友達がいない、という人は多いだろう。

 

別にコミュニケーション障がいというわけではなくて、しゃべれる同僚やら、家族やらはいても、あまり人付き合いが好きでなく、プライベートで遊べるような友達がいない人というのは、結構多いんじゃないだろうか。

 

なんでそんな話をいきなりし始めたかと言えば、まあ正直、俺自身がそんな感じだからだ。

というわけで、今回は「友達がいない男性は迷わずマッチングアプリへGO」をお送りしたい。

 

出会いには友達が必要?

なんでこんな記事を書いているかと言えば、俺自身が人付き合いが下手だというのがある。

そんな中で、「一般的な出会いには友達(というか日ごろからの人付き合い)が必要だなあ」と思う場面が多かったのだ。

 

まあ、考えてみれば当たり前の話だ。

異性との出会いと、同性との出会いは両方大きなくくりで言えば「出会い」である。

 

同性との出会いを積極的にこなさない人間に、異性との出会いだけがやってくるなんてことはない。

 

実際、一般的な「出会い」というのは同性が連れてくる(持ってくる)場合が多い。

 

合コン、街コン、友達の紹介…

こういった「王道」ともいえる出会い方というのは、全て同性のグループでの参加が基本だ。

 

だから、友達が少ない人間というのは、どうしても別の手段に頼る必要がある。

 

友達が少ない人の出会い手段は婚活

昔であれば、「別の手段」というのはお見合いだったのだろう。

近所のおせっかいおばさんが勝手に話を持ってきて、迷惑そうな顔をしながらも興味津々・・・というアレだ。

 

しかしながら、現代では様変わり。

今、友人関係を前提にせずに出会うとすれば、その方法は「婚活」になるのではないだろうか。

 

婚活サイト(結婚相談所)に友達と登録する男性は少ないだろうし、マッチングアプリ(婚活アプリ)も同じだろう。

婚活パーティーも一人での参加が基本だ。

 

友達が少ない人の出会い手段として一番有効なのが、婚活なのだ。

もちろん、俺もそういった理由で婚活をしてみることになった。

 

出会いがないけど、結婚はしたい。

というか、そもそも彼女もいなかったので、まずは彼女が欲しい。

 

そう思って、婚活の場に身を投じた。

 

婚活の中で最も良かったのは婚活アプリ(マッチングアプリ)

婚活というのは、大きく3つの手段があるんじゃないかと思う。

 

  • 婚活サイト(結婚相談所)
  • 婚活パーティー
  • 婚活アプリ(マッチングアプリ)

 

どれにもメリット・デメリットがあり、このブログでも散々扱ってきたが、おさらいしておこう。

 

…と、その前に結論から、俺が一番良かったのは婚活アプリ(マッチングアプリ)だ。実際、婚活アプリのウィズで結婚したのもある。

だから、それを贔屓して書いてしまうかもしれないので、最初に言っておく。

 

婚活サイト(結婚相談所)のメリットは、きめ細やかなサービス。実際、婚活パーティーが含まれていることも多く、コンシェルジュが紹介してくれたりする。

さらに、料理教室やゴルフでの出会いの機会もある。

 

質としては最高の婚活サイト(結婚相談所)だが、デメリットはたった一つだけだ。

それは、料金。入会に10万、月々1万かかると思っていい。これが安いと思うなら、すぐにでも結婚相談所を使うべきだ。(金額以外のデメリットはないと思うから)

 

結婚情報比較ネット 資料請求

 

次に、婚活パーティーのメリットは、対面で、しかもかなり多くの中から選べること。

(表面的な会話とはいえ)しっかり話したうえで選べるのは、かなりのメリットだろう。

 

デメリットは、「其の場に参加した人」がどうか、という運しだいの出会いになるところ。婚活サイトやマッチングアプリと違い、万単位の会員全体から探すのではないのだ。

あと、やっぱりイケメンで話が旨い人が有利。逆に言えば、ブサイクでコミュ障ならまったくおすすめ出来ない出会い方だ。

 

最後に、婚活アプリ(マッチングアプリ)のメリットは、コスパと選択肢の広さだと思う。

入会金ナシ、月々3,000円程度で数百万人の女性会員の中から選んで、アプローチできる。これは圧倒的なメリットだと思う。

 

逆にデメリットは、結婚相談所や婚活パーティーに比べて、結婚の意思が弱めの層も混じっていることだ。

恋愛から始めたい人が多いような気がする。(人によっては、これはメリットでもあるかもしれない)

 

あとは、時間がかかることもデメリットだろう。

マッチングアプリでは自力でデートにこぎつけて初めて対面になるので、やっぱり時間がかかりがちだ。

 

最初に言ったが、コスパ最強の婚活アプリ、特にウィズが俺のおすすめだ。

しかしながら、イケメンだったら婚活パーティーで引っ張りだこになるだろうし、お金を気にしないなら結婚相談所の濃厚なサービスを体験するのもいいと思う。

 

今回の記事が、あなたの出会いを検討する参考になれば嬉しい。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事