マッチングアプリを使い始めた当初は、おそらく皆が皆やってしまうことがある。

それが、写真だけを見て「いいね!」するということだ。

 

要は、女子はイケメンだけに「いいね!」するし、男性は美女だけに「いいね!」するということ。

もちろん、これはうまくいけば美女とマッチングして彼女に出来るかもしれないのだが、メリットばかりではないのは想像がつくはずだ。

 

逆に、「写真がない」「顔が分からない写真のみ」の人にメールを送るのはやらない人が多いが、これにもメリット・デメリットがある。

結論から言えば、試してみないのはもったいないと思っている。

 

というわけで、本日はマッチングアプリで顔写真なしの子に「いいね!」するメリット・デメリットについて書いていきたいと思う。

 俺は男で、このサイトは一応「男性向けの婚活ブログ」になっているので、この後は男性向けの表現になる。ただし、あなたが女性の場合でも、「美女」をイケメン、「ブス」をブサイクに置き換えてくれれば、参考になると思う。

 

マッチングアプリで顔写真なしの子にいいね!するデメリット

マッチングアプリで顔写真なしの子にアプローチするのは、もちろんデメリットもある。そのデメリットとは、ご想像の通り「ブスにあたってしまう」ことだ。

 

顔写真を出せない、という子には何タイプかあり、そのうちの一つは「自分(の顔)に自信がないから出せない」ということになる。なので、顔写真なしの子に「いいね!」をした場合には、かなりのブスを踏んでしまう可能性があるのは、事実だ。

 

マッチングアプリで顔写真なしの子にいいね!するメリット

しかしながら、顔写真を出せない理由は、「顔に自信がないから」だけではない。例えば、「顔とは関係なく個人情報を出したくない」「知り合いには絶対にバレたくない」という理由で出していない子も非常に多い。当然ながら、その中には相当の美人も含まれる。

 

つまり、実はマッチングアプリでは、顔写真なしの子にアプローチすることで、掘り出し物を見つけることが出来る。

 

これはマッチングアプリに限らない「ネット出会いにおけるあるある」の一つなのだが、本当の美人さんほど、写真を出していないことが多いのだ。極端なブスと極端な美人は、写真がないのが普通、というのが俺の2年の婚活経験で分かったことだ。

 

最初は、これがなぜ起こるのか分からなかったが、今ならなんとなく想像がつくので、書いておく。まず、ブスはあなたの予想通り、「自信がないから」出していない。それだけだ。

 

しかし、美人はなぜ載せないかと言えば、「怪しすぎる」からだ。説明していこう。

 

まず、ネット出会いにおいては、「業者」や「サクラ」というものの存在は、よほどの初心者でもない限り知っているわけだ。多分、あなたも知っているだろう。(知らなかったのなら、このサクラとは何かの記事を読んでほしい)

 

そんな中で、すさまじい美人写メ(美人だって、顔を載せるなら自分がよく映っているものを選びたい)が載ってくるとどうなるだろうか。しかも、本当の美人がプロフィールを書くと、釣りでなく「モデル経験あり」とか「よく芸能事務所に…」とか「読者モデル経験が…」とかになるのだ。ネット出会いに慣れていれば慣れているほど、業者判定は確実な怪しすぎるプロフィールだと思うだろう(笑)

 

さらに、掘り出し物を探せる以外のメリットがもう一つある。それは、マッチングしやすいことだ。

 

マッチングの回数は多くのマッチングアプリで月に30回なので、「いいね!」を返してもらえるのかどうかは競争になる。競争である以上、人気の女性だと返してもらい辛くなるし、人気がない女性なら返してもらいやすくなるだろう。

 

特に男性はそうなのだが、かわいい子の写真に「いいね!」しやすい。だから、逆に「可愛いとはわからない」子の写真であれば、めちゃくちゃライバルが少なくなる。しかも、「可愛くないと確定している(ブス写真)」に比べ、「本当は美人かも?」という希望が持てるのだ。

 

顔写真なしへのアプローチのまとめ

今回の話は「顔は関係ない」派の人からすれば、不愉快な話だったかもしれない。俺だってイケメンではないので、二言目には「顔」「イケメン」と言う女性は嫌いである(笑)

 

しかしながら、実際には顔を気にする人は多い(俺だって気にする)。なので、顔を気にする人ほど、ライバル不在で、美人にあたることもある「顔写真なし狙い」をしてみてはどうか、というのが今回の記事の趣旨だ。

 

参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事