婚活サイト、マッチングアプリ、出会い系。この3つはまとめて「出会い系」と言われてしまうこともあるし、「ネット出会い」という共通のくくりであることは間違いない。

 

しかしながら、これらに集まる年齢層はかなり違う。今日は、この「ネット出会いの年齢層」についてお話したい。

 

マッチングアプリで中高年(40代以上)は1割以下

まず、衝撃的な事実からいこう。当サイト「俺の婚活」は婚活にマッチングアプリ(婚活アプリ)を推奨している。具体例で言えば、恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)とかだ。

 

しかし、これは誰にでもおすすめ出来る選択肢ではない。実は、マッチングアプリというのは相当年齢層が偏っている。

 

以前、マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」を運営する株式会社エウレカの社長インタビューに、こんなことが書いてあった。(検索してみたが見つからないので、覚えていることを書いておく)

 

20代が6割、40代以上は1割以下しかいない

 

これは割と衝撃だ。40代以上の人が結婚相手を同世代で探した場合、あまりにも数が少ないと思わないだろうか。100人いたら、40代以上は数名。しかも、そのうち何人があなたにとって「魅力的な人」なのかも怪しい。(ネット出会いでは、どうしても数を打つ必要がある)

 

たぶん、俺がおすすめするwith(ウィズ)もこんな感じの年齢構成だと思う。(違う理由がない)

 

以上をまとめると、マッチングアプリの婚活が向いているのは30代まで。40代以降の婚活は、別の手段をとるべきということだ。

 

中高年にマッチングアプリは向かない。婚活サイトはどうか?

残るはいわゆる「出会い系」と「婚活サイト」だ。先に婚活サイトからいこう。

 

婚活サイトには、40代以上も結構登録しているが、問題はお金だ。初期費用10万、そして月額料金1万が平均でかかってくる。これを出せるかどうか(出してもいいと思えるかどうか)が、一つ目のポイントだ。

 

婚活サイトのもう一つのポイントは、条件。あなたが婚活向きの条件、つまり「安定収入」「長男でない」「女性なら若い」「男性ならお金がある」等の要件を満たしていれば、婚活サイトでもモテる。しかし、そうでなければ「高いカネを払って何も得られなかったパターン」もあり得る。

 

あなたがこの2つをクリアしていそうなら、結婚情報比較ネットとかで資料請求してみるといい。(もちろん無料)

 

そうでない方は、次に進んでほしい。

 

出会い系が中高年のネット出会い最後の砦

私は婚活サイト・マッチングアプリ・出会い系と全て使ってきたが、「誰にもおすすめ出来る度合い」でいえば出会い系が間違いなくトップだ。出会い系は、いかなる目的にも対応しているからだ。

 

以前調べてみたことがあるが、出会い系には40代以上が3割存在する。マッチングアプリの3倍以上だ。(これは俺以外にも調べている人がいた記憶がある)

 

「婚活が出来るのか?いかがわしい出会いしかないのではないか?」という人もいると思うが、登録している人の多くは真面目な出会いを望んでいると思う。(ただ、業者や一部のいかがわしい目的の人間が派手に動くので、そう見えているだけだ)

 

中高年のネット婚活は、出会い系でやるのもアリだ。その際の注意点は、2つ。

 

一つは、「ピュア掲示板」「プロフィール検索」のみを用い、アダルト系の掲示板(サイトによって呼称が異なる)は使わないこと。アダルト系の投稿をしている人にアプローチするのもNGだ。99%業者なので、初心者のうちは近寄ってはいけない。

 

もう一つは、出会い系には様々な業者が多いので、その知識を十分につけてからいくこと。業者を避けることが出来れば、出会い系で素人に会いまくれる日は近い。(※ 業者っていったい何よ?って人は、業者とはの記事をどうぞ)

 

最後に、使うべきサイト。中高年の出会い専門の「華の会メール」というものが売り出し中で、これに行ってしまう人も多いが、めちゃくちゃ高くて会いづらい「詐欺ではないがダメなサイト」なので、おすすめしない。普通に王道のPCMAXを使うべきだろう。

 

以上、今回は中高年に向いたネット出会いについて書いてきた。参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事