日本人は、餅は餅屋っていうのが好きだ。

あることを極めた人が他の分野に進出すると、「色々チャレンジしてすごい」ではなく「浅はかな奴」と見られる。

 

婚活も同じだ。

婚活なので、婚活サイト。これが当然であると考えている人が多いように思える。

 

そんな中、俺は婚活はマッチングアプリのほうがいいんじゃないかと思っている。

その根本的な理由を、婚活サイトとの違いから明らかにしていこう。

 

 ここでの「婚活サイト」は、入会金や成婚料のどちらか、もしくは両方取る「結婚相談所のWeb版」みたいなやつのことだ。
具体名でいえば、楽天オーネット、ツヴァイ、ノッツェとかのこと。

 

マッチングアプリと婚活サイトの機能面の違いを10秒でいうと

俺自身、婚活にはマッチングアプリと婚活サイトの2つを使った。

その経験から、マッチングアプリと婚活サイトの機能面の違いをめちゃくちゃ端的に言うと、以下の2点になる。

 

パーティーやお見合いがあり、相談機能が強いのが婚活サイト。

結婚を焦っている人(または度合い)が大きいのが婚活サイト。

 

この二つだ。

 

マッチングアプリと婚活サイトの料金は天と地ほど違う。

対して、マッチングアプリと婚活サイトの料金は天と地ほど違う。

俺が一番推しているマッチングアプリ「with」と、婚活サイト「楽天オーネット」でいえばこんな感じ。

 

with・・・入会金「なし」、成婚料「なし」、月額料金「1,800~2,800円(何か月プランかによる)」

楽天オーネット・・・入会金「32,400円」、初期費用「82,080円」、成婚料「なし」、月額料金「15,012円

 

このように、婚活サイトの場合、入会金(初期費用含む)で10万円を超えることが多い。

楽天オーネットの場合には成婚料はないが、かわりに月額料金が非常に高く、withの10倍近くになっている。

 

パーティーやお見合いのサービスというのは実は安いものがいくらでもあるのだが、それをつけるだけでここまでの料金の違いになってしまう。

いわゆる「セットでオトク!」ではなく、セットにしたらやたら高くなってしまっている。

 

結婚を焦っている人が多いという部分について、こういう人ばかりであれば、確かに結婚しやすいという面はあるだろう。

しかしながら、「結婚できるならだれでも」状態の人と結ばれてしまうリスクもある。普通ならそれは嫌だと思うのだが、どうだろうか?

 

こういったことを考えた際に、ガチガチの婚活サイトに、料金に見合った価値があると思うだろうか?

・・・楽天オーネットには悪いが、俺はそうは思わない。(楽天オーネットが特に悪いということではなく、婚活サイトは全体的にそうだ)

 

マッチングアプリには結婚につながる出会いが多い

そもそもマッチングアプリというのは、真面目な出会いをするように設計されている。

いわゆる「出会い系」のように、アダルト機能はないのだ。

 

もちろん、(特に男性に多いが)軽い気持ちで参加する奴、いわゆる「ヤリモク男性(エッチ目的の男性)」もいるだろう。

 

しかしながら、それはたぶん、現実と同じ比率だと思う。

つまり、現実にも女性と軽く付き合う人間がいるように、ネットにもいる、という感じだと思う。

 

ほとんどは俺のように、「誰でもいいわけではないが、良い子がいたらぜひ結婚したい!」という男ばかりだと思う。

もちろん、女性はさらにそうだろう。

 

というわけで、マッチングアプリでも十分、結婚につながる真面目な出会いができる。これは間違いない。

むしろそうじゃなかったら、「俺の婚活!マッチングアプリで真面目な出会い」という名前のブログを立ち上げた俺が、あまりにも哀れだと思わないだろうか(笑)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事