婚活アプリでは、「真面目な人」「優しい人」に出会いたい、と女性側はよく言う。

実際、婚活アプリでは彼氏探しより「将来の結婚相手候補」を見つけるという側面のほうが強いのだから、それを考えるとよく分かる気がする。

 

しかしながら、「真面目な人」「優しい人」なのにモテないという人は多いだろう。

今回は、「『いい人』では婚活アプリでもモテない」と題して、真面目な人、優しい人がモテない理由を書いていこう。

 

「真面目な人、優しい人」に出会いたい女性の本音

まず、女性が婚活で探しているのがいわゆる「いい人」、つまり真面目で優しい人というのは間違っていない。

 

彼氏なら「面白い」「かっこいい」とかが全面に来る女性も、婚活になると「いい人」系の条件を重視し始める。

男性がロマンチストなのに対し、女性はリアリスト(現実的)というのは本当だ。

 

しかし、実は「真面目な人、優しい人」というだけでは全くモテない。

この「いい人」系の条件の裏には、いくつか条件があるのだ。

 

この諸条件は主に2方面にカテゴライズできるので、ここからはそれについて書いていく。

 

優柔不断は嫌われる。真面目過ぎ、優しすぎではないか

真面目も優しいもいいことだが、過ぎたるは猶及ばざるが如しとも言う。

真面目過ぎたり、優しすぎたりすると、いわゆる「男らしくない」というレッテルを張られることになる。

 

女性は男性に真面目であってほしい、優しくしてほしいと思っているのは間違いない。

しかしながら、こういう特性が行き過ぎると「優柔不断」というものになってきてしまう。

 

  • 相手の言うことを尊重しているようで、実は自分の意見がない。
  • 女性に優しいと思いきや、誰にでも優しく、優先順位がつけられない。
  • そろそろ告白してほしいのに、自分からいくのはよくないと思っているのか、押してくれない。

 

こういう男性は、実は女性から嫌われやすい。

真面目さ・やさしさに見せかけた臆病さ・優柔不断さが見え隠れすると、途端に「ダメ男」のほうに分類されるから注意だ。

 

もし、自分は「優しい」し「真面目」なのにモテない、という人は上記の箇条書きの部分に心当たりがないか、考えてみてもいいだろう。

 

最低限のスペックはあるか。真面目・優しいだけじゃない

女性はよく「真面目で優しければだれでも」というが、それはウソだ。

「最低限のスペックは満たしてほしい。その中には当然、真面目で優しいことも含まれる」といっているのだ。

 

真面目で優しいのに、出会うとダメもしくはそもそも出会えないという場合には、基本的なスペックが足りてない可能性もある。

 

あんまりこういうことを具体的に言うのはどうかと思うが、分からないと進まないので具体的に行こう。

婚活アプリでの経験上、多くの女性は以下のような条件を「最低限」としている場合が多い。

 

  • 定職に就いており、年収○○○万円以上(これは女性によって本当に違う)
  • 身長170cm以上、または自分より高い
  • 大卒以上
  • デブではない
  • フツメン以上
  • ギャンブルをしない
  • お酒(アルコール)を飲み過ぎない
  • タバコは吸わない
  • 子供は欲しがる

 

もちろん、アルコールやタバコ、子供については人によって違うが、上の6つは多くの女性が最低限望む「基本スペック」と言っていいと思う。

優しくて真面目で最低限の条件(スペック)を満たした人と出会いたい、というのが女性の本音なのだ。

 

スペック不足の場合の婚活は

優柔不断や臆病さというものは、徐々に直していくしかないし、それが原因だとわかれば治っていくものだ。

だから、そっちのほうはあまり気にしなくていいと思う。「だから、今まではあんまりモテなかったのか。これから改善していこう」でOKだ。

 

しかし、スペック不足は婚活において深刻だ。

スペックが足りないので年収をあげてください、身長をあげてください、かっこよくなってください、は相当厳しいだろう。

 

だから、もしスペック不足で婚活したい場合、俺は「婚活」と名がつくものをやめるのも一つの手だと思う。

要は、婚活アプリ、婚活パーティー、婚活サイト(結婚相談所)ではスペック競争になりがちだ。

 

だから、そういったものではなく、出会い系で出会ってみたらどうだろう。

俺は婚活を婚活アプリと出会い系を使ってやったが、一番大きな違いは「婚活アプリは結婚を前提に」「出会い系は恋愛から始まる」ところだった。

 

結婚を強く意識していなければ「スペック比較」はあまりしないし、一度彼氏になってしまえばこっちのもの。

いわゆる「恋愛結婚」で、恋愛から普通に結婚に持ち込めばOKだ。

 

なんか「裏技」的に語っているが、普通の感覚で言えばこちらのほうが正攻法だろう。

スペック不足の婚活なら、個人的には出会い系がいいのではないかと思う。

 

気になった方は優良出会い系サイトであるPCMAXあたりから始めると間違いが少ないと思う。

PCMAXの公式サイトを見てみる

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事