婚活には、本当にいろいろな人が集まる。ご主人と死別された女性、バツイチの女性はもちろん、子供がいる女性もいる。

 

ハッキリ言うが、ほとんどの初婚男性にとって、「バツイチ」まではOKでも、「バツ2」だったり、「子持ち」だったりすると、結婚のハードルというのはぐっと上がる。(バツイチでも当然上がる)

 

「バツ2」「子持ち」の婚活というのは、場所を間違えるとかなり大変なものになる可能性があるのだ。というわけで、今回は子持ちなどの複雑な事情での婚活を成功させる方法について書いていきたい。

 

バツイチ子持ちの再婚率

子持ちの婚活を成功させる方法を聞く前に、そもそも子持ちの婚活の割合がどれくらいあるのか、気になる人もいると思う。

 

まず、バツイチ子持ちの再婚率について、詳細なデータはないようだ。「バツイチ子持ちの再婚率は?」というページでさえ、結局分からないというケースが全てだった。

 

ただし、分かっていることとしては、現在の日本において、結婚の3分の1は再婚であるということだ。例えば、日本で年間30万組の結婚者がいるとしたら、そのうち10万組は再婚(少なくとも片方が2度目以降の結婚)となっている。

 

これを見ると、バツイチであれば子持ちの率も高くなってくる(少なくともバツイチの3分の1くらいは子持ち)ことを考えると、おそらく結婚全体の10分の1くらいはバツイチ子持ちでの再婚なのではないか、と考えられるだろう。

 

バツあり子持ちの婚活は、理解者と行う

結婚の中でも、レアケースとは言えない割合だと思われる「子持ちの婚活」だが、なぜ難しいと言われるのだろうか。

 

多くの場合、相手の子供というのは自分の子供ではないので、「なつくか不安」「自分の子供以外を養いたくない(育てたくない)」「親に反対される」「単純に生活費がかかる」などが理由として挙げられている。

 

特に、最後の「生活費がかかる」は精神論ではないし、解決が難しいので、大きな壁になってくると思う。親に反対される、等も人によっては結構大きな問題になり得るし、自分の子供以外を養いたくないという人は子持ちとの再婚は出来ないだろう。

 

以上のことから分かることは、バツあり子持ちの再婚は、そもそも「子持ちとの再婚でも良い」と思っている人が集まるところで行うべきということだ。特に男性で、バツイチ子持ち女性との再婚がOKという人は、普通のマッチングサービスではほとんど見つからないだろう。

 嘘をついて仲良くなってから切り出すのであれば何とかなるかもしれないが、完全にルール違反なので、個人的にはやめておくべきだと思う。

 

バツイチ子持ちのための婚活アプリとは

最後に、バツイチ子持ちが許容されている(というか、再婚者、シンパパ、シンママ大歓迎を打ち出している)アプリをご紹介しよう。

 

それは、再婚活アプリであるマリッシュ(marrish)だ。

 

マリッシュは、俺自身が婚活時代に登録しており、現在でもアカウントを残してあるのだが、とにかく「バツイチ」「バツ2以上」「子持ち」の割合が多い。もちろん、(初婚者の俺が登録しているように)そういう人ばかりがいるわけではないのだが、バツ2以上や子持ちの人もまったく違和感なく会員登録しているし、カミングアウトして婚活している。

 

ということは、ここのアプリにいる人は「初婚者であっても」バツイチ等の比較的特殊なステータスを受け入れる度量を持っているという人に他ならない。バツイチはもちろん、子供が好きなので子持ちまでOKという人も多い。もちろん、「お互いバツイチ」「お互い子供あり」の結婚もよくある。

 

正直、バツイチくらいまでならwith(ウィズ)等の普通のマッチングアプリでも出会いがあると思う。しかしながら、バツ2以上だったり、子持ちだったりするのであれば、マリッシュ(marrish)の方が圧倒的におすすめだ。

 

マリッシュ(marrish)を見てみる

 

以上、今回はバツ2以上や子持ちの方のための再婚アプリについて書いてきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事