彼女がいるけど、婚活

 

これってあまりニーズがなさそうに見えて、結構やっている人は多い。

今日は、「彼女がいるけど婚活する方法」について書いていきたいと思う。

 

 彼女に結婚願望がないから婚活という場合と、今の彼女とは結婚が考えられないから婚活の2パターンがいると思うが、今回の記事はどちらにも対応している。

 

結婚願望のすれ違いカップルは多い

意外と周りで多いのが、結婚願望のすれ違いカップルだ。

つまり、片方は結婚したくてしたくてしょうがないのだけれど、もう片方はまだまだ結婚したくない。なんならずっと独身でも良いという人もいる。

 

このパターンの多くは、女性が結婚願望があり、男性に結婚願望がないタイプだと思われている。

割合的には確かにそうなのだろうが、男性に結婚願望があり、女性に結婚願望がないパターンも結構ある。

 

その場合、男性は苦労することになる。

 

結婚願望のない女性は変わりにくい

なぜ、彼女に結婚願望のない男性は苦労するのか。

それは、そういった女性の考え方を変えるのは容易なことではないからだ。

 

そもそも、結婚というのは女性有利になっていると言われる。

男女平等の世の中にはなってきているものの、まだまだ稼ぐのは男だし、不倫や浮気をしやすいのも男なのが統計的な現実だ。

 

これに対し、稼ぎを分配し、不倫や浮気を防止するのが結婚なのだから、結婚が女性に有利な制度なのは間違いないだろう。

 

それにもかかわらず結婚願望がない女性というのは、かなり強敵である。

「結婚しなくてもいいや」程度ではなく、割と確固たる価値観で結婚を望んでいない場合も多い。

 

相手(彼氏側)の問題もあるのかもしれないが、それだけではないだろう。

結婚願望がない女性というのは、何らかの信念に裏打ちされた考え方であることが多く、変わりにくいのだ。

 

結婚願望がない彼女なら婚活もあり

というわけで、結婚願望がない彼女がいて、かつ男性のほうは結婚したいのであれば、正直別の女性を見つけるしかない場合も多い。

つまり、彼女がいるけど婚活、ということになるだろう。

 

結婚願望のすれ違いだけでなく、「彼女はいるけど今の彼女とは結婚が考えられない」というパターンの場合もそうなることと思う。

 

本当に誠実にやるならお別れしてから婚活するべきだが、そこまでの勇気がなければ彼女がいるまま婚活をするということもあるだろう。

その場合、当然だが彼女に内緒で婚活をするということになる。

 

こういった彼女がいる際の婚活には、重要な点がある。

それは、既存の人間関係からは探さないこと。もっといえば、まったく関係のない人から探すことだ。

 

まったく人間関係のない出会いとは

この方法には、2パターンあると思う。

 

一つは、婚活アプリを使う方法

当サイトではいつも同じことを言っているが、今はマッチングアプリ(婚活アプリ)が一番出会いやすいネット出会いだと思う。

 

婚活アプリであれば完全に今の人間関係とは切り離した出会いが出来る。

しかも料金はリーズナブルなのがマッチングアプリのメリットだろう。(月額定額制で、2,000~4,000円程度だ)

 

しかしながら、マッチングアプリの出会いにはデメリットもある。

それはいつもスマホをいじってしまいがちなので、彼女に怪しまれがちな点だ。

 

特に同棲などしている場合には、彼女にスマホを見られないよう、ロックをかけるのは必須だと思う。

俺が一番おすすめしているマッチングアプリは(嫁と出会った)ウィズなので、興味があれば覗いてみると良いと思う。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

もう一つの方法は、結婚相談所(婚活サイト)だ。

 

結婚相談所(婚活サイト)ではお見合いや婚活パーティーを頻繁に開いてくれるので、今の人間関係とは切り離し、かつ対面のコミュニケーションができることがメリットだ。

コミュニケーション能力や外面、そして条件のどれかに自信があれば、試してみても良いだろう。

 

ただし、もちろんこの出会い方にはデメリットもある。

結婚相談所のデメリットは2つあり、一つは料金がめちゃくちゃ高いことだ。婚活アプリが月当たり2,000~4,000円なのに対し、結婚相談所は1万円程度。さらに、入会金10万円程度が取られるのが相場だ。

 

もう一つのデメリットは、人によっては出会いづらいこと。

具体的に言えば、コミュニケーション能力や外面、条件が重要なので、これが悪いという場合にはまったくおすすめできない。

 

同棲していても大丈夫なように結婚相談所の名前を隠して資料を送ってくれるので、興味があれば資料請求してみてもよいだろう。

 

結婚情報比較ネット 資料請求

 

以上、今回は「彼女がいるけど婚活する方法」について書いてきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事