今回は、一応「業者・サクラを見分ける方法」というカテゴリーの記事なのだが、別に業者やサクラの話ではない。

しかしながら、業者やサクラと同じくらいの地雷についての話だ。

 

俺は婚活をマッチングアプリで行い、それ以前から出会いは出会い系にお任せな「ネット出会い人間」だった。

その経験から、100%地雷だという素人女について書いてみたい。

 

自分より食う女はやめとけ

結論から言うと、出会い系のデートで食べることに気を使えない女はやめておこう。

 

もちろん、ギャル曽根みたいな女性という意味ではない。

それはそれで食費がかかるから結婚とかはやめておいた方がいい物件なのかもしれないが、そういう意味ではない。

 

婚活の場で、「出会い欲」より「食欲」が優先になってしまう女性ということだ。

こういう女性は、はっきり言って自分のことしか考えていない人ばかりだ。

 

その場その場でTPOに合わせた行動というのが出来ない。

婚活の場なのに、相手より多く食べて得をしよう、というあさましい行動原理で動いている。

 

女性はがっついた人間だとみられたくはない

まず、初対面で、女性は「がっついている」とは思われたくないものだ。

これは、男性に対してもそうだし、食べ物に対してもそうだ。

 

だから、どんなにイケメンが出ようが、美味しい食事が出ようが、相手の出方をうかがうのが普通だ。

(これは、女性だけでなく、男性もそうだろうと思うけれども)

 

相手が食べるペースを見て自分も食べるだろうし、相手の食いつきを見て自分も相手への食いつき具合を見せていく。

これが婚活アプリからの最初のデートや、婚活パーティーなどの「初回」での常識的な動き方だと思う。

 

しかしながら、こういうのを完全に無視してくる人がいるのだ。

 

普通の日本女性は、男性より「早く、たくさん」食べようとはしないが、こういう女性は平気でしてくる。

(本人的には、悪いとも、みっともないとも全く思っていないのだ)

 

おそらくこういうタイプには、長く婚活をやっていれば1度ならず出会うことになると思う。

 

食べまくる女は本当に厄介

俺自身、婚活においてこういう女に出会ったことがあるが、本当に厄介だ。

こういう女性は「相手の出方を見る」とか「気遣う」とかの日本人なら誰でも出来る部分が欠けているので、面倒なのだ。

 

どう面倒かと言えば、例えばストーカー化することがある。

相手がどう思っているかの距離感などは無視の人間なので、独りよがりの一方的なアプローチをしてくることが多い。

 

だから、食べまくる女に安易に連絡先を教えるのはやめた方がいい

俺など、教えたLINEに1年間にわたりメッセージが届いたことがある。(頻度はそれほどでもないので、ブロックせずいたが)

 

婚活アプリならネットだけの付き合いだから良いが、結婚相談所でもこういう奴はいる。

会ったときは食欲の塊だったのに、実はこちらにすごく惹かれていたなどとのたまう。

 

それでいてこちらからの評価が芳しくないと発狂することがある。

 

結婚相談所を通じてクレームを付けてきた人がいた。(好感触だと思ったのに、という理由だ。こちらに何か落ち度があったわけではない)

結婚相談所もクレーマー気質で困っている人ということだった。

 

やはり、こういう人は食事時も自分の欲望のみに忠実だ。

俺より食わないと元が取れない、とばかりに食いまくっているのが印象的だった。

 

まとめ

俺が何年も出会い系やマッチングアプリをやっている中で、素人なのに地雷なタイプが食う女だ。

必ずしもデブとは限らないのだが、相手のことを考えられない地雷であることは間違いない。

 

食事だけで何が言えるのか、と思う男性もいるだろうが、その場合にはぜひ自分の目で確かめてほしい。

こういう場での常識がない女性というのは、他の行動においてもかなりの確率で地雷なのだ。

 

ちょっと恨みつらみ系記事になってしまったが、許してほしい。(実際にそうだからだ)

ほんの少しでも、あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事