恋活サイトでの告白はどうすべきか、悩んでいる人は多いだろう。

 

俺は、10年近い出会い系経験と、2年の恋活アプリ(婚活アプリ)利用経験があるので、告白をした数は結構多いほうだと思う。

その中には、成功も失敗もあった。

 

よく分からないキュレーションサイトにあるような「告白は3回目がベスト」という根拠のない一般論ではなく、フラれたりOKされたりしながら掴んだ感覚をご紹介する。

 

恋活サイトの告白は2回目がベスト

まず、最初に結論を言いたい。

場合によるのだが、多くの場合では恋活サイト経由の告白は2回目のデートがベストだ。

 

普通に出会った「職場の後輩」とかそういうものであれば、告白は3回目でもいいとおもう。

というか、「知り合いへの告白」は3回目以降で、お互いに「好き」という雰囲気が醸成されてからがいいのは間違いない。

 

しかしながら、恋活サイトではそんなに悠長なことをやってはいられない。

3回目でOKされる相手は、2回目でもOKされる。

 

次にその理由を述べる。

 

なぜ恋活サイトの告白は2回目のデートなのか?

なぜ恋活サイトの告白は2回目のデートなのか。

その理由は、3つある。それぞれ紹介していこう。

 

デート1回と2回には差があるが2回と3回には差がない

デート1回目とデート2回目には多大な差がある。

 

どんな人かを見るために、ある程度良さそうなら1回は会ってみるのが普通だ。

だから、1回目のデートには誰でもたどり着ける。

 

しかしながら、2回目は別だ。

2回目のデートは、会ってみて見た目や性格、相性がある程度OKでないと存在しない。

 

だから、2回目のデートにこぎつけており、相手が恋活中(彼氏募集中)ならば、かなりの確率で行ける。(=告白は成功する)

 

逆に、2回目のデートでフラれたとしよう。

だとすると、3回目のデートでOKされる可能性も薄い。

 

2回目のデートと、3回目のデートに差はないのだ。

2回目のデートでフラれた場合、「1回目は微妙だがぎりぎりOK、2回目でも微妙な人だと思われた」ということだ。

 

3回目で挽回できるという子とはあまりない。

あなたとは相性が悪かった、とあきらめて、次の子に行くのがおすすめだ。

 

恋活サイトではライバルが多い。先手必勝!

婚活は2つの意味で先手必勝。相手に刀を抜かせるな。で書いたのだが、恋活サイトではライバルがいる。

 

相手の異性は恋活をしている。その中であなたに出会ったわけだ。

ということは、相手の異性を狙っているのはあなただけではないのだ。

 

教訓ではないが、俺自身の苦い経験を抜粋しておこう。

マッチングアプリで狙っていたMという女性がおり、会話も弾み、お互い写真交換までしており、デートの日程も決まっていた。
お付き合いする気もあった。

しかしながら、ある日、Mは(デートの日程までに)別の男に告白され、お付き合いすることになった。
後日、俺のもとにはその報告と、謝罪メールだけが届いた、というわけだ。

 

特に社会人は、デートの日程を合わせるのも一苦労なはずだ。

デートとデートの間が結構空いてしまうこともあるだろう。

 

先ほど言ったが、デートの2回と3回の間に対した差はない。

2回目と3回目のデートの間に「相手に特定の異性が出来た」という事態になったら、悔やんでも悔やみきれないのではないだろうか。

 

1回目は早すぎる。誰でも会ってくれるタイミングだからだ。

(玉砕覚悟ならいいが)

 

2回目は、誰でも会ってくれるタイミングではなく、ある程度は「OKよ」と貰っている。

2回目で行くべきだ。

 

恋活サイトでは、告白までにデート3回もかけていられない

最後に、あなたが社会人で、恋活をしているのであれば、時間との闘いだろう。

少ない時間をやりくりして、恋活の時間(メッセージ交換やデート)をとっているのではないだろうか?

 

恋活サイトでいい人を見つけるコツは、とにかく数を打つこと。

だから、一人にデート3回をかけて探しているというのは、時間がもったいない。

 

3回でOKが出る人は2回目でも出るので、ガンガン告白していこう。

 

恋活サイトでの告白の方法

最後に、恋活サイトでの告白の方法について。

俺は個人的な経験からデート2回目での告白をおすすめしている。

 

ただし、それは何が何でも急げという話ではない。

デートの前半で告白してはダメだ。フラれた場合、即解散か、苦痛な時間を過ごす羽目になる(笑)

 

だから、告白はデートの後半

できれば、ホテルのラウンジなどの雰囲気が良い場所を使うのがおすすめだ。

 

メールや電話での告白はNGだが、面と向かって「お付き合いしてください!」と行く必要まではない。

それだと、相手も断ったときの気まずさが倍増してしまう。

 

だから、「付き合わない?」とか「付き合っちゃう?」程度でOK。

キャラにもよるが、「男らしくない」とは思われない。とりあえず、「付き合う」ワードを混ぜておけばOKだ。

 

恋活サイトで告白!フラれたら?

恋活サイトには、数百万単位で女性がいる。

例えば、タップル誕生であれば、300万人の会員がいる。単純に考えて、半分の150万人は女性だ。

 

そのうちの一人にフラれただけだ。

まだ1,499,999人いる。

 

ネット出会いを10年やってきたものとして言いたいのは、ネット出会いで一番大切なのは「はい、次!」の精神だ。

フラれたら、「はい、次!」だ。

 

あなたはたぶん、超絶イケメンというわけではないだろう。逆に、超絶ブサイクと言う確率も低い。

だから、あなたを好きになる人もいれば、そうでないひともいる。(当たり前)

 

150万人もいれば、少なくとも1万人は「あなたを好きになる人(アリだと思う人)」がいる。

その人に会うまで、「はい、次!」していくだけだ。

 

※重要(2018年8月追記)

タップル誕生は出会いにくいため、現在は「マッチ・ドットコム 」に乗り換えた。

もちろん、「with(ウィズ)」は継続利用中。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事