特に女性を中心に、「親に孫の顔を見せるために結婚したい」という人もいると思う。

実際、婚活している人の中には、それを公言している人も結構いる。

 

というわけで、今日は「親に孫の顔を見せるための婚活で気を付けること」について書いていきたい。

 

 今回の記事は、主に「親に孫の顔を見せるために婚活している」女性向けだ。
男性だと、この目的だけで婚活をしている人というのはあまりいなさそうだからだ。

 

親孝行の目的ってつまり

親に孫の顔を見せるために婚活。これは、つまり親のために婚活をしているということだ。

 

特に女性を中心に、これをマッチングアプリ等のプロフィールに書いている人は結構いる。

男性としても子供好きという人は多いので、一見問題ないように見える。

 

外面的には「親孝行」「結婚する気がある人だけを引き寄せる」「子供好きだけを引き寄せる」という意味で、意味があるように見える。

 

しかし、この「親に孫の顔を見せるため」という目的は、出来る限り言わない方がいいと思う。

親孝行が目的ということはつまり、相手という一番大事なパーツが含まれていないということだからだ。

 

男のカラダ目的と女の子供目的は同じ

これは、あるビジネス書の作者が言っていたことなのだが、俺自身は強く納得したので書いておきたい。

 

男性の「カラダ目的(エッチ目的)」と、女性の「子供目的」は同じだと考えてほしい。

この2つでは何が同じかというと、相手に与える悪印象(俺(私)自身を見てはいないんだな、という悪印象)の点で同じなのだ。

 

男性が体だけが目的で近づくとすれば、相手の女性はかなり嫌だと思うだろうし、そもそもお付き合いすらしないだろう。

女性が子供だけを目的で近づくとすれば、男性からすると「子供が出来れば誰でもいいのかよ」と思ってしまうし、正直かなり萎えることなのだ。

 

実際には男性だって、結婚する理由の何割かはカラダ目的だろう。

しかしながら、「カラダ目的」というのはいかにも見栄えが悪いので、男性が口にすることは少ないと思う。

 

一方で、女性が「赤ちゃんが欲しくて」というのは見栄えの悪さがさほどないから、口にしがちだし、表明しがちだ。

しかしながら、多くの男性は赤ちゃんを作ることよりもまずは自分を見てもらい、愛してもらうことを望んでいる

 

お互いに年季の入った夫婦であればそんなことはないが、「出会い」の時点で「親に孫の顔を見せるため」などという理由を明らかにされたら、男性はよくて興ざめ、悪ければドン引きである。

 

繰り返しになるが、男性のカラダ目的と、女性の子供目的は同じだ。

本心はカラダ目的だったり子供目的だったりしてもいいと思うが、相手を逃さないためにもまずは「良い相手と出会いたい」「好きになれる人と結婚したい」というスタンスで行くのが一番いいと思う。

 

プロフィールは婚活ありきより恋活系のほうが受けがいい

というわけで、実は婚活アプリでも、プロフィールは婚活よりは恋活寄りにしておいた方が男性にはウケる。

 

つまり、「結婚できる方だけを探している」「赤ちゃんが欲しいという人のみ」とかいうのは、男性から見たら地雷だ。

ここで注意してほしいのは、結婚や子供を望まない男性からだけでなく、結婚や子供を望んでいる男性から見ても地雷である点である。

 

男性というのは、女性ほど母性本能が強くない。我が子よりも、とりあえずは自分が愛されたいのだ。

だから、結婚という契約形態や子供という結果にこだわる女性というのは、男性からすると女性に見えない

 

生活していくためのATMを探している人には見えるかもしれないし、未来の子供の父親を探している人には見えるかもしれないが、男性を探している女性には見えない。

こうなってしまっては、その女性の婚活は「よほど選択肢がなかった男性」とすることになる。

 

というわけで、婚活アプリのプロフィールは婚活を前面に押し出すのではなく、恋活系で行くことをおすすめする。

以上、今回は「親に孫の顔を見せるための婚活で気を付けること」についてお話してきた。参考になれば幸いだ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事