当サイトでは、いわゆる「いいね!」するタイプのマッチングアプリと、そうでないタイプのマッチングアプリの両方をおすすめしている。

 

これはなぜか。

 

前者の「いいね!」するタイプとはフェイスブック連動マッチングアプリのPairsやwithで、非常に人気があるのだが、弱点もあるからだ。

今日は、「いいね!」するタイプのマッチングアプリの抱える欠点(デメリット)についてお話していきたい。

 

ただしイケメンに限る。

「いいね!」するタイプのマッチングアプリの欠点の一つ目は、「写真が最重要」であること。

これはイケメン・美女にとっては欠点ではないと思うが、自分を「イケメン」「美女」だと思える人は少ないだろう。

 

出会い系サイトであれば「ファーストメール」と呼ばれる文章でのアピールができるので、写真以外でも勝負ができる。

しかしながら、マッチングアプリはフェイスブックアカウントで登録するタイプが多いこともあり、「リアルの延長」のような感じで写真が多用される。

 

こういったマッチングアプリにおいては、ほぼ写真だけを見て「いいね!」するかどうかを決めるのが普通だ。

しかも、「いいね!」がないとそもそも何も始まらないのである。

 

「ただしイケメンに限る」は、正直に言って言い過ぎだ。

しかしながら、写真写りが悪い人や、あまり容姿に自信のない人からすれば、圧倒的に不利なのは否めない。

 

このように、写真ですべてが判断されがちなのは、「いいね!」するタイプのマッチングアプリのデメリットだろう。

 

600万人いるのに、たった30回の「いいね!」

次に、「いいね!」というシステムには回数制限がある。

大手マッチングアプリ「Pairs」「with」ともに、「いいね!」は月当たり30回までだ。

 

これをどう見るかは人によって違うだろうが、俺からすれば少なすぎだと思う。

 

そもそも、例えばPairsなんかは、会員が600万人を突破したことを売りにして広告を出している。

そういわれると、半分の300万人の女性から出会いを探せるような気になってくる。

 

しかしながら、実際にアプローチできるのは、月当たりなんと30人だ。

女性会員である300万人という規模からすると、10万分の1の女性にしかアプローチできない

 

だからといって、毎月10,000ポイント付与されても困ってしまうのだが、30ポイントしかないというのはいくら何でも悲しい感じがする。

出会いに真剣で、かなりの時間を割く覚悟があるという人からすると、イマイチ物足りない感があるのは否めない。

 

 散々こき下ろしてきてから言うのも何だが、経験上「30いいね!」でも十分会えることも事実だ。
時間がない人からすれば、もしかしたら「30いいね!」さえも使い切らない可能性すらある。

 

「いいね!」しない老舗恋活サイトも使いこなすべし

ここまで、マッチングアプリの2つのデメリット(写真最重視、いいねに制限がある)をご紹介してきた。

結論を言うと、こうしたデメリットというのは、システム上のものなので避けられない。

 

さらに、こうしたデメリットにもかかわらず、Pairsやwithというのは非常に出会いやすいというメリットもある。

だから、俺としては「いいね!」するタイプも使いつつ、「いいね!」しない老舗サイトも併用して使うのがベストだと思う。

 

「いいね!」しない老舗サイトとは、具体名で言えば「マッチ・ドットコム」「ラブサーチ」のようなサイトのことだ。

 

こういったサイトでは、「いいね!」自体がないため、マッチングしていない美女にもメールが送れるのが強みだ。

料金的には少しだけ高めだが、メッセージを月に30通どころか、300通、可能ならば3,000通を送ることもできるので、割高感はあまり感じられない。

 

こうした老舗の恋活サイトも一緒に使っていくのが、婚活の早期成功には重要だと思う。

 

それでは、今回の内容は以上となる。

参考になれば幸いだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事