出会い系サイトは危ないが、マッチングアプリは大丈夫。出会い系サイトは危ない人ばかりだけど、マッチングアプリはフェイスブック連動なら安心。

 

こう思っている人はけっこういるが、本当にそうか?

 

今回は「マッチングアプリに潜む危険性」の話をしていきたい。

 今日は(どちらかといえば)ネット出会いにおける危機意識の高い女性向けの記事になると思う。

 

出会い系とマッチングアプリにいる男性は変わらない

出会い系サイトは危ないといわれるが、そんなことはない。たしかにマッチングアプリより「個人情報収集業者」が多いのは確かだが、その程度の違いだ。

 

出会い系でもほとんどの人というのは、真面目な出会いを探している。もちろん、マッチングアプリでもそうだ。

 

実は、20代~30代男性に限れば、出会い系を使っている層と、マッチングアプリを使っている層というのはあまり変わらないそうだ。40代以上ともなると「不倫・浮気用」に使っている人も出てくるのでちょっと違うのだが、真面目な出会いを追及している層からすれば、出会い系、マッチングアプリ、どちらでもいいのだろう。

 

何を隠そう、俺自身も出会い系とマッチングアプリの両方を使って婚活をしていた。出会い系とマッチングアプリにいる男性は変わらないということを、まずはおさえておいてほしい。

 

マッチングアプリに潜む危険性

刺激的なタイトルにしてしまったが、出会い系とマッチングアプリにいる男性が変わらないということは、出会い系だけでなく、マッチングアプリにもある程度の危険は潜んでいるということだ。

 

例えば、女性が怖いと思うものの一つに「ストーカー」があると思うが、これは出会い系だけの話ではない。マッチングアプリでも、ストーカー被害を受ける可能性はゼロではない。

 

ストーカーというのは「気質」なので、選別するのが難しい。会ってさえ、しばらくは「こいつ、ストーカー気質だな」と気づくのは難しいだろう。

 

だから、当然ながらマッチングアプリ側でも見抜くことなんてできない。だからこそ、マッチングアプリにストーカー気質の男性が入り込むのは避けられないのだ。

 

マッチングアプリでも個人情報は出さない

マッチングアプリでも業者はいるし、ストーカー気質の人はいる。

 

ここで言いたいことは、「だから、マッチングアプリを使わないようにしよう」ということではない。マッチングアプリは現在の出会いツールとしては(性能・料金のバランス面で)最高のものだ。使わないのはもったいなさすぎる。

 

そうではなく、マッチングアプリにおいても、「業者やストーカー気質の人がいることを前提の利用の仕方をしよう」ということだ。もっと具体的に言えば、マッチングアプリでも個人情報を出さないようにしようということだ。

 

出会い系を恐れている人は、出会い系で知り合ったばかりのあったこともないような人に本名(フルネーム)とか、学校名、会社名を教えたりはしないだろう。それと同じように、マッチングアプリで出会った人も警戒しておくべきだ。

 

マッチングアプリと出会い系は同じ

最後に、マッチングアプリと出会い系は同じだということを肝に銘じておきたい。

 

マッチングアプリ各社は必死に「出会い系とうちは違うんです、うちは純愛だし安全です!」という宣伝の仕方をして、出会い系との差別化をはかっている。

 

「うちは純愛」なのは事実だと思うが、「うちは安全」というのはかなり違和感がある。出会い系とマッチングアプリの客層は同じだ。少なくとも、男性はそうだ。(女性は、出会い系はセミプロ女性、マッチングアプリは素人女性が確かに多い)

 

出会い系でまずそうなことは、マッチングアプリでもしない。マッチングアプリで知り合った男性だからと言って、「ヤリモク」ではないとは限らないし、「詐欺師」ではないとも限らない。

 

インターネット出会いで自分を守れるのは、自分だけだ。「○○だから大丈夫」ということはない。

 

以上、今回はマッチングアプリの危険性についての話をしてきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事