婚活で、ワクワクしながらも不安になるイベントといえば、初デートだろう。

 

ちゃんと出会えるのかどうか不安になりながらも、マッチングアプリに登録し。

相手に気に入られるか不安になりつつも、「いいね!」を付けて。

お互い「いいね!」してマッチングしてからは、毎日のようにメッセージのやり取りを続け。

 

こうした積み重ねの果てにたどり着くのが、この「初デート」だ。

 

そう聞くと「楽しそう」であり、実際楽しくもあるのだが、気を緩めてばかりもいられないのがこの初デートの怖いところだ。

出会い系用語では初デートは「面接」ともいわれ、相手が「自分の思っていた通り、すてきな人か」を見極める場でもあるからだ。

 

婚活の初デートにおいてはたくさん書きたいことがあるが、今回は一番重要なことに限って書いていこう。

 

 婚活で(どちらかと言えば)モテる自信がある人は、おそらく自然とやっていることだと思う。
女性に会うことは会えるが、まったく落とせない(お付き合いできない)人は気にするべき可能性があるテーマだ。

 

ホストとオタクの一番の違いとは?

ちょっと話はそれるのだが、今日のテーマに深くかかわるので聞いてほしい話がある。

 

以前、何の本だったか忘れたが、「ホストとオタクの違い」という話を読んだことがある。

確か、それを書いていた男が、一日の中で「ホスト」と「オタク」という、モテ界のトップと底辺に一度に会った話だった。

 

その中で、その男は「ホストとオタクの違い」に気づいたそうだ。

 

実は、一番違いそうな「顔」には大差がなかった

確かにオタクにはブサ系もいたが、ホストも「髪型でごまかしているだけ」で、どちらかといえばブサイクの分類に入るやつも多かったそうだ。

 

もちろん「髪型」「服装」も違ったのだが、これは一番異なるところではなかったそうだ。(最近は、おしゃれなオタクも多い)

それでは、ホストとオタクとで、何が一番違ったのか。

 

一番違った点は、ニオイだそうだ。

 

ホストは、自分から良いにおいがするよう、多すぎず少なすぎず、完ぺきな量の香水を使っている。

自分の「パーソナルスペース」に入る女性が心地よくいられるよう、気を使っているのだ。

 

一方、オタクからは体臭くらいしかしなかったそうだ。

体臭が薄くて「ほぼ無臭」のやつもいたが、中には「悪臭」レベルの男性もいたとのこと。

 

 実は俺自身も○○オタクと呼ばれる分野を持っているが、オタクの集まりって正直「におう」時があるとは思う。

 

ニオイに敏感になるとモテる

ここで、婚活の初デートの話に戻ろう。

 

とはいえ、別に「婚活の初デートに出向く前には香水を使ってほしい」という意味ではない。

あなたがいつもは香水を使わない人であれば、キャラに合わない香水をしたところで、かえってモテなくなる可能性すらある。(香水の付け過ぎ等)

 

ただ単に、「モテる」「モテない」の境目の一つがニオイであるということをお伝えしたいのだ。

つまり、少なくとも「モテない」原因になるのだから、初デートの前に体臭・口臭には気を使おう、ということだ。

 

具体的に言えば、初デートの前の口臭ケアは必須だ。

口が臭いイケメンと息さわやかなフツメンでは、普通の女性からは息さわやかなフツメンが選ばれる

 

さらに、体臭ケアだ。正直、20代までは体臭ケアが必要な場合は少ない。

しかしながら、30を超えてくると、自分では気づかない「体臭」が出てくる。

 

気になる人は、デート前にはシャワーを浴びていこう。

そして、服も何日も来たようなものはダメだ。洗い立ての服でデートに向かおう。

 

婚活の初デートで一番重要なことのまとめ

というわけで、今回は「当たり前」のことばかり書いてきたが、とても重要なことなのは間違いない。

女性は「清潔感」を大事にする生き物なので、汚いもの、臭いものは生理的に嫌う。

 

女性に嫌われないことが、第一歩。

そこから先の「好きにさせる」ステップの前につまづいてしまってはもったいない。

 

くれぐれも、初デート前のニオイコントロールは怠らないようにしたいものだ。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事