マッチングアプリを使っていると、とんでもなく遠い地方の人とマッチング(遠距離マッチング)することがある。

 

地域検索で(地域でフィルタリングして)自分から探した場合、そういうことは起きないのだが、そういったことをしていない人もいる。

だから、自分は東京住みなのに、マッチングしたタイプの人は遠距離の福岡の方だった、ということがある。

 

そんなときには、どうしたらいいのだろうか。

今回は「マッチングアプリの遠距離も捨てがたい」をお送りする。

 

遠距離でのマッチングは結構多い

マッチングアプリにおいて、遠距離でマッチングすることは少なくない。

実際、俺もタップル誕生で、ここ最近でマッチングした人の住まいを見てみたが、広島と福岡の人がいた。(俺は東京に住んでいる)

 

全体では20人ほどを見たので、1割くらいは遠距離マッチングということになる。

 

実際に会えるかどうかというところまで気にして「いいね!(ウィズやペアーズ)」「いいかも(タップル誕生)」を押している人もいるが、そうでない人もいる。

あなたもすでにマッチングアプリを使っているなら、地域をちゃんと見ると、結構遠距離マッチングしていることに気づくと思う。

 

マッチングアプリの遠距離はチャンス?

それでは、実際にマッチングアプリにおいて、遠距離マッチングした場合にはどうしたらいいのだろうか。

 

これを考える前に、遠距離マッチングの意味を考えよう。

 

自分も、相手も「いいね」し合っているのは当たり前だ。(これは遠距離に限らない)

しかし、遠距離の場合には、「遠距離だとわかっても」いいねし合っているという要素が加わる。

 

どちらも「遠距離だと気づかなかった」という可能性もあるが、「あれ、遠くの人じゃん」と気づく人のほうが多いだろう。

 

会えないかもしれないけど、片方の人が数少ない「いいね」を使ってアプローチし、もう一方も、会えないかもだけどOKした、ということだ。

なので、遠距離マッチングは結構「いいじゃん」度が高い場合が多い。

 

要は、遠距離という要素を覗けば、チャンスだったりするのだ。

 

俺のマッチングアプリでの遠距離体験談

俺自身、マッチングアプリというか、出会い系アプリの利用時に、京都の子と知り合って新幹線で会いに行ったことがある。

 

顔とかは写真で完全にわかっていたし、性格もほぼ分かっていた。

なので、まったく失敗はせず、普通に恋人になって東京に帰ってきた。

 

そこからは当然ながら遠距離恋愛となり、(紆余曲折あったが)やがて消滅してしまった。

しかしながら、今でも良い思い出であり、後悔したことは全くない。

 

マッチングアプリの遠距離はたまに実る。ロマンチック要素もあって悪くない

遠距離恋愛が失敗に終わるかどうかは、お互いの状況によるだろう。

(そもそも、結婚に結び付かない=失敗、としてしまったらほとんどの恋愛は失敗だ)

 

ここで言いたいのは、出会い系やマッチングアプリで遠距離マッチングした場合、たまに実るということだ。

特に、少なくとも片方に「じゃあ、行ってみっか!」という行動力があれば、その可能性は結構高い。

 

なぜなら、前述したように、遠距離でもマッチングしたということは結構合っているということ。

 

さらにいえば、「京都の子とマッチングして、会いに行く」というのは結構ロマンチックに感じた。

相手も、「東京の人が会いに来てくれる」というのはドキドキするというか、ロマンチックに感じたと言っていた。

 

そういう要素もあるので、遠距離というだけでマイナスというわけではないのだ。

(すごく個人的なことを言うと、京都の子の京都弁が可愛くて、こういうところもプラスだった)

 

マッチングアプリでの遠距離まとめ

色々書いてきたが、実際今回言いたかったことは1つだ。

 

遠距離だからマッチングしても意味なし、と思っている人に、「いや、結構遠距離マッチングも意味あるよ?一回まったく違う地方の人と付き合ってみたら?」ということだ。

 

特に婚活であれば、自分の環境を「変えたくない」という人と「ガラっと変えてみたい」という人がいるだろう。

後者であれば、マッチングアプリ(婚活アプリ)で遠距離を狙いに行くのもかなりありだと思う。

 

※重要(2018年8月追記)

タップル誕生は出会いにくいため、現在は「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事