マッチングアプリや、出会い系、婚活サイトなどの「ネット出会い」で気になること。

 

それは、男性であれば「可愛い子っているの?ブスばっかなんじゃないの?」ということだろう。

 ぶっちゃけた話で言えば、ほとんどの男性の「最初に気になること」は大体そこにあると思う。

 

顔がかわいい、という意味で言えば、ネット出会いでも十分にいる。

逆に、ブサイクに会うことの方が少ないと思う。(俺の顔面偏差値判定が甘いのかもしれないが)

 

しかしながら、ネット出会いにおける「可愛い」のほとんどは、条件付きだったりするのだ。

今日は、ネット出会い(特に俺が主戦場としていたマッチングアプリ)で可愛い子に会うことについて話していこう。

 

マッチングアプリにもかわいい子が多い、だが

タイトルの回収を引っ張ってもしょうがないので、結論からいこう。

マッチングアプリにもかわいい子が多い、だが「ちょいポチャで可愛い」が多いというのが俺の感想だ。

 

俺は、よくいる「出会い系を10年やっています」みたいな人とは違い、婚活を2年くらいしかやっていないため、どうしてもサンプル数が少ないと思う。だから、俺だけの現象なのかもしれないが、ネット出会いにはいわゆる「ちょいポチャ」が多いような気がしている。

 

そういう子は自己申告していることが多い。そして、会ってみたらちょいポチャじゃなくてデブだった、みたいな「出会い系あるある」として語られていることは、俺にはあまりなかった。だからだまし討ちは少なめなので怒りがわくことは少ないのだが、あまりにも多い。

 

顔は石原さとみ似。しかし、ちょいポチャ体型。

顔は桐谷美玲似。しかし、ちょいポチャ体型。

 

これは、俺がマッチングアプリで実際に出会った2名の女性だ。顔は文句なく可愛いが、ちょいポチャ体型なので、好きな人は好きだが、ダメな人はダメだろう。良くも悪くも、マッチングアプリではこういう子に会うことが(職場や学校のような現実世界よりも)多めだ。

 

 ファンの人がいたら怒るかもしれないが、AKB48で「みゃお」というニックネームの、宮崎 美穂というアイドルが好みの友人がいた。(この子は若干「ちょいポチャ」系なのだ)その友人は、マッチングアプリをめちゃくちゃ堪能していたので、完全に「好み次第」ではある。

 

必殺、だまし討ち

「だまし討ちは少なめなので怒りがわくことは少ない」と書いたが、ないわけではない。女性にもプライドがあるので、「写真は頑張っちゃった(=加工しちゃった)けど、本当の私はデブなの……」と会う直前に言ってくれる人はいない。

 

特に、なんとなーく写真に違和感があったり、いわゆる「プリクラ」の写真を送ってくる女性には、要注意だ。その上に「身長が大きい」という条件が加わると、ものすごいことになることがある(笑)

 

実際に、俺が一度体験したのは、デブの大女だ。先ほど、「出会い系あるあるにあるようなことは俺にはあまりなかった」と書いたが、「一度も」でないことにご注目いただきたい。そう、例外がこれだ。

 

厳しいことを言う。こういう女性は「他人の目を気にしない」からこそこういう体型になって平気な顔をしている。つまりは本来が厚顔無恥な人なので、「私、ちょっとぽっちゃりなの」みたいな前振りもなく、写真も加工済みだ。出会ったこちらはめちゃくちゃ引いているのだが、気にした様子が1ミリもない。「どうしたの?何かあった?」って感じだ(笑)

 

こういう衝撃体験は、2年間の婚活の中でも1回だけなので、こういう「ヤバい奴」をおそれてマッチングアプリを使わないのはもったいない。しかしながら、こういう人が生息しているのも事実。会ったときにショックを受けないように、心の準備をしておくことが大切だ。

ボンキュッボンを求めて

ここまでいろいろ言ってきてしまったが、実はちょいポチャだけではなく、スレンダーも結構会えるのがマッチングアプリ。要は、ネット出会いに「太い」「細い」は多いのだ。しかし実は、「普通」も決して少なくない。

 

・・・・・・???
「細い人と太い人が多くて、普通の人も少なくないなら、少ない体型は?意味不明」って感じだと思う。

 

ほとんどの人は混乱したと思うが、少ない体型は「出るところは出ていて、引っ込むところは引っ込む」という「グラマー体型」だ。いわゆるグラビアアイドルというか、胸はあり、ヒップもあるがウェストは締まっている……という「ボン・キュッ・ボン」体型はめちゃくちゃ少ない。これを探したいなら、とにかく数を打つしかないと思う。

 

ここまで書いてきて気づいたが、「婚活攻略サイト」でなぜボンキュッボンの話をしているんだ、俺は。

 

あなたの参考……にはならないと思うが、現実も知っていただければ幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事