今は、女性が強くなってきた時代だと、よく言われる。

実際、一昔前に比べて女性の社会進出はさらに進んでいるし、「逆に専業主婦の方がいい」と「逆」をつく動きが出るくらい、女性が専業主婦ってどうなのかという観念、女性だって社会進出して当たり前だという観念が一般化している。

 

そんな中で、男性の役割だって、当然変わる。一番大きなものは、掃除・洗濯・料理などの「家事」だ。女性が社会にでて稼ぐようになった以上、かつて女性が担っていた役割の一部を男性がやらなければならないのは必然だ。

 

今回は、そんな動きの中で出てきた「家事をしてくれる男性と結婚したい」という女性に向けて書いていきたい。

 今日は珍しく女性向けに書いているので、ご注意いただきたい。
(内容的に、別に男性が読んでも構わないのだが)

 

晩婚化により家事が出来る男性は結構多い

現在、晩婚化時代と言われる。

 

婚活や今回のテーマにおいて、これは重要だ。なぜなら、晩婚化時代ということは、男性にも結婚前に十分家事をする期間があるということだからだ。

 

いくら男女平等の時代になったからと言って、今まで家事など寸分もやったことがない男性が、結婚後に性根を入れ替えて家事に取り組む、というのは考えづらい。もちろん出来るし、あるケースだとは思うが、強く期待を持てないことも間違いないだろう。

 

しかしながら、晩婚化時代であれば、男性の多くは独身時代に家事をやってきているはずだ。かなり適当にこなしてきた男性も多いだろうが、少なくとも食器洗い、風呂掃除、洗濯や物干し、洗濯物をたたむなどの家事の基本作業をやったことのない男性はかなり少ないはずだ。(料理は外食やコンビニ弁当、カップ麺という人も多そうだが)

 

結婚後に家事をしてくれない男性のたった一つの特徴

しかしながら、全ての男性が独身時代に家事をこなしてきているかと言えば、それは別である。

 

結論を言うと、結婚まで実家暮らしをしてきた男性は極端に家事が出来ず、なおかつ結婚後も参加しようとしないことが多いようだ。これは俺の(男性の)友人を見ても顕著である。

 

まず、実家暮らしだと母親がいる場合が多いので、家事は母親の仕事であり、ひどい男性だと自分の部屋の掃除すらやったことがない人がいる。やったことがなくても結婚後に頑張ればいいのだが、人間というものは「ある程度できる」と思っていれば自発的にやったりするが、やったことすらないと参加する気にならない部分がある。

 

家事をしてくれない男性が共通して持つ特徴は、独身時代に実家暮らしだったことだと思う。

 しつこいくらい何度も言うが、全ての実家暮らし男性に当てはまるとは限らない。あくまで「そういう傾向がある」という程度である。

 

家事をしてくれる男性と結婚したいならマッチングアプリ

ここまで話してきたとおり、実家暮らしの男性というのは、結婚後に家事に積極的に参加するようになる率も少ないのが現実だと思う。

 

そうである以上、家事をしてくれる男性と結婚したいという方であれば、「一人暮らし男性」を選ぶべきだ。

 

しかしながら、普通に婚活をしている中で一人暮らしかどうかが分かることというのは、あまりない。相手に聞いてみるしかないという感じだ。

 

そこで、家事をしてくれる男性と結婚したい女性におすすめなのが、マッチングアプリだ。

マッチングアプリであれば、一人暮らしなのか、実家暮らしなのか、はたまたシェアハウス的に住んでいるのか等の同居環境を検索条件にし、自分の条件に合った人だけを表示させることが出来るからだ。

 

とはいえ、マッチングアプリならなんでも良いわけではない。残念ながら、当サイトで一番推しているwith(ウィズ)では同居人の環境を検索条件に出来ない。

 

一人暮らしか実家暮らしかを指定したうえでの検索は、婚活アプリで言うとゼクシィ縁結びペアーズで可能だ。現在であれば、ゼクシィ縁結びのほうがペアーズより会いやすいので、そちらがおすすめ。

 

やり方は簡単、以下のようなゼクシィ縁結びの検索設定画面の、「同居人」というところを「一人暮らし」に設定して検索するだけだ。

 

 

家事が出来る(家事をしてくれる)男性は、一人暮らし経験がある人。

少なくとも俺の周りの傾向的にはそう言えるようなので、ぜひ参考にしていただきたい。

 

ゼクシィ縁結び

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事