花粉症の人は、この季節は相当つらいと思う。

なぜ分かるかと言えば、俺自身が類を見ないほどひどい花粉症だからだ。

 

しかしながら、今回はつらい話をしなければならない。というわけで、「花粉症の婚活はマスクNG」と題して書いていきたい。

 

マスクには美顔効果があるが

花粉症の季節の外出にはマスクが欠かせない人もいるだろう。

マスクをするのは日本と韓国だけだ、等と言われているが、多くの花粉症の日本人にとっては春の必需品となってしまっていると思う。

 

マスクは口を覆うので、花粉症を防ぐだけではなく、顔のバランスを良く見せる効果もある。

いわゆる美顔効果という奴で、「鼻から上のパーツが整っている人」ならすごく美人に見せることが可能だ。そうでなくとも、たいていの人が「イケメンかも」「美女かも」の方に近づくのが、マスクなのだ。

 

そういうわけで、春にはマスクをつけたくなる。

さらに美顔効果もあるのであれば、花粉症の婚活に欠かせないお供のようにさえ聞こえてくるだろう。

 

しかしながら、花粉症の婚活におけるマスクというのは、NGのひとつだ。

 

なぜ花粉症の婚活にマスクはNGなのか

なぜ花粉症の婚活にマスクはNGなのか。それは、婚活の本質が「信頼」にあるからだ。

 

婚活でわざわざ対面で出会う。それが婚活パーティーにせよ、婚活アプリからの初デートにせよ、相手は「素顔のあなた」が見たいから来ている。顔の美醜を確かめたいというのももちろんあるだろうが、表情を含め「信用出来る人なのか」を一番よく見ているのだ。

 

言うまでもないことかもしれないが、婚活では結婚相手(の候補)を探している。結婚相手に求める要件は人によって異なるが、「信用出来る人か、ちゃんとした人か」というのは少なくとも9割以上の人が気にしていることだと思う。

 

なので、表情を隠してしまうマスクは婚活にはふさわしくない。

 

花粉症の自分の婚活はどうすれば?

とはいえ、「表情を隠してしまうマスクは婚活にはふさわしくない」で済まされてはたまったものではない。

 

俺自身、アレルギー科の医師に「(アレルギーテストで)ここまでひどく反応する患者も珍しい」と言われるほどの人間だから、マスクが出来ないのは死活問題だ。

 

というわけで、ここでは俺が婚活中に何をしていたかを書こう。

 

まずは、直前までマスクをすることだ。相手と会う直前までマスクをしていけば、ある程度は花粉の症状を防ぐことが出来る。

 

次に、薬をいつもの2倍飲むこと

婚活イベントの前には、アレジオンやアレグラ、ジルテックやザイザルなど、自分のアレルギー薬をいつもの2倍飲むようにする。

 

これはもちろん医師は勧めない処方の仕方だと思うが、効果があるのかないのかで言えば、確実にある。

睡眠薬を2倍飲むのと違い、おそらくは危険性が少ないやり方だと思う。俺は医師でも薬剤師でもないのでお勧めはしないが、効果はあるので書いておく。(眠くなるので、車の運転をするならやめておくべし)

 

最後に、屋内中心のデートにすることだ。

俺は、2月後半~4月の婚活イベントは「店でのお食事」「屋内の婚活パーティー」に限っていた。そして、そこにつくまではマスクをし、薬は2倍にし、会場(お店)で初めてマスクを外すようにしていた。

 

ここまですれば、花粉症の人でもマスクなしで婚活が出来ると思う。

 

花粉症の婚活:まとめと最終手段

というわけで、花粉症の婚活でもマスクはNG。それで辛ければ、以下の対策をとってみようという話だった。

 

  • 直前までマスクをする
  • 薬を2倍飲む
  • 屋内中心のデートコース(イベント)にする

 

ここまでしてダメなら、最終手段として「途中からマスクをする」のもありだ。婚活パーティーではきついと思うが、婚活アプリからのデートであれば、最初らへんは顔を見せておき、あまりに辛くなったら相手に事情を話してマスクをするのは失点が少ない。本当にヤバかったら試してほしい。

 

以上、今回は「花粉症の婚活はマスクNG」についてお話してきた。あなたの参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事