婚活をしていて、デートまでこぎつけられないという方が結構いる。

 

婚活をしていると、パーティーなどで同性(俺であれば、男性同士)と情報交換することが結構ある。

そんな中で、たまに「デートするところまでいかない」という人がいるのだ。

 

これは正直、結構驚きだった。

 

「いい女がいない」というのであれば、まだ理解が出来る。(高望みしすぎなのかもしれないけど、気持ちとしては分かる)

しかしながら、そう高望みしているわけでもないのに、「デートにこぎつけることが出来ない」というのはひどすぎだ。

 

婚活の中で、こういう男性と話していて分かったのは、こういう男性には共通項があるということだ。

もちろん、ブサイクだとかそういうのではない。浮かび上がった共通項をご紹介したい。

 

奥手にもほどがある男性たち

共通項といっても、おそらく読んでくださっているあなたの想像通りだと思う。

折角きちんと婚活をやっている(=婚活パーティーに出たり、合コンをしたりしている)にもかかわらず、デートまですらたどり着かない男性は奥手なのだ。

 

性的な(いやらしい、という意味ではなく、異性としての)アプローチは迷惑だと思っている。

その考えの延長で、アプローチしない俺は紳士的でかっこいいはず、と思ってしまっている。

 

アプローチしない男性が紳士的でかっこいいという評価を得られるのであれば、逆にモテモテになっていておかしくない。

女性からデートの申し込みがあるだろう。

 

しかしながら、実際にはそうなっていない。

それどころか、女性とのデートにこぎつけられないということに悩んですらいる訳だ。

 

ということは、つまり。

その考え(=アプローチしない男性が紳士的でかっこいい)は間違っているということではないだろうか。

 

好みです。お食事に行きませんか

というわけで、アプローチすべきである。

 

デートまでたどり着かない男性は奥手、といわれたら「当たり前だろ、ボケ」という気分になるのではないだろうか。

 

もう少し具体的にして、デートまでたどり着かない男性はアプローチしていない、と言い換えたら…

やはり「当たり前だろ、ボケ」という気分になるだろう。

 

しかしながら、この「当たり前のこと」が出来ていないのがデートに持っていけない男性の共通項だ。

 

もっともっと具体的に言おう。

デートにこぎつけられない男性は、「好みです」と言えない。「タイプです」ともいえない。「今度、お食事に行きませんか」ともいえないのだ。

 

これでデートにこぎつけられる方が魔法だと思わないだろうか。

気になる相手から、自分をデートに誘ってくれるよう仕向けられる方法があるのであれば、俺だって教えてほしい。

 

合コン・婚活パーティー後のメッセージでいうべきこと

というわけで、合コンや婚活パーティーの後で言うべきことはアプローチの言葉だ。

いくつかパターンがあるが、「今度、二人でお食事しませんか」というようなことを入れるのがいいと思う。

 

二人とも、「婚活」という場にすでに出てきているのだ。

そこで、「僕は異性になんて興味がないんですよ」とカマトトぶっても意味がない。逆に「じゃあなんでいるんだよ」とアホだと思われるのがオチだ。

 

だから、「私はあなたに異性として興味があります」という戦闘開始の宣言をしなければならない。

俺は貴女を狙っていくぞ、という宣言だ。

 

ここまで直接言うのはハードルが高いし直截に過ぎると思うので、「いい人だと思ったので、もう少しあなたのことを知りたい。ついてはご飯食べませんか」という理由にするのがスマートだと思う。

 

ここで断られることもあるが、断られるのも婚活のうちだ。

どう頑張っても、あなたも私も1人としか結婚できない。

 

100人に告った結果として、10人のOKが出てしまっても困るのだ。

日本では重婚は禁止である(笑)

 

だから、フラれるのなんて当たり前だと思ってしまおう。

いいな、と思った人にはアプローチしていき、たった一人の「OK」をもらえば婚活終了なのだ。

 

ちなみに、これは婚活パーティーや合コンというリアル出会いに限らない。

マッチングアプリでも、アプローチは超重要だし、フラれるのは覚悟で行かなければならない。

 

今度、二人でお食事しませんか」が口癖というか、決まり文句というか、何の感慨も込めずにスッと出てくるようになれば、婚活は確実に成功すると思う。

 

恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

 

おすすめマッチングアプリが人によって違う理由

おおよそ10年

出会い系やマッチングアプリ、婚活サイトでネット出会いを繰り返してきた。

 

その中で分かったのは、出会い系と婚活サイトは、どれを使ってもあまり変わらないということ。

色々なブログが「出会い系比較」「婚活サイトランキング」をやっているが、本当の答えは「優良ならどれでもいい」だ。

 

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)は違う

それでは何が違うのか?

 

違いは、用途だ。

マッチングアプリでは、用途そのものがアプリごとに違う

 

ここからは用途ごとにおすすめのマッチングアプリを一つだけご紹介するので、選び方の参考にしてほしい。

 

婚活におすすめのマッチングアプリ

婚活におすすめのマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだ。

ゼクシィ縁結びには、男性料金が高めなうえに、女性からも料金を取る(女性も有料)という欠点はある。

 

しかしながら、ダントツで結婚に近いアプリであり、なおかつ婚活サイトより圧倒的にリーズナブルだ。

(婚活サイトは月額1万円+入会金10万円が相場、ゼクシィ縁結びは月額2,500円~4000円程度、入会金はない

 

「ゼクシィ」の名前が付いていることから分かるとおり、運営は大企業リクルート。

安心度(安全度)でも、他の追随を許さない。

 

結婚に最も近いマッチングアプリは、ゼクシィ縁結びだろう。

 

 

恋活におすすめのマッチングアプリ

はっきり言ってまだ、結婚を強く意識しているわけではない。

とにかく出会って、恋人から徐々に仲良くなりたい。

 

こういう方におすすめの「安全で信頼できる出会い系」のようなマッチングアプリが、タップル誕生だ。

運営はサイバーエージェントの子会社なので、出会い系より安心感も大きい。

 

人気マッチングアプリ「ティンダー」のように、写真をスワイプして「ありか、なしか」を判断するお手軽な操作。

 

恋人から気軽に始めたいのなら、タップル誕生は最適な選択肢の一つだろう。

(ちなみに普通に出会い系アプリのPCMAXを使うのもアリ)

 

 

再婚活におすすめのマッチングアプリ

再婚活アプリなら、マリッシュ(marrish)一択だ。

これは間違いない。

 

マッチングアプリで唯一、「再婚活、バツイチ(バツあり)、子持ち」の新規会員を歓迎。

(正直、こういうステータスの方は他のサイトでは出会いを見つけにくい)

 

マリッシュの料金水準や、出会いやすさは普通。(女性は無料)

しかし、バツありや、子供ありの再婚活なら、使わなければ損だと言える唯一のアプリだ。

 

 

コスパ最高のマッチングアプリ

用途ごと、と言ったのだが、一つだけ性能で選んでしまったことを許してほしい。

コスパ(安いけど、出会える)という意味では、ウィズ(with)を除くことはできない。

 

ウィズは、最も人気が高い「ペアーズ」と同性能のアプリなのに、安い。

その価格は(プランにもよるが)1,800円~2,500円程度だ。

 

さらに、2016年にサービス開始したばかりで、新規登録者が増え続けている。

新規登録者=いいね!を活発にするアクティブユーザー」と言えるので、格段に出会いやすい。

 

個人的な蛇足だが、俺が結婚したのもウィズだ。

 

ペアーズと同じく、とがった性能はない王道のつくりで、婚活と恋活の中間くらいの立ち位置

迷ったときにはウィズで間違いないと思う。

 

 

おすすめの記事