これからの日本では、働いている中で「介護休職」が増えてくると言われている。

超高齢化社会極まる中で、介護が必要な状態でも長生きし、現役世代が介護する必要性に迫られる事案は、急激に増えてくるだろうと思う。

 

そんな中で、介護中には「休職」を認める会社が増えている。一昔前には「育児休職」「傷病休職」くらいしかなかったのだが、「介護休職」が主流になりつつある。

 

というわけで、今回は「介護中でも婚活は出来る」という話をしていきたい。

 

介護中に婚活!?

まず、「介護中に婚活?」と思った方も多いだろう。

 

しかし、俺は婚活中、実際に介護中に婚活している人に出会ったことがある。ステータスとしては、「29歳」「70前後の親を介護中」「介護休職中」だったと思う。

 

一般的には、介護なら介護に専念すべき、というのが社会通念というか、模範的な行動だと思うのだが、ほかならぬ「病床の親」が娘の結婚を望む場合は多い。

 

介護が必要なレベルに弱った親からしてみれば、自分が死ぬ前に娘の晴れ姿を見たいとか、孫をみたいとかいう気持ちを持つことは十分に理解できる。俺自身が出会ったその女性も、そう言っていた。

 

高齢出産(親と子供の年齢が離れた出産)が増え、高齢になっても生き続けている高齢者が増える以上、20代~30代という結婚適齢期(一般的に婚活している人が多い年代)に介護をしている人というのはますます増えるのではないかと思う。

 

というわけで、どんどんニーズが増えてくると思い、この記事を書いたわけだ。

 

介護中の婚活はネット以外では難しい

まあ、このサイト自体「婚活アプリ」「マッチングアプリ」をテーマにしているので、想像がつくだろうが、介護中の婚活はネット以外では難しい

 

 逆に、ネット以外での婚活がいいようなケースについては「マッチングアプリでの婚活」がテーマの当サイトでわざわざ取り上げても意味がないので、あまり書かないようにしている。

 

介護中というのは介護対象者(多くは両親のどちらかだと思う)のそばを離れるのはなかなか難しく、デイケア・デイサービスなども「決まった時間」にしか対応できない。なので、どうしても自分の自由にならない時間が発生してくる。(逆に、24時間他人に任せられるのであれば、そもそも「介護中」「介護休職中」とはならないだろう)

 

そう考えると、婚活パーティーやお見合いなどの「リアル婚活」を継続的にやっていくのは難しい。そういったリアル婚活は「行ってナンボ」なところがあるので、ある程度時間を確保して参加するものだからだ。(もちろん、時間がなくても参加自体は出来るのだが、満足にサービスを利用できず、いわゆる「元を取れない」という事態になりがち)

 

しかしながら、ネット婚活、特にマッチングアプリなら簡単だ。

 

介護の合間にスマホでマッチングアプリを立ち上げ、「いいね!」ボタンを押したり、短いメールを打ったりするだけだ。これなら介護中もできるだろうし、両親が結婚を望んでいる場合であれば「ちゃんと取り組んでいる」感じも出せると思う。

 

実際、ネット出会いは出会い系とは違う、というイメージがあるので、「今の婚活サイトはネットでやり取りするんだよ」と言っておけば安心される。実際、ウィズやペアーズなどのマッチングアプリはしばしば「婚活サイト」として紹介されているから、ウソをついているわけでもない。

 

介護中の婚活におすすめのマッチングアプリ

介護中の婚活におすすめのマッチングアプリは特にない

(逆に、「介護休職中のあなたに!マッチングアプリ【親孝行マッチ】」とかあったら怖いだろう)

 

実は「再婚活・シンパパ・シンママ」専門のアプリならあったりするし、子持ちやバツありは婚活市場で嫌われやすいのでそちらを使った方がいいのだが、介護中ならば特に申告の必要もないし、普通に「出会える婚活アプリ」を使えばOKだと思う。

 

当サイト、というか俺はwith(ウィズ)で妻と結婚したので、個人的にはウィズをおすすめしている。興味があればどうぞ。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事