「あの人、良い人ではあるんだけど・・・」と言われてしまう男がいる。

そういわれてしまうやつは、大抵、優しい男だ。セクハラともパワハラとも無縁の、良い奴であることが多い。

 

同性の人間関係であれば、こういうやつはいてもらった方がいい。友達になりたいタイプだ。

職場でも、人間関係を円滑にしてくれるし、真面目に仕事をこなすので、やっぱりいいヤツだ。

 

しかし、異性との関係、つまり婚活では敬遠されてしまうことが多い

 

今日は、俺が婚活の場でよく見た「女性にアプローチできない優しい男性」の話をしたい。

 

女性に優しいのと意気地がないのは違う

まず、恐ろしいことだが、こういう「優しい男」タイプは、なぜ優しい俺がモテないのか、と思っていることが多い。

「女性は優しい男が好き」であり、「俺は優しい」から、「俺はモテるはず」なのにどうしてだろう、と。

 

女性は優しい男が好きなのは事実だと思う。

ただ、女性に優しいということと、意気地がないということは違う

 

婚活の場によくいる「優しい男」は、実際には女性に拒絶されるのが怖いだけであるという場合が多い。

つまり、女性に対して優しいのではなく、傷つきやすい自分に対して優しいのだ。

 

実際、女性に踏み込めば、「あなたはあまり好きじゃない」と言われることだって十分あり得る。

これが怖くて踏み込めていないだけであり、女性はそれを見抜いている。

 

いつまで紳士を気取るのか。婚活で口説かないのはレディに失礼である

いや、女性だって仲良くなってからじゃないと口説かれても困るじゃないか。

セクシャルハラスメントというものだってある。距離というのは、だんだん縮めていくものだ。

 

こんな意見もあるだろう。

私も、基本的にはこの意見は正しいと思う。特に、あるべき社会人の姿だとは強く思う。

 

しかし、ひとつ忘れてやしないだろうか。

ここは、婚活の場だということを。

 

相手の女性は何のためにここにいるのだろうか?

→ 結婚する相手を見つけるためである。

 

女性が結婚するためには、基本的には男性からアプローチされ、自分でOKし、そしてお付き合いを発展させていく必要がある。(もちろん、自分からアプローチをかけてもいいが、まだまだ少数派だ)

 

ここから何が言えるかというと、婚活の場にいる女性は皆口説かれに来ている、ということだ。

口説かれてOKを出すかどうかは女性の判断であるが、口説くことそのものは婚活している男性の仕事なのだ。

 

まとめ:断られるのが俺たちの仕事

婚活の場において、少しでも「いいな」と思える女性がいたら、口説こう。

 

それを路上でやったらストリートナンパであり、あなたは「チャラいナンパ師」ということになってしまうだろう。

渋谷あたりのクラブでやったら「チャラいリーマン、きもい」ということになるかもしれない。

 

しかし、婚活の場では別だと考えてほしい。

婚活の場では、そこにいる女性全てが、男性のアプローチを待っている。

 

もちろん、女性に断る権利もあるので、アプローチを断られてしまうかもしれない。

しかしながら、安心してほしい。少なくとも、「こいつ何言ってるの?」とは思われない。なぜなら婚活は「そのための場」だからだ。

 

断られることが、俺たち男性の仕事だと思おう。

確かにつらいし、女性に生まれたかったという人もいるかもしれないが、男に生まれたからには仕方あるまい。

 

うまくいくまで、断られ続けること。

 

これが俺たちの仕事なんだと肝に銘じれば、結婚はすぐだ。

適切な仕事をしていれば、「結婚」という成果が出てしまうのは、当たり前なのだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事