当サイトでは、一貫して出会うため、そして結婚するために「マッチングアプリ」をおすすめしている。

ただ、「おすすめ」「メリット」「強み」ばかり強調されると、「じゃあ、デメリットないのかよ?」と疑いたくなるのが人間というものだ。

 

マッチングアプリにもデメリットはある。

今回は、マッチングアプリ(婚活アプリ・恋活アプリ)の悪い面だけにフォーカスして正直に暴露しよう。

 

マッチングアプリはアプローチの回数制限がひどい

マッチングアプリのほとんどには、「回数制限」がある。

 

例えば、

  • ペアーズやウィズでは月間30回までしか「いいね!」ができない
  • ゼクシィ縁結びやマリッシュでは1日当たり5~7回分しか「いいね!」が出来ない
  • タップル誕生では「いいかも」できる写真の数に制限がある

などだ。

 

ゆったり出会っていくつもりなら、この制限はさほど問題ではない。

しかし、本気で彼女が欲しいときや、ガッツリ「婚活」「恋活」をしたいときには物足りないと思う人がほとんどだと思う。

 

ぶっちゃけ「いいね!」30回なんて、1か月(=30日)どころか「30分」で使いきることもできるレベルの少なさだ。

 

これに対して、「PCMAX」などの出会い系サイトは「従量課金」なので、お金はかかるがいくらでもアプローチが可能。

 

「マッチドットコム」などの月額定額制出会い系には、そもそもアプローチの制限がない。

(※ マッチングアプリと同じような料金・価格で、無限にメールできるということ)

 

なので、ガッツリ恋活するなら「PCMAX」、ガッツリ婚活するなら「マッチ・ドットコム 」のほうがおすすめな部分はどうしても出てくる。

個人的に、これが「マッチングアプリ最大の弱点」だと思う。

 

マッチングアプリは20代~30代前半までしか使えない

次に、マッチングアプリの年齢層は「20代」に偏っている。

 

最大手のペアーズでは、6割が20代だと明言されている。

タップル誕生では、10代と20代を合わせて8割を超えるため、はっきりいって「30代以上はお呼びではない」感が強い。

 

それでも、一応「アラサー」に入る「30代前半」ならまだいい。

そうではなく、「30代後半」になってくるといよいよ「疎外感」を感じ始めると思う。

 

なお、出会い系や婚活サイトでは、ある程度「30代~60代」の層がいることが分かっている。

(※ 以下は月額定額制出会い系「ラブサーチ」の年齢層)

 

残念ながら、中高年の出会いはマッチングアプリでは無理だと思ってほしい。

 

マッチングアプリの「出会いのコスパ」は高くない

「アプローチの回数制限」の話と近いが、マッチングアプリの「出会いのコスパ」はそう高くない。

 

競合となる「婚活サイト」がゴミ過ぎるので一見マシに見える。

 

ただし、実際には「いいね!」30回で3,000円位だ。

すでに使っている方は、「いいね!」ボタンを1回押すだけで100円と考えると、結構恐ろしい部分があると思わないだろうか。

 

この「いいね!」では、出会い系と違って文章が何も伝えられないのが痛い。

 

無限にメールができる「月額定額制出会い系」に大敗北なのは当然。

場合によっては、ポイント制出会い系(1メール50円)にすらコスパで負けかねない。

 

「マッチングアプリで真面目な出会い」とかいうブログ名なのに恐縮だが、正直に言おう。

最近は(月額定額制出会い系の)マッチドットコムがコスパ最強なのではないかと思っており、実際メインで利用している。

 

マッチ・ドットコム

 

女性無料のマッチングアプリには業者も多い

マッチングアプリには、実は業者がわんさか存在する。

はっきり言って、最近は「出会い系並み」だ。

 

それもそのはず、マッチングアプリは「出会い系とは違う」を売りにしているので、クリーンなイメージが強い。

 

それなのに、「女性無料」なのは出会い系と同じだから、「女性の業者」はめちゃくちゃ入り込んでいる。

最近のマッチングアプリでは、業者の避け方は必須だと覚えておこう。

婚活サイト・マッチングアプリの業者とは。避け方を初心者向けにわかりやすく説明。

 

なお、業者を避けるのがどうしても苦手な人は、「女性料金も有料の出会い系やマッチングアプリを使う」というのがおすすめだ。

女性も男性も有料ということは、業者もお金を払って出会う必要があるということだ。

 

ビジネスにおいて「固定費の増加」は出来るだけ避けたいことであり、それは業者だって同じだ。

他にいくらでも「女性無料」の出会い系やマッチングアプリがあるので、わざわざ「女性有料」のサイトで活動する業者は少ない。

 

女性有料のマッチドットコムなどであれば、「業者の少なさ(ほぼいない)」を実感できるのは間違いない。

 

ただしイケメンに限る(ブサイクお断り)

2018年9月29日時点、当サイトで最もアクセスがある記事が、以下の2つだ。

マッチングアプリにブスは多いか?対処法は?

写真なしの子に美人が多い理由!ブスが写メを出すのはなぜ?

 

マッチングアプリを使う人の中で、以下に「ブスを避けたい」「美人に会いたい」という希望が多いかが分かる。

 

もちろん、気持ちはわかる。俺もどうせなら美人に出会いたい。

 

ただし、これは「出会い系ユーザー」も「マッチングアプリユーザー」も同じことを思っている。

その意味では同じだ。

 

しかし、異なる点が一つある。

それは、「マッチングアプリではほぼ写真が必須」ということだ。

 

出会い系では「いかがわしい出会い」もあるため、顔出しNGの素人と言うのはたくさんいる。

 

しかし、マッチングアプリは中途半端に「真面目・爽やかな出会い」という雰囲気である。

そのうえ、フェイスブックに連動していたりして「写真が掲載されやすい」仕組みだ。タップル誕生などの「写真超重視のシステム」では、写真がないと判断自体出来ない場合すらある。

 

そういう意味で、マッチングアプリでは「写真があるかどうか」が「いいね!」をもらえるかどうか(返してもらえるかも含む)の分かれ目になる。

 

こういった事情から「写真を載せる」ことになるのだが、これが問題だ。

簡単に言えば、残酷なほどに「イケメンとブサメン」「美女とブス」の差が付くのがマッチングアプリなのだ。

 

マッチングアプリの「雰囲気」のなかでは、相当のブスでさえ写真を出さざるを得ない。実際、よく見かけて何とも言えない気持ちになる。

 

これは一見、男性から見れば「ブスが先にわかっていいじゃん」といえるが、それは自分の身にも降りかかる。

顔や写真写りに自信がない男性は、驚くほど「いいね!」をもらえない。

 

というわけで、マッチングアプリは「ただしイケメン(美女)に限る」仕組みだと言える。

 

実は、出会い系並みに「ヤリモク」もいる

最後は女性向けの話だ。

 

男性は飛ばしてしまってOKだ。

 

マッチングアプリは「クリーンなイメージ」に反して、ヤリモク(エッチ目的)の男性も多い。

 

それもそのはず、男性と言うのはエッチしたがるもので、「出会い系に登録する男性は性欲が強い」「マッチングアプリに登録する男性は性欲が薄い」などということはない

特に、ヤリたい盛りの10代後半~20代がほとんどであるという年齢構成からすれば、「出会い系よりヤリモク割合が多い」かもしれない。

 

というわけで、出会い系と同じくらい、もしくはそれ以上に「ヤリモク男性」がいるのがマッチングアプリだ。

なので、相手の見極めや、エッチを許すタイミングには注意が必要だ。

 

マッチングアプリのデメリットまとめ

以上、今回は「マッチングアプリのデメリット」を徹底的に列挙してきた。

 

もちろんマッチングアプリにも良い面は多いが、今回挙げた点に我慢ならないという方もいるだろう。

 

そういう方は、月額定額制出会い系のマッチドットコム(match.com)を検討してみてほしい。

2018年9月29日時点で俺自身が利用しているが、今回挙げた「回数制限」「年齢層」「コスパ」「業者」「イケメンに限る」などほぼ全てのデメリットが存在しない。

 

マッチ・ドットコム

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事