美人局というのが何か、ご存知だろうか?

「つつもたせ」と読む。これがどういう意味かは知っている人のほうが多いと思うが、一応書いておく。

 

下品な話で申し訳ないが、男性のモノが「つつ(筒)」のような形をしているのがつつもたせの由来と言われる。(丁半博打から来ている説もあり)

つつ持たせたところで、「うちの女房(俺の彼女)に何してくれる!」とヤクザみたいなのが現れて金品を要求する手口を、美人局という。

 

「出会い」の場で常に怖がられる美人局だが、今日は「マッチングアプリに美人局はいるのか」をお送りしたい。

 

出会い系でも見かけない美人局

結論から言えば、現在、このような「美人局」という手口はあまり見かけない

皆無とは言わないが、婚活前から出会い系サイトを度々使っていても、はっきり言って美人局の被害に遭ったことはない。

 

さらに言えば、マッチングアプリでは「既婚者」「17歳以下」は参加できないはずなので、つつもたせリスクはさらに減る。

(後述するが、つつもたせは既婚者であることも重要な要素なのだ。)

 

というわけで、一言で言うと「マッチングアプリで美人局に遭うのはすごいレアケース」となる。

 

しかしながら、出会いの場である以上、絶対にありえないことではない。

さらにいえば、出会い系を並行して使っている方もいるだろう。(かつての俺のように)

 

なので、美人局でよくあるケースを少しだけ解説し、対策を述べたい。

 

美人局でよくあるケース

まず、このあと説明する「2つのパターン」以外は、あなたと相手は自由恋愛なので、ヤクザに言いがかりをつけようがお金を払ってはいけない。

もしくは、暴力が振るわれそうなら払ってすぐに警察に駆け込もう。「強盗」にあたる可能性もあり、普通に凶悪犯罪として動いてくれる。

 

厄介なのは、「2つのパターン」だ。

 

一つは、相手が既婚女性だった場合。これを知っていて不貞行為に及び、「旦那のヤクザ」が来た場合には、慰謝料請求などが本当にありうる。

知らなかった場合は、実際に既婚者でも大丈夫なので安心しよう。(払う必要はない)

 

もう一つのパターンは、相手が17歳以下だった場合。これはたとえあなたが「相手は17歳以下」と知らなくても犯罪になることがある

既婚者よりも相当厳しいので、注意が必要だ。いわゆる「オヤジ狩り」で、金品を要求されることがある。

 

 本来なら児童買春罪は「相手が18歳未満であることを知っている」「そう想定できる」場合にのみ成立するのだが、それが通用しない場合もあるので注意だ。

 

美人局の対策は?

美人局の対策は、既婚者と17歳以下に手を出さないことだ。

これに尽きるといってもいい。

 

既婚者でなければ、法的な慰謝料請求は生じることがないので、相手の金品要求はただの脅迫だ。

無理やり金をとれば強盗だ。立派な「重大犯罪」にあたるので、警察も「騙されちゃいましたね」で済ますことはない。

 

17歳以下でも、知らなかったのであれば本来、犯罪にならない。

ラインやメールで、年齢確認しておくのが重要だ。タバコを吸っていたり、お酒を飲んでいる事実を残すのでもいい。(だから、20歳以上だと思った、と言える)

 

ただし、相手がヤクザの場合、上記の2パターン以外でも「脅し」によってお金をとろうとすることがあるかもしれない。

あなた自身にもぶっちゃけ何らかの形で非があるパターンもあるだろう。

 

そういう時のために、あなたのプライベートを明かさないようにしておくのが非常に重要だ。

これさえしておけば、当日を乗り切れば(逃げ切れば)なんとかなるからだ。

 

ヤクザというのは(多くの場合)ビジネスマンなので、本当に暴力をふるったりはしない。

もちろん、そうなりそうなら怪我をしたり死ぬよりはましなのでお金を払うべきだが、その場合は普通に強盗なのですぐに警察に駆け込もう。

 

まあただ、マッチングアプリを利用しているのであれば、「既婚者は登録できず、17歳以下は登録できないので【18歳以上の独身】だと思っていた」が通用する。

 

むしろこれが通用しなかったら、ペアーズやウィズ(株式会社エウレカやイグニス)を訴えることも可能だと思うので、法的には100%あなたが有利だ。マッチングアプリを利用しておけば美人局は99.9%ないといってもいいだろう。参考になれば。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事