婚活と言えば、婚活サイト!

・・・というわけではなく、いろいろあると思う。

 

おそらく、婚活と言えば、結婚相談所婚活パーティー、そして婚活サイト

この3つが挙げられることが多いのではないだろうか。

 

この3つを経験した結果、俺は婚活サイト(マッチングアプリ)、特にwith(ウィズ)をおすすめしているわけだ。

しかし、とはいっても最初は全部試してみたくなるだろうし、気になると思う。

 

なので、今回は俺の経験に基づき、「婚活パーティー」と「マッチングアプリ(婚活アプリ)」を比較していきたい。

 

婚活パーティーの3タイプ

まず、婚活パーティーのタイプについてだ。

当サイトは優良婚活パーティーの比較サイトではないので、「エクシオ」レベルの優良大手を使った場合ということにしよう。

 

 婚活パーティーについてご存知の方は、ここは飛ばしてしまっていい。

 

婚活パーティーのタイプは3つ。個室型、回転ずし型、立食型だ。

90%以上の婚活パーティーはこの3つだと思う。(俺はこの3つしか参加したことがない)

 

まず、立食型は論外。はっきりいって、かなりのコミュ力が求められ、ここで活躍できるやつはそもそも婚活なんてしていないというタイプだ。

司会者も投げっぱなしの場合が多く、まったくおすすめ出来ない。

 

次に、回転ずし型。たぶんこれが一番多いし、おすすめだ。

その名の通り、男性が席を移りながら動いていき、基本的には「参加者全員」と話せる。

後半はいわゆる「フリータイム」となり、気に入った女性にアプローチしにいくパターンが良く見られる。

 

そして、意外に知られていないのが個室型。これは、回転ずし型と同じく、おすすめだ。

その名の通り、回転ずしが「個室」になっているタイプで、女性が個室を用意され、男性が動く場合が多い。

回転ずし型に比べ、周りを気にせずに、落ち着いて離せるメリット、そして参加者が少ないというデメリットがある。

 

婚活パーティーって実際どうなの?

で、肝心なのは「婚活パーティーって実際どうなの?」ってことだ。

正直、コミュ力が高く、女性へのアプローチに慣れているのであれば、使う価値がある

 

実際、俺は「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」とかいうサイトの運営者のくせに、「婚活パーティー>ガチの婚活サイト」だと思っている。

つまり、楽天オーネットやツヴァイよりは、婚活パーティーのほうが良いと思う。

 

ただ、2つほどデメリットというか、注意点がある。

一つは、先ほども言った「コミュ力が高く、女性へのアプローチに慣れているのであれば」という点。

 

はっきり言って、「出会いさえあればモテるほうなんだけど、出会いがなかった」というタイプなら向いている。

対面だから、見た目とコミュ力がかなり問われる。しかも、「絶対値」ではなく「相対値」だから、周りともガンガン比較される。

 

これに耐えられるのであれば、婚活パーティーは選択肢に入る。

ただ、その場合でも、もう一つだけデメリットがある。

 

それが、料金が高いことだ。

 

男性5,000円、女性500円が婚活パーティーの相場だ。

これだけ払って、システム上「ちゃんと」アプローチできるのは1~3人くらいだろう。

 

毎週参加すれば、なんと月20,000円だ。

これでアプローチできたのは10人くらいになると思う。これをどうみるか。

 

マッチングアプリ(婚活アプリ)の方がおすすめな理由

対して、マッチングアプリ。

俺はwithの長期プランを使っていたこともあり、月額は2,000円程度だった。

 

これで「いいね!」を押せるのは、30名だ。この中で、きちんとマッチング(いいね!し合ってメールできるようになること)するのは半分くらい。

これを踏まえて、きちんとアプローチできるのは控えめに10人くらいとしておこう。

 

20,000円で10人にアプローチ、競争相手てんこもりでコミュ力が問われる婚活パーティー。

一方、1/10の価格の2,000円で10人にアプローチ、会う時は「1対1」で競争のない婚活アプリ。

 

価格からすれば婚活アプリだと思うが、それ以外の観点だってある。

 

例えば、婚活パーティーを「コミュ力が高いイケメン」がすべてを持っていく「勝者総どりモデル」だとしよう。

勝者にとっては、10倍の価格を払ってでも「モテる俺」を実感したいかもしれない。

 

この場合、婚活アプリは「普通の人たち」がマッチングする「多くの人が少しずつ勝つモデル」だ。

会う時は1対1であり、「選ぶ」「選ばれる」感じがなく、ただ「相手はどんな人かな」という単純な出会い方だ。

 

絶対的にどちらが良いというものはない。自分が、どちらに向いているのかが重要だ。

ここまでの書き方から分かるとおり、俺は婚活パーティーより婚活アプリの方が「より良い選択肢」だと思った。

 

だから、withを使った。あなたがどうするかは、あなたの自由だ。

参考になれば。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事