいいと思う。

 

マッチングアプリの名前をわざわざ(初期設定に多いイニシャルから)変更するからには、インパクトも重要だ。

本名の下の名前という人もいるが、それではあまり意味がない。

 

以下のような名前が並んでいたら、あなたはどう思うだろうか。

 

  • しんじ
  • たかし
  • ゆうた
  • しゅうすけ
  • しょうや

 

おそらく、なんとも思わないのではないだろうか。

元カレの名前でもあれば話は少し違うが、プラスに働くかマイナスに働くかは分からない。

 

ちなみに俺は男性なので、こんな感じの一覧になっているが、これは普通過ぎて何とも思わない。

 

  • さや
  • なな
  • めぐみ
  • あや
  • まゆ

 

これは覚えにくい。

もちろんそれぞれいい名前だとは思うが、マッチングアプリ内の名前におけるインパクトは皆無だ。

 

 本名をフルネームで書くとインパクトはあるが、今の時代、特定も(SNSと結び付けて)簡単にできてしまうので、やめておこう。

 

マッチングアプリで覚えやすい名前の例

覚えやすい名前にするには、ひと工夫必要だ。

 

とはいえ、工夫しすぎてはダメだ。

例えば、「情熱のビジネスマン」とかね。張り切り過ぎてはいけない。

 

本名の下の名前を少しいじったものがおすすめだ。

いわゆるニックネームと言うやつだ。

 

実際にちょっとインパクトがあったやつで言えば…

 

  • はっち
  • ちゃんも
  • よっぴー
  • ぴんくま

 

だ。

全ておそらく本名か趣味・嗜好と関連があり、かつ(わりと)覚えやすい。

 

これは、いわゆる【あだ名】でもあるので、親近感も湧きやすいのがメリット。

こういったニックネームを活用することで、ライバルと若干の差をつけることが出来る。

 

最後に番外編

マッチングアプリの名前に関する2つの番外編を追記しておく。

 

番外編1:本名で行った方がいい場合

かなり婚活に近いアプリであれば、本名系で行った方がいいかもしれない。

 

アプリと言うより、もはや結婚相談所のWeb版の様な「婚活サイト」であれば、インパクトより誠実さ全開にした方が戦果はあがるかもしれない。

 

そのあたりの判断は、実際の登録者を見てみるといいと思う。

実際に見てみると、例えば「吉澤」さんが「よっぴー」と名乗るのは、恋活寄りのペアーズやウィズ、タップル誕生あたりでは全然OKそうだった。

 

さらに見ると、かなり婚活寄りのマリッシュやゼクシィ縁結びでもOKだった。(というか、俺は実際にニックネームで出会えている)

というわけで、基本このブログで紹介しているマッチングアプリならニックネームで全然OKのようだ。

 

番外編2:マッチングアプリで名前はいつ交換すべきか?

本名を聞くタイミングだが、これは早くてサイト外でやり取りするようになってから、遅くて実際に会ってから、だ。

 

サイトの外でやり取りするタイミング(連絡先交換のタイミング)は以下の記事に書いてあるので、参考にしてほしい。

 

婚活サイトでのLINEの交換・返信タイミングについて

 

以上、今回は「マッチングアプリの名前をどうすべきか」についてご紹介した。

あなたの参考になれば幸いだ。

 

※重要(2018年8月追記)

タップル誕生は出会いにくいため、現在は「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事