婚活・出会いジャンルの攻略ブログであれば絶対に外せないテーマであり、1記事くらいは解説記事を書いているテーマ。

それが、業者」の見分け方だ。

 

もはや幾千ものブログで触れられているので再度書く価値があるかどうか迷ったのだが、婚活ブログである以上、一度は触れておく。

というわけで今回は、業者とは何か、そしてその避け方について、初心者向けにわかりやすく説明していこう。

 

婚活サイト・マッチングアプリの業者とは何か?

業者とは、「婚活・出会い」ジャンルの厄介者のことだ。

いくつかの種類があるので、この後、避け方を以下の4つのタイプ別に分けて解説していく。

 

  • 援デリ業者
  • 個人情報収集業者
  • 誘導業者
  • その他業者(マルチ、宗教等)

 

実はこの「業者」、いわゆる出会い系サイトに一番多いのだが、婚活サイト・マッチングアプリにも存在する。

なので、「出会い系使わないから関係ないや」ではなく、(知らないなら)一応知っておいた方が身のためだと思う。

 

  ただし、ガチの婚活サイト(楽天オーネット等)には会費が高すぎるので存在しないと思う。
少なくとも、俺は見たことがない。

 

婚活サイト・マッチングアプリのタイプ別攻略法(避け方)

ここからは、婚活サイト・マッチングアプリの「業者」を4つのタイプに分け、避け方を書いていこうと思う。

それでは、早速いってみよう。

援デリ業者

まずは援デリ業者からいこう。

 

「援」は援助交際の援で、「デリ」はデリバリーヘルスのデリ。

簡単に言えば、違法営業のデリバリーヘルス(本番行為あり)と思えばOKだ。

 

出会い系に一番多いタイプで、婚活サイト・マッチングアプリには少ないが一応触れておく。

要は、プロの売春集団だと思ってほしい。

 

手口としては、セフレが欲しい男性を狙い、「セフレになってくれませんか?」と募集をかける。

食いついたところで、「最初は2万円いただけませんか?やっぱり不安だから・・・」等の理由で、結局お金をとろうとする。

 

もちろん、エッチした後は2度と会えることはない。

約束したはずの「2回目以降の無料エッチ」はなしだ。

 

防ぎ方としては、「お金の話になったら、業者だと理解する」こと。

これだけだ。

 

 お金を出してでもエッチできればいいじゃん、と思ったあなた、残念ながら甘い。「それは犯罪です」などの指摘をしたいわけではなく、それ以外の2つの理由がある。

「援デリ業者は未成年である可能性が高いので、警察がガチで捕まえに来る」「採用面接などもない違法業者なので、普通にブスが来ることが多い」の2つだ。

特に前者は本当にヤバいので、悪いことは言わない、やめておこう。(18歳です、と女性に嘘をつかれて見破れるだろうか?)

 

個人情報収集業者

次に、個人情報収集業者

このタイプは婚活サイト・マッチングアプリにもいるので知っておこう。

 

とはいえ、名前からすでに手口は分かっているだろう。

(主に男性の)個人情報を集め、迷惑メールを送ったり、リストに載せて販売したりするのが個人情報収集業者だ。

 

完全に防ぐのは難しいが、いくつか気を付けるべきことはある。

 

まず、美女すぎるのは怪しい。(もちろん本物の美女かもしれない!)

美女すぎるうえに、相手からアプローチしてきたらめちゃくちゃ怪しい。(経験上、90%業者だと思って間違いない)

 

あとは、女性から連絡先交換を切り出したら怪しい。

(普通、女性は警戒心が男性より強いので、連絡先交換をしたくなるのは男性の方が早いはずだ)

 

このあたりに気を付けていれば、90%くらいは防げる。

しかし完全ではないので、「そもそも捨てアド(捨てる前提のメールアドレス)を用意しておく」のがベストだ。

 

誘導業者

あとは、他のサイトへの誘導業者というのもいる。

他の出会い系サイトやマッチングアプリ、コミュニティサイト等に登録させようとしてくるのが、このタイプの手口だ。

 

典型的なのは、素人とライン交換してしばらくすると、「携帯変えたからこっちのサイトでやり取りしない?」と言って何やらURLが送られてくるパターンだ。

当然、誘導先がまともなサイトである保証はないので、絶対に誘いに乗らないことをおすすめする。

 

その他業者

その他、宗教やマルチの勧誘業者もいる。(まあ、正直彼らはどこにでもいるのだが)

これは分かりやすいので、分かった時点で連絡をやめてしまえばOKだ。

 

業者のまとめ

以上、本日は業者の種類と、その避け方について書いてきた。

 

業者を避けて、安全に婚活サイト・マッチングアプリで婚活をしよう。

参考になれば幸いだ。

 

 ここまで書いてきてなんだが、業者は出会い系に多く、婚活サイト・マッチングアプリではあまり見かけない。
神経質になり過ぎず、知識として知っておくくらいでOKだと思う。

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事