出会い系サイトを使っていた女性がマッチングアプリを見ると、驚くであろうことが一つある。

それは、イケメン率の多さだ。

 

マッチングアプリには、出会い系や婚活サイトに比べてイケメンが多い

一体なぜ、マッチングアプリは出会い系や婚活サイトに比べてイケメンを引き付けるのだろうか。

 

今回は、「マッチングアプリにイケメンが多い理由」について書いていきたい。

 

 実は、「イケメン」を「美女」に置き換えると、男女逆にしても通用する話なので、男性も読んでいただければ嬉しい。

 

マッチングアプリにイケメンが多い理由は容姿重視だから

マッチングアプリにイケメンが多い理由を早速説明しよう。

 

それは、マッチングアプリと言うのはネット出会いの中でも特に顔が大事(容姿重視)だからというものだ。

 

マッチングアプリは、基本的にプロフィールよりも写真が第一に表示される仕様になっている。

例えば、ウィズやペアーズの一覧画面では、基本的に写真プラス若干の情報しか表示されない仕組みだ。

 

ウィズやペアーズより、さらに写真重視のシステムもある。

アメリカ発のマッチングアプリ「ティンダー」のシステムを取り込んだ、サイバーエージェントの子会社運営の「タップル誕生」だ。

 

このタップル誕生は、ほぼ「写真のみを見てありかなしかを判断する」仕組みだ。

タップル誕生で写真における容姿が悪い場合には、不利になるなんていうレベルでは済まない。ほとんどマッチングしないだろう。

 

出会い系・婚活サイトでは容姿重視でないのでイケメンが少ない

それに引き換え、出会い系や婚活サイトでは、写真の重要性は低めだ。

 

出会い系サイトでは、マッチングアプリや婚活サイトに比較してアンダーグラウンドな(怪しい)イメージがあるからか、写真を公開している人自体が少なめ

それでも成り立つようにサイトが作られているので、必然的に写真の重要性は高くなくなるというわけだ。

 

一方、ガチの婚活サイトでは同じ理由に加え、別の理由も相まってイケメンが少ない。

 

婚活サイトは「条件」のほうが重要なので、容姿重視でないという理由が一つある。

これは出会い系サイトと原因は違うが、結果は同じだ。

 

後は、集まる層が違うというのもある。

婚活サイトで月額1万、入会金10万を払って婚活するのは、他の手段では相手が見つからなかった可能性が一定程度ある。

 

もちろん、合コンや自然な出会い、マッチングアプリや出会い系をすっ飛ばして「婚活サイト」に来た人もいるのだが、そうでないひともいる。

容姿だけが問題ではないだろうが、どうしても平均値として容姿は劣りがちになる。

 

さらに、年齢の問題もある。

容姿は、どうしても年齢とともに衰えていく。だから、年齢層が高めの婚活サイトはどうしても不利になる。

 

このような理由から、一般的な傾向として、写真に自信のある人がマッチングアプリを選びがちになる。

逆に、写真に自信のない人、容姿に劣る人は出会い系や婚活サイトを選ぶ、というわけだ。

 

容姿の理由は10%程度。マッチングアプリにイケメンが多い本当の理由は加工

ここまで、主に「容姿の重要度」を理由として出会い系や婚活サイトよりマッチングアプリにイケメンが多いと論じてきた。

 

確かにその理由は正しいと思うのだが、マッチングアプリにイケメンが多い理由のすべてを説明してはいない。

というか、せいぜい「理由全体の10%程度しか説明しない」というのがフェアな言い方だろう。

 

それでは、残りの9割、大部分の理由と言うのは何なのだろうか。

 

それは、加工である。

プロフィール写真の加工が、マッチングアプリでは盛んなのだ。

 

百万人単位で人間が集まるなら、平均値が大幅に変わるはずがない。

「イケメンが多いアプリ」「美女が多いアプリ」といわれても若干の違いか、もしくは幻想にすぎない。

 

つまり、マッチングアプリでは写真が重要すぎるので、男性であっても加工写真を出す人が多い。

だから、マッチングアプリには加工イケメンが多い。ただ単に、そういうことなのだ。

 

さらに、マッチングアプリは10代後半から20代が中心層。

「写真加工アプリ」を使いこなす年代ともいえ、それがさらに加工アプリの蔓延を招いている。

 

もっと言えば、最近のアプリは加工の度合いがソフトだ。

相手が専門家でもない限り、気づかれずに加工することが出来るし、若干の加工でも印象は随分違う。

 

というわけで、「マッチングアプリにイケメンが多い」という言説の9割は幻想だ。

数十万、数百万人もいれば、その顔面偏差値の分布は日本人口と同じになる。

 

マッチングアプリにイケメンが多い、はほぼ幻想なので、それは覚えておいてほしい。

PCMAXとペアーズのイケメン度は、変わらない。(美女度もそう)

 

PCMAXの無料会員登録をする

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事