マッチングアプリでの婚活をおすすめしている俺だが、結婚相談所を利用した経験はある。

 

その時の経験から、結婚相談所を使っている人にアドバイスしたいことが一つあるので、書いていきたいと思う。

 

結婚相談所では、とにかく急げ

結婚相談所(婚活サイト)は高い、ということをいつも書いている。結婚相談所にもよるが、月額定額で1万円程度なのが相場だ。具体的に言えば、楽天オーネットで15,012円、ツヴァイが10,260円、ノッツェが9,720円。どれも、決して安い金額だとは言えないだろう。

 

経験上そうなのだが、結婚相談所を利用していると、この料金設定が「高い」とは思わなくなってきてしまい、慣れてしまうことがある。その間に、1年で10万円以上の大金を結婚相談所に献上してしまっているのだが、そのことにも鈍感になってきてしまう。

 

この理由としては、「結婚」は人生の重大事項には間違いないので、「大事なことにきちんと時間をかけられている自分」というのはそこまで悪くない感じがしてくるためだと思う。少なくとも俺はそうだった。

 

タバコに10万、酒に10万、ギャンブルに10万ではなく、結婚に10万。こちらの方が建設的なのは認めるが、されど10万だ。早く退会できることに越したことはないと思わないだろうか。

 

結婚相談所を利用するのなら、とにかく集中的に活動し、半年での退会を目指そう。半年で出会えないのならば、あなたが悪いというより、結婚相談所で出会うのに向いていないのかもしれない。

 その場合には、俺のおすすめするマッチングアプリはもちろん、登録無料の出会い系サイトを使ってみるのさえ、視野に入れてみるべきだと思う。
ちなみに自身の経験から、マッチングアプリならwith(ウィズ)、出会い系サイトならPCMAXをおすすめしている。

 

結婚相談所とあなたの利益相反

結婚相談所を利用しているのならご存知だと思うが、今時の婚活サイト・結婚相談所というのは、成婚料を廃止しているところが多い。

 

成婚料というのはいわゆる「成功報酬」であり、ありていに言えば「当相談所の紹介で結婚に至ったら分け前をよこせ」ということだ。一見えげつないシステムに聞こえるが、実はこのシステムがあれば、結婚相談所が積極的に人を紹介するメリットがあるため、「結婚相談所の利益=あなたの利益」となる。あなたが結婚すれば、あなただけでなく結婚相談所もハッピーになる。

 

しかしながら、このシステムは「一見えげつない」ので、徐々に廃止されつつある。そうなると、どうなるか。あなたと結婚相談所の間で、利益相反が起きる。

 

あなたは結婚したい。しかし、あなたが結婚してしまうと、結婚相談所は成婚料も貰えないうえに、1万円程度の月額利用料も失う。

 

そう。現在、あなたが結婚すると、結婚相談所は損をするシステムになってしまっているのだ。

 

それでも、職業上の倫理観や大手としての矜持もあるので、結婚相談所の多くは良心的なサービスを心がけるだろう。しかし、頑張れば頑張るほど儲からなくなるのだとしたら、その努力はむなしいものとなる。

 

もしかしたら、支店によっては「成婚率を高めよう」の代わりに、「成婚率を低めよう」が目標やノルマになっているかもしれない。これは当然と言えば当然で、「成婚率を高めよう」というのは「損をしよう」という目標とも言い換えられるので、そもそも企業として不自然なのだ。

 

一方、その逆の「成婚率を低めよう」は「売り上げを維持しよう、高めよう」という目標なので、企業として極めて自然な目標と言える。利益を追求する「株式会社」なのだから、これは当たり前と言えば当たり前のことだ。

 

ここで何が言いたいかと言えば、現在のシステムにおいては、結婚相談所にあなたを「真の意味で結婚に向かわせてくれる存在」はいないということ。あなた自身が自分にブーストをかけて急がなければ、あなたはずっと月額1万円を結婚相談所に支払い続けることになるということだ。

 

結婚相談所を利用するなら、まずは結婚情報比較ネット等で大手相談所を比較し、安くてサービスの良いところを選ぶ。そのうえで、いったん入会したらとにかく急ぐことをおすすめする。

 

あなたが「婚活ビジネス」の被害者にならないために、この心構えは大切にしていただいたほうが良いと、切に思っている。参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事