婚活で譲れない条件というのがある。

今回は、基本的なことだが「婚活で譲れない条件は確かめてから結婚すべし」ということについて書きたい。

 

特に、当サイトが推奨している婚活アプリ等の「ネット出会い」は、条件をごまかすのが簡単だからだ。

 

婚活で譲れない条件とは

婚活で譲れない項目(求める条件)に関してはたくさんのアンケートがある。

あるネットアンケートでの調査によれば、男女別に以下のようになっているとのことだ。

 

(男性が女性に求める条件)
第1位:性格の一致
第2位:思いやり
第3位:一緒にいて癒される
第4位:家事ができる(家事が好き)
第5位:仕事への理解がある

(女性が男性に求める条件)
第1位:性格の一致
第2位:思いやり
第3位:収入の安定
第4位:食事の好みが合う
第5位:自分の親と仲良くなれる

Webアンケート

 

「性格の一致」と「思いやり」は男女で一致。

後は、男性は「癒し」「家事」などの女性らしさ、女性は「収入の安定」「自分の親との調和」などの経済的・精神的安定を求めていることが分かる。

 

ただ、これはあくまで一般的な話。あなたが婚活で何を譲れない条件とするかは、あなた自身が決めることだ。

 

婚活では条件をごまかすのは容易。だから

なぜ今回、こんなテーマを選んだかと言えば、婚活では条件をごまかすのは容易だからだ。結婚相談所であれば収入証明などをとるところも多いが、分かるのは「女性第3位」の年収くらいだ。

 

だからこそ、絶対に譲れない項目というのは、確かめてから結婚すべきだと特に男性に言いたい

 

なぜなら、女性の求めていることは比較的婚活の段階で分かりやすい(「収入の安定 」「食事の好みが合う」は婚活ではわかりやすいことだ)のだが、男性の求めていること(「家事ができる 」「一緒にいて癒される」)は婚活ではかなり分かりにくいことだと思われるからだ。

 

料理が出来ると言われて結婚したのに、まったく料理が出来ない、もしくは簡単な料理しかできないというケースは結構あるようだ。さらに、趣味で名乗っていたのは「1回やったことがある」程度のモノであり、結婚後に一緒に楽しむことが出来なかった、というケースもある。

 

結婚、という人生の重大事を決定するような「条件」であれば、確かめてから結婚するようにしたい。

 

結婚で譲れない条件の確かめ方

譲れない条件は確かめてから結婚すべし、という当記事の結論はもう書いたので、補足的なことを書いておこう。

 

まず、譲れない項目というのは多すぎてはいけない。完ぺきな人というのはいないのだ。

譲れない条件は1~2個にとどめておきたい。

 

次に、結婚で譲れない条件の確かめ方をいくつか書いておこう。

 

仕事を確かめる際には、名刺を2枚見せてもらえば大体間違いない。1枚だと他人のものかもしれないが、2枚持っていれば本人の可能性が高い。

 

サラリーマンなら、会社名と年代から大体年収が分かる。相手が嘘をついている場合も年収サイトを見れば見抜けるだろう。

 

家事は、やってもらうしかない。出来ればお付き合い前、無理ならばお付き合い後に手料理を作ってもらうことで判明すると思う。なお、実家暮らしの女性の「家事が出来る」が嘘(言い過ぎ)である率は高いので、実家暮らし女性の家事はよくよく確かめるようにしよう。

 

男女ともに一番大事な「性格の一致」と「思いやり」、そして男性の第3位「癒される」の項目はデートを重ねれば大体わかる

 

1度や2度のデートでは本性を現さないが、2~3か月継続して会っていれば大体わかる。特に、自分より立場の低いもの、例えば店員さんへの態度などは要チェックだ。

 

結婚で譲れない条件まとめ

というわけで、結婚で譲れない条件は結婚前に確かめようという話をしてきた。

 

婚活では、時にエキセントリックというか、信じられないことをするタイプに会うことがある。

特に今まで「育ちが良い人生」を歩んできた人は、相手のことをよくよく見てほしい。あまり人を信じず、「本当かな?」という姿勢を持ってみると、その後に起こる不幸というのは大体防げるので、変な男(女)につかまらないようにしてほしい。

 

あなたのお役に立てれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事