婚活サイトで危険人物に出会う。

正直婚活サイトには、出会い系サイトほどに危険人物がいるわけではないが、危険人物がいないわけでもない。

 

今回は、「婚活サイトで危険人物に出会ったときは」をお送りしたい。

今回の「危険人物」は、業者やサクラではなく、素人なのだが危険人物、という場合だ。

 

婚活サイトの危険人物とは

そもそも婚活サイトの危険人物とはどういう人物なのだろうか。

 

いくつかパターンがあるが、実際に「ガチの犯罪」に巻き込まれるケースは少ない。

もちろん、首都圏連続不審死事件(木嶋佳苗)の事件など、ないわけではないのだが、基本的には飛行機事故に遭うようなもの(少ない)ということだ。

 

というわけで、現実的な中で危険なのは、ストーカーだ。

婚活サイトで出会ってストーカー化、というのは結構ある。

 

相手が気に入り過ぎ、こちらは微妙だった場合に起こる。

俺自身もこの被害には遭ったことがある。

 

あとは、サイコパス。他人に対する共感が完全に欠けたタイプだ。

(男性に多いので、男性の俺は婚活で出会ったことはない)

 

他の精神疾患人格障害アスペルガー自閉症などもありうる。

これはサイコパスほど危険でないこともあるが、それでも(あくまで結婚相手として)危険は危険だ。

 

もちろん、専門的にはこれらの症状は全く違うので、当事者やその近辺の方は怒るかもしれない。

しかしながら、差別ではなく、現実問題として、よほどの覚悟がないと結婚してはしづらい人たちであるのは間違いない。

 

そういう意味では、婚活サイトにおいては危険人物、地雷と言わざるを得ないだろう。

 

 

婚活サイトでの危険人物に対する予防方法

それでは、こういった危険人物に対処するためにはどうしたらいいのだろうか。

一つは、予防的な対処方法が考えられる。

 

つまり、婚活サイトで出会う人間はしょせん、(最初は)素性の知れない相手だと強く認識しておくことだ。

 

具体的には、個人情報はまったく明かさない。本名や住所、会社等々、特定に結び付くものは全て隠す。

さらに、ラインではなく、捨てアド(捨てる前提のアドレス)で連絡を取る。

 

これにより、ストーカー化しても、あなたを見つけるのは難しいだろう。

 

これ以外にも、会う場所を人通りが多い場所にするというのも重要だ。

ストーカーだけではなく、レイパーというか、完全なる犯罪型の人間であることも少しは想定にいれよう。

 

その意味では、初デートでは個室に二人で入らない、というのも大切。

ラブホテルだけではなく、カラオケも死角があって危ないので、気にするようにしよう。

 

婚活サイトでの危険人物への事後対処方法

事後的にヤバいヤツ(危険人物)だとわかったらどうすべきだろうか。

 

その場合、まだメールやラインの交換段階であれば、連絡を絶つ。

何の個人情報も与えていないのであれば、即連絡を絶つのが良いが、少し情報を与えてしまって怖い場合には、恨みを買わないよう徐々にフェードアウトしよう。

 

相手に遠慮することはない。

そのまま続けてしまったら、あなたは相手に配慮する気をなくすような目に遭うかもしれないのだ。

 

会ってしまってから危険人物だと分かる場合もあるだろう。

 

デート中にわかった場合には、何か事情が出来たことにして帰ろう。

それを言い出すと激昂するかもしれないので、なるべく人通りが多いところで言いだすこと。

 

本当にヤバいヤツだと思ったら、警察署の前で言い出す等も考えよう。

 

備えあれば憂いなし

色々と言ってきたが、ある程度の警戒心を持っておくことが大事だ。

 

相手はネットで出会っただけで、99%が嘘で塗り固められているかもしれない。

それをきちんと認識しておくことが重要だ。

 

備えあれば患いなし。

きちんと危険人物である可能性も考慮し、とりあえず個人情報はガードしておこう。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事