マッチングアプリを使っていると、特定の職業に就いている人によく会うことに気づく。

 

おそらくだが、「○○と付き合いたい」「○○と結婚したい」などのニーズもなくはないと思うので、職業別に少し解説を加えたいと思い、初回として「看護師(ナース)」についてお話していきたいと思う。

 

マッチングアプリで看護師(ナース)に会いやすい理由

まず、マッチングアプリで看護師(ナース)に会いやすい理由を少しお話しよう。

 

実際に出会った看護師の女性から聞いたのですが、看護師は医者以外に出会いがなく、合コンなどもあまりないそうなんです。それでも医者と会えるならいいじゃんという感じもするが、実は「若い医師」というのは一部の病院にしかおらず、職業的にもモテるためほとんどが既婚医師・おじさん医師なのだそう。

 

しかも、看護師のプライベートは壊滅的だ。そもそも、学生時代からの友達に合コンに誘われても時間が合わない。合コンどころか、多くの予定において夜勤で時間が会う人がいないという悩みがある。

 

そういう意味で、職場にもプライベートにも出会いがない看護師という職業の女性は、マッチングアプリ等の「ネットでの出会い」に進出してきやすい。俺は婚活を本気でやっていたころ、1週間に5人出会ったうちの3人がナースだったことがある。ネット婚活をした人ならわかってくれるんじゃないかと思うが、看護師に出会う率は本当に高い。

 

マッチングアプリで会える看護師(ナース)の特徴

ナースさんというと、慈悲深くて世話好きで優しい……みたいな「白衣の天使」のイメージの人も多いのではないだろうか。実は、看護師というのは正確に特徴があり、3タイプに分かれる。

 

一つは、上記のような白衣の天使タイプ。これは本当にいる。看護師になれば患者に愛され、介護士になれば老人から好かれ、保育士になったら子供から好かれるタイプだ。いわば天然の「良い子」タイプともいえ、実際に存在するのだが、これは割合としては少なめ。

 

もう一つのタイプは、性格が激しいタイプだ。ちょっと一言で表せないのだが、特長としては「ヒステリー」と「ヤンキー」を混ぜたような気質といわざるを得ない人たちだ。患者のナースコールを無視した話を武勇伝的に平気でする。患者さんからすれば当たり前のことなのに、看護師という立場を利用して高圧的に接する。こういう人も多い。

 

最後に、シングルマザー気質のタイプもいる。きっぷが良く、惚れやすい。男にハマりやすく、悪い男にもつかまりやすい。シングルマザー気質は必ずしもシングルマザーであることを意味しないが、実際にバツイチであることも多い。

 

まあ、「それって看護師じゃなくても多い特徴なんじゃないの?」という声もあると思うが、俺は婚活で一番多く出会ったのは(OLを除いて)たぶん看護師なので、その経験から俺なりに分類すると、看護師というのはほぼこの3つのタイプで構成されていると思う。

 

マッチングアプリで看護師(ナース)に会う方法

はっきりいって、看護師は「出会い方」を説明するほどの職業ではない。

 

なぜなら、会いたいと思わなくてもかなり高い頻度で出会えるからだ。看護師は立派な職業だと思うが、婚活市場における希少性(レア度)はかなり低いと思う。

 

どうしても看護師に会いたいという人は、マッチングアプリの検索機能で探せばいい。

 

withであれば、上の「さがす」というアイコンをクリックし、「絞り込み」という部分を押すと、以下のような画面に遷移する。ここで、年齢や居住地を入れ、職種を「看護師」にして検索するだけだ。

 

 

 このサイトを立ち上げてしまったので、嫁に許可をもらってwithに再登録した。(ガチ)
そうじゃないと、上の画面キャプチャとか取れないのよ。探せばあるのかもしれないが。

 

看護師(ナース)に会いやすいマッチングアプリ

看護師(ナース)に出会いやすいマッチングアプリは、ない

 

マッチングアプリというのは数百万人単位で女性を集めているので、年齢構成のばらつきはあるが、職業構成のばらつきは生じにくい。婚活アプリの運営会社の身になってみても、「ナース会員を多めに集める方法」というのは難しそうだ。

 

Pairsでもwithでも、何なら出会い系サイトでも看護師というのは普通に出会える職業だ。なので、「おすすめを言え」といわれたら、いつも通りwithかな。まあはっきり言って看護師なら、ちゃんとしたアプリ・サイトならどれでも会えると思う。投げやりなわけではなくて、本当に。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事